80話B面『フツ~さあぁ~…』

ふ~っっっ
そ~いえばダービー、脇本せんしゅがゆうしょ~しちゃいましたね…

あたしはと~ぜん平原せんしゅをオーエン…
だからも~、ダービーのことなんてど~でもいいの。
記事になんかしません!
しょせんは他場でのできごとだもん…( ̄^ ̄)ゞ

そういや、おまえ以前、脇本に近づこうとしてフラれてたもんな!

あたしはダ~リン♡♥ひとすじなの!

やっぱ強いね

ダービーは、一番強い時の脇本選手が戻ってきてるのかどうかイマイチわかんなかったから少々悩んじゃった。
だから、そうそうツラ目はないと思いつつも古性選手の方と、平原選手、佐藤選手の方に期待しちゃってさ…

結局、脇本選手は強かったね。
おめでとうございました!

オレは変人なんだって

話はガラリと変わるけど、先日久しぶりに知人が2人、酒飲みに我が家に来たんだ。

で、じいさんトークに花を咲かせたのね。

「物忘れが、ますますひどくなっちまってよぉ…」
「身体のあちこち痛くてさぁ…」
「オレの人生って、なんだったんだろうなぁ…」

お~、なんてオシャレなトーク…
ほとんどオレの発言だけど…

で、そんな風な会話を続けてるうちに、、知人の1人がオレにこんなことを言ってくれたの。

オレってね

「普通よお~…」
「普通はさあ~…」

ってのが口ぐせなんだと。

自分じゃ気づかなかったけど…

(へえ~そうなんだ…)

それから、オレは変人なんだって。

いや~、これも自分じゃあんまり考えたことなかったんだけどね…

けどさ、A面のマンガにも出てくるけど

「自分が思う自分より他者の思う自分の方が正確」

って言葉が瞬間頭に浮かんじゃってさ…

なもんで、じゃ多分そうなんだろうなって素直に受け入れることにはしたんだ。
(具体的にどういうとこが変人かってのは個人情報?だからここでは言わないことにしとくけど)

でもこれ、考えてみりゃオレにとっては

「まいったな、こりゃ…」

なんだよね。

「普通」ってなに?

だってさ、例えば「普通どうたらこうたら…」ってセリフを吐くときに使う「普通」って、要は自分の言い草の正当性や客観性を補強するためみたいな感じでしょ。
あとは平穏とか中庸といったことの例えかい?

いずれにしても、相手に同意や同調してもらいてえって時に使うことが多いよね…

で、その「普通」ってセリフなんだけど、さらに考えてみりゃその物差しは自分が受けた教育や体験、経験…

つまり自分の価値観からが基準になってる場合がほとんどで、大勢の価値観と必ず合致してるとは限らないと思ったのよ。

だから困っちゃったんだ、オレ…

だってさ、オレ、「変人」なんだよ!

 

変人

「変人」ってのはつまり「変わった人」、「変な人」。

決して大勢の側に属する人間ではないってことだよね。

そういう人間の価値観が基準になった「普通」なんてセリフに説得力なんてあったもんじゃないじゃん!

普通から外れた人間の「普通」なんてさ…

なもんだから、この日以来、人との会話で「普通」ってセリフを発しそうになるとあわてちまうんだ。

それにしても「普通」っていったい何だろうね?

「普通にふるまう…」
「普通に生きていければ…」
「普通の暮らしができれば…」
「普通のおじさん」
「普通のおばさん」
「普通そうだろう…」
「普通そうじゃねえだろう…」

こんなつまんない事でグズグズ悩むヤツなんて、普通いないか…?(笑)

たしかにフツ~は
いないかも(笑)

たださ、自分のクセとか性格とか
客観的に確認できるって点で
人としゃべるのは有効だな
とは思ったけどね

でもさ、人の話や意見を受け入れないってタイプもいるじゃん
関センセェみたくさ…

そういうタイプには誰も本音で話をしたり指摘してくれたりなんてしないでしょ
自分に対して人からそういう話があまり出ないなと思ったら
自分はそういうタイプなんだとちゃんと確認できるじゃん

なるほど!

