SR33話『2021あたらしいおともだち!』

は~い、ことしもまた、あたらしいおともだちがさいたま支部にたんじょ~いたしました~~~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みなさん、なかよくしてあげてくださいねえ~~~
(˃̵ᴗ˂̵)


祝辞

桑名ってのも飯田威文(67期・埼玉)んとこの弟子なんだってな。
飯田ってのはリーダシップもあって後輩達からの人望も厚い男だから環境的には恵まれてるんじゃねえのかね。

ルーキー戦はあえて積極策を捨ててたみたいだけど捌き具合は見事だったよ。
競走センスは高く感じるし、力勝負もちょっと見てみてえな。

っと言っても、これからはジイさまも相手だから黙っててもそうなるかウン!

娘の方のルーキー戦は、学校時代の実績からするとダッシュ力やスピードにイマイチ物足りなさも感じたけど全てはこれから。
うまくハマれりゃ結果もどんどんついてくるようになるんじゃねえの。
大物目指してがんばってくれ!

さてもう一人は川路。
デビュー2走目でいきなりやらかして一気に名前を売ったのは見事の一言。
ただな、スピード上がる前にカマ掘り自爆なんて客からすると地獄だぞ。
金賭かってんだから。

勝利を目指しての闘志ある失格ってのは客の方も納得すんだ。
でも今回の失格はただのマヌケ失格。

ど〜せ失格すんなら今度はぜひそういう方の失格ぶりを見せてくれ。

ほんでもって闘志ってのは日常をどう生きてるかで大きく変わってくるもんだからなグッヘッヘッ

オレの場合はさ

ちなみにオレは新人の頃、中野さん(浩一/35期・OB)が妬ましくて憎たらしくて仕方なかったよ。
金持ち目指すのに一番邪魔な存在だったからな。

いつか嫌がらせできるような存在になりたい!
あの人に入る金を根こそぎオレがいただきたい!

な~んて思ってたけど、オレがデビューした後すぐに38期…
その後も、嫌なヤツばかり続々デビュー…

なもんで、まじめに選手やるのが、すぐバカらしくなっちまったけどよハッハッハッ!
おっと、話は全然関係ない方に飛んじまった。

おい、川路!
それから他の二人も勝負はこれから。
みんな、がんばれよ!

新井剛央

桑名僚也

高校時代インターハイのケイリンで3位、大学進学後、国体ケイリンで5位と優勝こそはなかったもののデビュー戦を見る限りは、勝負強さと狭いところでもしっかりと付いていける度胸はすごくあるなと感じました。
彼の持ち味であるダッシュ力をフルに活かしてどんどんと上で活躍してもらいたいです。

飯田風音

201819年インターハイ女子ケイリン2連覇やアジア選手権女子ジュニアスプリント3位の戦歴を持ち尚且つ養成所では、女子史上8人目となるゴールデンキャップを獲得ととても素晴らしい実績をもつ彼女ですので、自分からあれこれいうことは何もありませんが、競技と漢字の競輪はだいぶ違うと思います。
大きな夢を持ってもらってそれに向かって頑張ってもらいたいです。

川路遥香

幼少期から大学時代まで水泳の選手だった川路選手。まだまだ自転車歴1年ってこともあり、デビュー戦は残念な結果となりましたが、水泳で培った基礎体力などを活かししっかりと練習に励めばどんどんと力はついてくると思います。
自分がなりたい選手のフォームやレースをよく観察してそして勉強していけばどんどんと強くなると思います。
まさに伸びシロしかない状態ですね。
焦らないでしっかりじっくりとやってもらいたいです。

以上となります。
余談になりますが、若い子のことを考えて文章を書いてると自分もこんな時あったのかなぁって考えちゃいました。

うんうん、実はオレもそう。
オレなんてプロ目指したのは40年近く前だけど、若いって、もうそれだけで強力な武器って気がするもんなあ。

白岩大助

新人選手の紹介は副支部長が丁寧に説明してくれましたので私は補足として3人を紹介します。

桑名僚也

養成所の走り、そしてルーキーシリーズでの彼の走りを見るとレースセンスに長けています。自分を知っているといいますか、自分の武器を自身でよく分かっているので勝つために何をすれば良いか?わかっている走りをしています。
そしてインタビューなどもしっかり受け答えが出来る、爽やかな好青年です!

