65話B面『ゴミはかまわずその場で捨てるべし!』

みなさま~♡♥♡♥
GW!そしてきのうまでのダービー!
いかがでしたか~?

な~んて、今年も聞かないほうがよいかもですね
(-_-;)
ダービーは無観客開催になっちゃったし、お出かけもガマンしなきゃだったし…
ホントにかなしいですよね。・°°・(>_<)・°°・。

でも、だからってウツウツしててもどうにかなるってもんでもないでしょ。
今、あたしはお休みの日、部屋をせっせとお掃除しております٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
部屋をキレイにすると運気も上がりそうだし、けっこうたのしいの˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

ふ~ん…
オイ!
だったらオレの住みかも掃除してくれや。

だってセンセェ屋外じゃん。

屋外だって住みかは住みか!
町内まとめてゴミ拾いでもして歩きゃ社会貢献にもなるべよ。

じゃあいっしょにやる?

遠慮しとくわ!
ゴミ集めならおめえの方がお似合いだ。

じゃ、まずはセンセェを粗大ゴミに出して競輪場をキレイにしよ~♪()♪

「競輪場をキレイに」か…

そういえば競輪場って、昔に比べればホントきれいになったよなあ…

特に昭和の頃ってホントに汚かったもんね。

そ~だ!
今回は、競輪場がゴミだらけだった頃のエピソードでも語るとすっか。

当時の競輪客のごく当たり前のマナー

まずは友達に初めて競輪場に連れてきてもらった時の話ね。

オレ、ゴミ箱の場所がわからなくってキョロキョロしてたんだ。

「おい、ゴミ箱どっかにねえかな?」

「ゴミ箱?」

「おめえバカか!ここは競輪場だぞ、その辺ぶん投げときゃいいんだよ」

「えっ⁉︎

そいつ曰く、競輪場ってところは一歩中に入ったら塀の外とは別世界。

ゴミでもなんでもその場で投げ捨てポイ捨て当たり前。

置き引きカッパライなんでもござれ。

世間の一般常識は一切通用しない場所とのこと。

いわゆる一種の無法地帯ってとこか…

なるほど確かに周りの客の誰もが皆、外れた車券はもとより飲んだり食ったりした後の容器もその場にポイポイ。

タン吐きツバ吐き、何でもあり。

だったらオレも

とはいえ、最初はやっぱ戸惑ったのよ。

一応オレも塀の外ではごく平均的な日本人として学校の先生や親の言うこと聞いて(?)生きてきたんで、そういうことはしてなかったからさ。

でも、周りが当たり前のようにそれやってると、逆にこっちの方が浮いてるようにも思えてきてね…

「オ~シ、だったらいっか!」

ポポイのポイポイ!

タバコはもちろん、鼻かんだティッシュから何からオレも足元に投げ捨て。

そのうち、ラメーンやカレー食った後のプラ容器も思い切りその辺ぶん投げてみたよ。

大きなゴミ箱

ちなみにこれはマンガ家になれた年に招待で初めて競輪場に行った時の話ね。

昭和63年の岸和田オールスターなんだけど、そこで故横田昌幸さんという大変競輪がお好きな先輩マンガ家さんとこれまた初めてお会いしたのよ。

で、一緒に場内歩いてた時なんだけど、オレそこでゴミ捨てたくなったのね。

普段ならもちろんその場でポイの習慣すでに身につけてたけど、そういうシュチュエーションでしょ。

品のないマネはさすがにまずいかなと思ってゴミ箱探してキョロキョロしたの。

「ん、タナカくんどしたの?」

「あ、ちょっとゴミ箱を…」

「オイオイオイ!競輪場ってのはさ~、場自体が大きなゴミ箱みたいなもんだよ。そこらへんにぶん投げときゃい〜の!」

「ホレ、我々がこうしてゴミを散らすから、ああして清掃の人達も仕事にありつけるんだからさ…」

うんと年長の方にそう諭されるると、

(お~、なるほど、取材や招待で来てるような立場の人でもそうなんだ。だったら安心)

岸和田でも普段同様しっかりゴミをその場にぶちまけてまいりました。

電車の中だってさ…

今思えば当時なんて、女性客だって皆無。

人の目なんてまったく気にならない特殊な環境だったんだよね。

身なりにしたって小ぎれいにしてる方がかえって目立っちゃう感じだったし。

ゆえにオレはファッションにも気を使ったね。

ジャージにサンダルばきみたいな格好で一生懸命同化できるよう努力したかな。

そうそう、そういえば当時は競輪場行きの電車だって似たようなもんだったっけ。

開催日に東村山の駅から西武園行きに乗るじゃん。

そしたらさ、みんな予想紙や新聞見ながら平気でタバコプカプカ、ゴミもポイポイ…

(一応、東京ってその頃からほとんどの路線で車内禁煙だったんだけどね)

東村山の駅まではそんなこともないんだけど、そこから西武園行きの電車に乗り換えると乗客はほぼ競輪客。

なもんで突然そんな状態になっちゃうみたい。

ごく少数の一般乗客も納得してたのか、白い目線が飛んでくるってこともなかった気がする。

オレ?