あっ、でもさ
やっぱ関センセェみたいなタイプは
そ~ゆ~実感すらもてないかもね…

まっ、それはそれで本人にとっては幸せかも…(笑)

かもね!
アッハッハッ

ところでセンセェは
そ~ゆ~ふ~にいってるいじょ~
人の話や意見に
ちゃんと耳かたむけられるんだよね?

問題はそこ……

ツユに入ろうとゆ~うっとおしい時期にもかかわらず
今回は、なんかうっとおしいはなしになっちゃいましたね…

次回、ふつ~の話題となるよ~
がんばりますっっっ!!!

A面マンガにもどる

SR42話B面『おそ~じ♡♥してる?』

は~い、みなさま~
しあわせな日々をすごしてますか~~~?
あたりです!

あたしは今、とってもしあわせです♡♥♡♥

あたりのざれごと

みなさま、GWはいかがでしたか?
ステキなことがたくさんありましたか?

あたしは職ぎょ~がらGWはあんまりカンケ~ないんですけど、それでも電車の中とかで笑顔でいっぱいの人たちの姿を見かけるととってもいやされます。

気持ちい~ことしちゃった♥♡

そうそう、あたしが今なんでしあわせかってゆ~と
お花畑にかこまれたかわいいアパートの自分のお部屋をひさしぶりに大そ~じしたからなんです。

新緑の香りにさそわれて、ついにやる気がでてきたの。

お部屋もきれいになって、洗濯物もかたづけて
も~スッキリ!さっぱり!

あ~~さわやか~
ルルルルル~♩♫♪~

がんばってお花も飾っちゃいました!

お家の中も外もお花がいっぱい
ほんとうにしあわせ♡♥♡

*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あれ⁉︎
お前たしか三畳一間の木賃アパートじゃなかったっけ?
ドブ川沿いでボロボロの…

で、前の住人が餓死したかなんかの事故物件で超格安なんだよな?
向かいは肥溜めでさ!

はいはい
も~なんとでもおっしゃってね…(汗)
(なんでホントのこと知ってんだろ…)

あっ、そうそう!
股ぐらで飼育している
ペットのダニや南京虫は元気か?
前はタムシも可愛がってたんだよな?

よくまあ、女の子にむかって
そういうことをさあ…(汗)
(ちきしょ~…なんかカラダがかゆくなってきた)
ポリポリ…

ハッハッハッ!
お前も一応
汚部屋住まいの独身だからな

オレらの頃の選手たちもよ
アマ時代なんて特に
み~んな小汚ねえアパート住んで
股ぐらにいろんなペット飼ってたよ

だから、ちゃんとソ~ジしたってゆってんでしょ!!!

そ、それにさ
あたしはべつに
センセェの時代のせんしゅってわけじゃないんだからね…

とゆ~わけで
みなさまも、ちゃんとおそ~じはしましょ~ね(汗)

 

あっ、そうそう!
ところでセンセェさあ…
なんで、あたしんちのこといろいろ知ってんの?
場所おしえたこととかあったっけ?

ネットに上がってたよ
お前の小汚ねえ部屋の写真

ひぃ~~~っっっ!!!
ど、どこのどいつだよ~~⁉︎

しかし、お前もいい根性してるな
あれだけインスタ映えする部屋に人上げるなんてよ

あ、あたしの友だちだって…
み、みんなさ……

そもそも女だからいつもキレイにって
男女差別でしょ!

あ~あ…
オレもたまにはちゃんと掃除しなきゃなあ…
ネットに上がってたあたりちゃんの部屋ほどゴミだめにはしてないけど、やっぱりね…

さっぱりして気持ちがいいってわかってんだけど、なかなかさ…

いつも来客がある時、あわててやるって感じだもんな…

だから、きれ~にしたってゆってんじゃんかさ…

永遠の謎?