川路遥香

適正試験で合格しての養成所入所、適正で合格する生徒たちは陸上などパワーがあるタイプが多いのですが、競泳をずっと行なって来た彼女が合格するという事は細い身体からでも大きなパワーが発揮できる証拠です。
これから自転車に慣れてくれば副支部長のいうように大きな伸び代があると思います。
最近、彼女がかなりの天然だと知りました笑

飯田風音

高校生時代はジュニア世界選に出場するなど輝かしい経歴を持ち、養成所でもゴールデンキャップや200mFDでは養成所記録を塗り替える実力者です。
お父さんは67期生の飯田威文選手、そして母親もスピードスケートと自転車競技で活躍されたまさにサラブレッド。
生まれた時から知っているだけに時の流れの速さに驚くのと共に親戚の叔父さんのような気持ちで見ています。
3人には本デビューに向けてしっかりトレーニングをして、未来の埼玉支部を引っ張っていく選手になってくれるように期待してます!

こぼれ話

風音選手が1歳くらいの時から威文選手は私のことを「白岩のオジちゃん」と教えていました。当時まだ23歳だった私はめちゃくちゃ嫌だったんですが気付いたら私も40歳過ぎ。世間的に「おじちゃん」です。年齢的にようやく馴染んで来ましたが今、風音選手は私を「白岩さん」と呼びます笑

オレは「ジイさん」だよ。
トホホ…

B面ざれごとはこちら

SR33話B面『家でグウタラ』

ごきげんいかがですか~!
ニューフェイスが加わって今年もさいたま支部は元気いっぱい!あたしも負けずに元気いっぱい!いやなことはすべて忘れてがんばってま~す!

ウソこけ!
現場は相変わらずの無観客が続き、選手や関係者もウイルスの状況に戦々恐々。
疲れ切ってる状態だろ。

タナカのざれごと

最近は

あ~あ…
もう6月まできちゃったか…

いったいこんな毎日がいつまで続くのかね…

家にこもり続けるって生活には、商売柄けっこう慣れてるつもりなんだけど、やっぱりきつく感じちゃうなあ…
同じ状態でも、命じられてでのと、そうでないのとでは気分的には全然違うもんね。

まっ、ウジウジ考えても仕方がないのでもうしばらく家で自堕落的に過ごしましょっと。
最近は映画をよく見るようになったし。

ホームシアターってほどじゃないけど一応サラウンドシステムはあるんで音は結構楽しめてんだ。

ず~っと物知らずのまま

とはいえ、オレ、もともとは映画やドラマってあまり見る方じゃ無かったのよ。

ものすごく関心のひくテーマのものだったりなら別だけど、特にマンガ家になってからはより一層見なくなったかな。

時間がないってのもあったけど、連載とかやってる時ってとにかく頭の中は常に自分の作品のストーリー作りのことばっか。
メシ食ってても風呂入ってても。
じゃないと間に合わないんで。

だから、仮に映画見てたとしてもすぐ頭の方がそっちに切り替わっちゃうから全然楽しめないわけ。
画面見つめながら他のことばっか考えてんだもん。

ところでさ、マンガ家ってのは映画をたくさん見るべきってよく言われたりするじゃん。
でも、一時、逆の考え方を持ってたこともあったんだ。

他人様の作ったストーリーや演出に変に刺激や影響を受けたり、他者の発想を知っちゃうのがイヤでさ。
自分の作った作品が他人様と似たようなストーリーだとか発想だとか言われちゃったらつまんないでしょ。