もちろんオレもカメレオンのごとく同化したよ。

競輪場で、また驚きたいね

それにしてもさ、競輪場ってあの頃に比べると本当に変化したってつくづく思うね。

場内に女性の姿を結構見かけるし、悪そうな人たちの姿はほとんど見かけなくなったし。

古そうなお客さん達だって今はみなさん、それなりに塀の外同様にマナー守ってるじゃん。

オレだって今はちゃんとゴミはゴミ箱。

でもね、個人的にはこんな風にも思ってんだ。

特に場内に関してだけど、キレイになるなら徹底的にキレイになってほしいなって。

中途半端だと感動が薄いような気がすんのよ。

大昔の汚かった時、でも、あれはあれで徹底されてたから初めて足踏み入れた時ちゃんと感動できたもん。

「ひょえ~凄え~~!」

「今の時代にこんな汚ねえ場所があったのか~!」

って具合に。

うんときらびやかな施設になって、ドレスアップしないと入場するのも躊躇しちゃうような感じになったら今までとのギャップもあるしメチャクチャ楽しいかも。

ピッカピカでうんとおしゃれな場所になったら、働くわたしたちも楽しめそ~!

そうなったら「穴場のババア」なんて言葉も死語になるなグヘヘ

A面マンガにもどる

SR32話B面『西武園記念終わっちゃったね』

ふ~うっっっ…
みなさま、先日しゅ~りょ~した地球的イベント『せ~ぶえん71しゅ~ねん記念♥♡』
いろいろとホントに も~~~…
も~しわけありませんでした>* ))))><

みなさまに熱きレースをお見せするとはりきっていた平原康多せんしゅ(87期・埼玉)はザンネンながら三日目みずからの意志でおかえり。
ブログの制作ちゅ~断して、今開催、せんしゅとして参加した田中誠センセェ(89期・福岡)はおなじく三日目失格して現場からの強制排除によるおかえり…

それにしてもさあ~
タナカセンセェってホントやくびょ~神だよね…

タナカのざれごと

ハッハッハッ
そ~ね!

西武園のサイトに上げた出張版マンガで余計なこと描いたらホントにそ~なっちゃったし。

余計なことばっか

実はオレ、三日目準決勝の朝、起きてからこういう余計なこともしてたのよ。

いつか何かのプレゼント用にってことで運営側からもらったヘルメットが二個あったのね。
ふと思い立って、それに平原選手と田中選手にサインいただけばちょうどいいかなと思っちゃったのよ。

それぞれわざと(?)似せない似顔絵と関の顔のカット入れて。

平原選手は、地元のスーパースター兼ギャンブルレーサー牌勝利者。
田中誠選手は…
わかんでしょうよ、理由ぐらい!

で、チャチャっと描いて西武園に「選手にサインもらってくんねえ?」って電話入れたら職員さんに怒られちゃったよ。

「ただでさえ記念は業務で忙しく、今はウイルスの関係で職員さえ選手には必要最低限しか近づけないことになってんだからさ」

「そういうことは前検日前に言ってくれる!」

と言いつつ無理して引き受けてはくださったんだけどね。

で、

「あ~良かった」

ってホッとしてたらご両名とも準優で大活躍。
みなさんご存知の結果に…

オレってふと思いついてなんかやると大抵裏目にでることが多いのよ。
いつも…

きっと、この日もオレが余計なこと思いついてなけりゃ平原選手は普通に優出して、田中選手も千切れなきゃ優出十分あったと思うんだ。

蛇足だけど今回、早めに買っといた車券は当たりもあったけど、ふと思いついて追加で買った車券は全部ダメ。
その分だけ大幅に赤字ったからね…

ヘルメットプレゼント告知まで行けるかどうか?