というわけでそんなズボラなオレなんだけど、これから話すのは、それでもごくたま〜に掃除をやる時のバカバカしいお話ね。

実はオレ、掃除のとき不思議と頭に浮かぶフレーズがあんのよ。
必ず…

で、それが浮かぶのは決まって階段のコーナー部をモップかけている時。

そのフレーズってこれ…

「ホコリって、どこからくんのかな…?」

アホみてえなつぶやきだけど、これってかなり昔に読んだ何かの本に出てきたセリフ。

本のタイトルも内容も全く覚えてないんだけど、たしか少年院だか何だかに収容中の人が発したもの。

毎日掃除が義務づけられているのでちゃんときれいにするんだけど、翌日にはしっかりホコリが出現していることに思わず出た疑問ってとこだったと思う。

でさ、階段のコーナー部ってホコリが結構たまりやすいじゃん。
きれいにモップかけてもすぐまた元どおりでしょ。

んなもんだから

「チキショ~、なんだってこんなにすぐたまりやがるんだ…」

なんてブツクサ言いながらやってる時に、このセリフが浮かんできちまうの。
も~条件反射的に…

ひょっとしたらこの先死ぬまで掃除する時は、こいつが頭に浮かび続けんのかなってちょっと恐怖も感じてんだけどね(笑)

アッハッハッ
たしかに床でもテーブルでもきれいにしたと思ってもすぐだもんね
ほんとにホコリっていったいどこから生まれてくるんだろう…?(笑)

あたり!
人間ホコリを失ったら終わりだぞ!

はいはい、そ~ですね!
でもさ、センセェはホコリまみれの人間なのに
人としてすでにおわってるよ~に見えるのはなんでだろうね…(笑)

夢のような言葉

さてと、ついでってわけでもないんだけど、掃除時に頭に浮かぶフレーズはもう一つ!
こっちの方は、たまにだけどね。

ちょっと言いづれえんだけど

「掃除は女がやるもんで、男はやんなくていいの!」

こっちももうはるか昔、30数年くらい前の話。

とあるお宅を訪問してた時、そこのオヤジさんが、20代後半だったオレに言い放ってくれたセリフ。

オレ、男だけど子供の頃からずっと、親には部屋片づけろ、掃除しろって説教されながら成長したのよ。
(※成長ったって、単に歳重ねたってだけの話でズボラぶりはほとんど成長してないけどね)

ゆえにさ、掃除は女がやるものって言葉にえらく衝撃というか感動というか…
とにかく、強く印象に残ったの。

「夢みてえな世界だな…」

って風にもちょっとは思ったりして。

そん時は…

ハイ!
で、ドバ~っと年月が流れました…

「所詮、夢は夢…!」

現実にそんな都合のいい話はねえってえの!

そうでなくても今の時代、女性に家事的な部分を大きく頼ろうとするのってアウトなんでしょ…?

んな訳で、今もオレはしぶしぶ自分で掃除。
(家の中が相当散らかってきたらだけど)

「掃除は女がやるもんじゃねえのかよ…」
「ホコリはどっからくるんだよ…」

ってセリフを心でつぶやきながらね…

ドッハッハ~!
それって
あいつのオヤジが吐いたセリフだろ?

よくまあ、そんなつまんねえこと
何十年も覚えてるな
ゲッヒッヒッ

そ~ね
実はけっこう憧れたもんで
アッハッハッ…

お~むかしって
男のひとたちは
そんなこと言ってたんですね

えっ、男というより
お母さんたちの層が当たり前のように言ってた気もするよ

娘に
「女の子なんだから台所片づけてきなさい」
「女の子なのに恥ずかしいよ」
みたいな感じでさ…

まあ、おかあさんに言われるぶんには
いいけどね…
あたしも、けっこう言われてたし
アッハッハッ

それが嫌で家おん出て
今は誰気兼ねなくブタ小屋にしてるって訳か?
ガッハッハッ!

だから、大そ~じしたって
ゆってんでしょ!
も~、グジグジグジグジ何回も!

ハイ!
と、ゆ~わけでオッシマイ!
みなさまも、きれ~なお部屋でさわやかな5月を健康的に
おすごしくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*