なもんで、本も小説関係はほぼ読まず。
マンガも特別なものを除いては全然。

でも、それってやっぱりデメリットも大きかったような気がすんだ。

ちょっと大げさかもしれないけど、ある意味情報の遮断でもあるし、世の中の様々な事柄や考え方に触れる機会を減らしてるってことでしょ。
つまり学ぶチャンスの喪失。

自分の世界観、価値観ばかりが膨らんで、物を知らない、狭いって人間になりやすいようにも思えてさ。

確かにその通りで、そういった頃は、世の中の様々な出来事や知識的な事はもちろん、流行りモノ、流行りごとみたいなものすらほとんど知らなかったもん。

競輪選手の名前と点数の変化はよく知ってたけど。

好みの美女を発見しても

でもさ、連載とか持ってた頃は、それでもやっぱ見られなかったね。
DVDを買ったり、映画専門チャンネルに加入してみたりなんてこともあったけど、もし時間があったらやっぱ寝ちゃってたもん。

なもんで、買ったまま、あるいは録画したまま一度も見ずに10年20年経過したなんてものもゴロゴロあって、今、時間見つけてはそういったものも含めて一生懸命見てんの。

本関係は、目が老眼その他でどうにもなんなくなっちゃたんで、残念ながら。

それにしてもさ、世間的には誰でも知っているような有名俳優や女優さんを今頃になって初めて知るっていうのもなんとなく間抜けな話なんだよね。

「おっ、この女優さんスゲ~美人!」

と思ってネットで検索してみたら、今はすっかりご年配…
なんてのも度々だもん。

まっ、こういうのも自分の浦島太郎的エピソードの一つなのかなハッハッハッ

ねえねえセンセェはどの女優さんが好みなの?

たくさんいすぎて!
それにしても外国の女優さんって、若い時はこの世のものとは思えないほど美しい人が多いよね。
けどさ、なぜか歳をとると『魔法使いの悪いおばあさん』的な顔になっちゃうのが不思議。

日本の女優さんだと、あまりそんな風には感じないんだけど…
あの人は別として…

だれ?

ナイショ!

66話 野口裕史『4日間バック奪取で完全V!』

ちょっと時間はたっちゃいましたけど、4月の西武園記念ゆうしょ~は野口裕史せんしゅでした〜〜~♪( ´θ`)ノ☆★♬
それではど~ぞ~
パチパチパチ~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

野口裕史 野口裕史

今後に注目

野口の西武園優勝ったってもうはるか昔のことのように思えちまうよ。

その後、ダービーがあって、それももう終了しちまってるくらい時が立っちまったからな…

それでも、そのダービで、たとえ一つでも逃げ切り勝ち決めとければ印象もまた違ってたと思うんだけどさ。

そしたら野口強しのイメージも、勢いの流れも切れねえで、このまま一気に一段高いステージに向かって行けてたかもしれねえし、ちょっと残念だったな。

でもよ、ダービーの四走全てで力強さは十分感じられたし、今後の飛躍は期待大。
まっ、西武園が見事すぎたゆえってとこかな。

がんばれよ!

新井剛央

圧倒されました!

4日間バック線をとっての完全優勝、そして記念初優勝おめでとうございます。

お見事というか、脱帽ですね。

最終日は、現地で見ていたのですが、開いた口が塞がらないって感じでした。
レースを振り返って、連日誰も出させないっていう気持ちがとても伝わるレースでしたね。

2日目の二次予選では、グランプリレーサーの和田健太郎選手から逃げ切ってのワンツー、3日目準決勝でも先行しての逃げ切りのワンツースリー、最終日も打鐘からの逃げ切りでのワンツー、、、

圧倒でした。

決勝のレース後に連携した静岡の岡村君に話を聞いたのですが、後ろに付いていて、いろいろなところで踏み上がっていくので酔っ払ってしまう感じだったそうです。
S級での初優勝が今年だったのも意外でしたが、これからも自分のスタイルを貫いて特別競輪でもっともっと活躍してもらいたいと思います。

白岩大助

素晴らしい!

まずは野口裕史選手、西武園記念競輪優勝、G3初優勝おめでとうございます!

埼玉支部としては平原康多選手(87期・埼玉)を筆頭に埼玉支部の選手の優勝を願っていたので残念ではありますが、野口選手の4日間のあの走りには思わず脱帽です。
本当に素晴らしかったの一言です。

昨今の競輪、特に7車立てになってからは特にダッシュ系の選手の活躍が目立ちます。

競輪の花は「先行選手」と言わた時代からレースの形態も変わり、上位に行けば行くほど先行逃げ切りで勝つのは厳しくなりました。

その中で脇本雄太選手(94期・福井)は長い距離を踏める持久力に高いトップスピードも兼ね備え先行日本一と言われています。
例えて言うなら新幹線のようなタイプ。

今回の野口裕史選手は彼らとはまた違ったタイプで、滝澤正光選手(43期OB/現日本競輪選手養成所所長)のようなタイプでこちらはSL機関車。

派手さはナショナルチームの脇本雄太のようにはありませんが、どこか泥臭く、だけどとても人間味のある選手。

自分だけが勝つのではなく、ライン全員で勝ち上がる。古き良き時代の競輪選手の走りですね。

同じ開催などで話をさせてもらいますが、とても礼儀正しく良い青年です。

適正出身のため自転車歴が短いのでまだまだ伸び代がありそうで楽しみですね。

競輪選手同士の人間関係って

そうそう、野口選手といえばハンマー投げで日本一にも輝いた事のある有名陸上選手。

先日、同じハンマー投げのオリンピック金メダリストの室伏広治さん(現スポーツ庁長官)とは仲が良いのか?尋ねてみると

野口「敵だったので仲良くなかったです。無視してました。」

って言ってたので

白岩「オリンピック金メダリストだし、今やスポーツ庁の長官やっている人だけど、もし繋がりがあったら良かったね。もったいないじゃん。」

と伝えたら

野口「本当ですね。そう思います笑」

なんて言ってました。
競輪選手というのは多くのファンの方もご存知だと思いますが、トレーニングやケアについてたとえライバルであってもお互い情報交換を行ったりする特殊な世界です。

ですが本来、日本一、世界一を目指すアスリートはライバル同士ピリピリしていて仲良く無い事が多いと思うので、改めて競輪界という特殊な世界観、そして奥深さを感じさせられました。

時に仲間であり、敵であり、ラインという特殊な戦い方が生んだ世界観のような気がします。

最後に、改めまして野口選手おめでとうございます!

裏話はこちら

66話B面『髪の毛一本、京王閣』

京王閣ダービーから、もう2週間がたちました。
今さらですけど松浦せんしゅ(悠士/98期・広島)が優勝した決勝戦、すんごいレースでしたよねっっっ!!!

1、2着、着差微差!
2、3着、着差微差!
こんなのって、あたし初めてん!(◎_◎;)

もし3車同着だったら、いきなりGP出場者が3名当確。
でも、同着者がいっぱい出てタイトル獲得者が9名こえちゃったらどうなるのかしら…?

関のざれごと

まさに『髪の毛一本、天国と地獄』ってやつだな。

オレも、これでよく泣き笑いしたもんさ。

今回なんてダービーの決勝戦、髪の毛一本数千万だろ。
届かなかった方は、も~これ以上はないってほどガックリだよな。

考えてみりゃ郡司(浩平/99期・神奈川)は、届いてりゃ特別三連覇。
これほど恨めしい髪の毛一本はなかったんじゃねえのかな。

ただよ、そうは言っても選手の方はまだかろうじて救いはあるんだ。
車券買う側と違って、失うものはねえから。

特にこのレースは郡司と佐藤(慎太郎/78期・福島)がスジ目だっただけに、両者の裏表買ってたヤツは、おそらくもう人生に絶望しちゃったんじゃねえのグッヘッヘッ…

歴史に名を残せ

さてと、今回優勝した松浦悠士だけど、これでタイトル数も3つ。
もう、これで名実ともに超スーパースターだよな。

超スーパースターの出世速度としては早い方とは言えねえけど、頂点に立ってからの戦いぶり、安定した強さは本当に素晴らしいの一言。
ぜひとも競輪史に名を残すような国宝級スーパースターを目指してほしいね。

そうそう、あと佐藤慎太郎。
今年45歳になるって人間がこれだけの競走、脚を見せてくれるって、これはもう尊敬しかねえ。
冗談抜きにもう一本、でけえの持ってってもらいてえなって思えるようになってきたよ。

今回のダービー、この二人に限らず、改めて現在の選手達の強さを認識させられた大会だったな。

連日の大熱戦。
無観客開催になってしまったことがホントにくやしいですね。

まっ、髪の毛一本に泣いた郡司や佐藤に比べればって気持ちで辛抱するしかねえわな…

お~っっっ、センセェがめずらしくまともなこと言ってるぅぅぅ~‼︎

A面マンガにもどる

65話 大橋直人『奇跡よオネガイ?』

ハ~イ、みなさま~♡
さわやかな五月にささやかにごと~じょ~!
今日も元気いっぱい!
大橋せんしゅでございま~す~(*≧∀≦*)
パチパチパチ~♫♪♫

大橋直人 大橋直人

昔に比べて競走形態の方は「ありえない事」を起こしづらくなってきちまったように思えるけど、車券買う側からすっと「ありえない事」ってのはやっぱり期待してえんだよな。

もちろん予想可能な範囲でのありえない事なんだけどさハッハッハッ

けどよ、今は昔の時代には考えられないくらい30代、40代の選手が活躍できるようになってきてると思うんだ。

大橋は今44歳か…
オレがそのくらいになった頃は、も~脚も金も回らなくてやんなっちゃってたもんな。

大橋!
ありえない事、どんどん起こしてくれよな!

白岩大助

●大橋さんの競走スタイルは

大橋選手は元々、故伊藤公人さん(40期)や中田健二さん(56期・OB)というマーク選手として活躍され、競輪界でも指折りの競りや追走の素晴らしい技術を持った先輩方の練習グループで練習に励んでいました。

練習グループのメンバーは目標に恵まれないとジカ競りに行く選手が多く、そういうレーススタイルを行うグループ。

しかし大橋さんはそのようなグループの中でも唯一持ち前のスピードを活かした縦脚勝負のレーススタイルだったため個人的に不思議に思っていました。

大橋さんにその事を聞いたところ、自分の武器はダッシュを活かした走り、だけど競りに来られた時にはちゃんと競る事が出来るように練習していたとの事。

番手勝負のジカ競りなどは性格にもよりますので難しいところがあります。

一般的に師匠のいるグループでお世話になるので大橋さんの場合は本人のレーススタイルとは異なるテーマだったのかも知れません。
でもきっと大橋さんは売られたケンカの時のためにはとても役に立つ技術を学んでいたと思います。
歳と共に追い込みの技術が必要になりますし、若いうちから学べたのは財産ですね。

●あ~ヤバい!!!

ここからは余談になりますが、やはり大橋さんとの一番のエピソードは私が20代前半の頃にコルベットという車高のとても低いアメ車に乗っていた時の話になります。

今も忘れない熊本競輪の帰りに羽田空港から大橋さんを乗せ、地元に帰って食事するためにコインパーキングへ

雨の降る夜、大橋さんに

「車高低いから擦らないように気をつけろよ。」

と言われ、その後にガリガリ君の歌「ガーリガーリ君」と大橋さんがふざけて口ずさんでいたら見事に『ガリガリガリ』と運転席の脇を擦ってしまいました。

2人して冷や汗かいたのは言うまでもありません。そして私は食事代よりも修理代が高く付いたことも。

当時はとても痛かったですが今では良い思い出です(笑)

新井剛央

●大橋さんの弱点

大橋さんといえば、ダッシュを活かしたスピードで縦足のイメージがあります。

そのスピードを活かして長らくS級で活躍されていました。

白岩のコメントのところにもありますが、ジカで競りにいくというより縦足で勝負というほうがイメージとしてあります。

ぶつかり合ったりする以前の競輪とは違い、スピード化してきているいまの競輪ですが、練習も試行錯誤しながらみんなで切磋琢磨して行っています。

バンクに行くとよく一緒にやらせていただいてますが、練習メニューの順番を決めるときによくジャンケンで負けてるイメージです(笑)

オ~シ!
金賭けて、大橋とジャンケンやろ!

ご報告です。
後日、大橋選手と関センセェがジャンケンで対戦。
大橋選手が見事三連勝、完全Vをかざりました。
おめでとうございます♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

裏話はこちら