んでさ、その後サインはどうなったかっていうと田中選手は場から叩き出される前にかろうじていただけたんだって。

でも平原選手は後足で砂かけて場を後にするのがあまりにも早くていただけなかったとのこと。
(職員の方が支部に頼んで後日もらってあげると言ってくださったけど)

なもんだから、そのうちネットかどこかでプレゼントの告知が出る可能性もありますので興味のある人はお楽しみに。
(現時点ではサインもらえたわけじゃないからね)

ちなみに今回のブツをお渡ししたのは業界紙『アオケイ』さんだから、出るとしたらそっちからなのでご注意を。

スター選手を拝むのもひと苦労

ここで、ちょいとまたお得意の昔話。

オレが競輪やり始めた頃って昭和でしょ。
当たり前だけどネットなんてないからね。

S1、118点上クラスの選手(当時の得点制度では、このくらいから全国区の殿様級)のツラ…
どころか競走自体を見られる機会つったら特別競輪のテレビ中継か地元地区の記念競輪のみ。

ナマで、その姿、走りを拝めるのは、ホント下手すりゃ一年に一回ってくらいそりゃも~大変かつ貴重なもんだったのよ。

だから、地元、近場で記念があるっちゅ~と、も~開催前からワクワクドキドキ。
この時だけは車券関係なしにスター選手の姿を拝みに行ったね。

普段なら、オッズのモニター下と売り場の行き来で金網なんて面倒くさくて行きやしないけど、記念の初日特選や決勝なんてのは発送機付近の金網にへばりついたもん。

当時は写真撮影だって禁止だったから、もう必死で自分の目に姿焼き付けようとしたね…

な訳だから、お目当の選手にやむを得ない事情以外で欠場されたり、お帰りされちゃうのはホント悲しかったな~。
必ず初日から行けるとは限らないしさ。

皆勤目指したけど

そんな思いがあるから自分がプロになってからは絶対欠場だけはしないって心に決めたね。
(ウソ。本当はデビュー前、車券でやられっぱなしで金が欲しくて欲しくて仕方なかったから)

前もここで語ったことあるけど、食中毒にかかった時や車にはねられた時だって病院から脱走して原稿描いたもん。
他にも色々あったよ…
水虫とかさ…

だから『ギャンブルレーサー 』は18年間欠場ゼロ。

とはいえそれでも他の作品では残念ながら1回だけ欠場があるんだ。

思いっきり体調崩してて、それでも机に向かおうとしてたら担当編集者に家まで来られて止められちゃって…

それさえなきゃ全ての作品で皆勤賞。
今考えるとメチャクチャ悔しいかな。

あっ、言っとくけどクビになって雑誌に載っかってないのは欠場とは言わないからね。
失格と同じで強制排除。
こっちならいっぱいあるけど、念の為。

で、そんな日々を思い返すとさ、無理してでもがんばって本当に良かったなってつくづく思えるの。
自分が自分に誇れることってこれくらいしかないってのもあんだけどさハッハッハッ

センセェ…
ひょっとして平原選手にたいするイヤミ?

とんでもない!
あくまでも自分はって話。

選手が突発的に腰だの何だのが痛くなるのは職業病なの。

64話B面『1988年西武園記念』

さて、しんあいなるみなさま。
A面でも少しふれたようにまもなく『せ~ぶえん記念』がはじまります(╹◡╹)♡
と、ゆ~わけで今回は、『せ~ぶえん記念』にまつわるお話をタナカセンセェになんか語っていただこうとおもいます。

ハイ!
それでは、ど~ぞ~
パチパチパチ~♫♪♫

以前、20歳くらい年下の知人にこんなこと言われたことがあったんだ。

「センセェ、オレたちゃ昔の選手のことなんて知らないし興味だってそんなにないからさ…」

要はブログにOB世代を取り上げるより現役世代をってことなんだろうね。

なるほど、そりゃたしかにそうかもね。
けどさ、それがなかなか難しいのよ。

オレからすっと現役世代の選手っちゅうのは、ほとんど子供みてえな年齢ばっかでイマイチ燃えんのよ。
つい親のような目線で見ちゃうから。

なもんで、うんと感情移入できるのはやっぱり20~30年前の競輪や選手たちの方なの。

自身と同世代の人たちの闘いだもん。
も~、夢中で観てたしね!
毎日のように飽きずに通ってさ…

オレのヒーローは

話はそちょっと逸れるけど、先日、1970年代後期の音楽ユニット『アラベスク』のCD買ったの。
なぜかふと思い出して、急に聴きたくなって…

で、早速聴いてみると、いやも~懐かしくって懐かしくって気分はウキウキ!

今、ほとんど毎日聴いちゃってるかな。

考えてみりゃ普段も80年代の音楽ばっか聴いてっからね。
アイドルだって、オレには松田聖子ちゃんがナンバーワンだし!

んな訳だから競輪選手も、脇本雄太(94期・福井)や松浦悠士(98期・広島)、平原康多(87期・埼玉)じゃなくて、中野浩一(35期・OB)、井上茂徳(41期・OB)、滝沢正光(43期・OB)なの!
あと、少し若い世代でも、神山雄一郎(61期・栃木)、吉岡稔真(65期・OB)、山田裕仁(61期・OB)…

オレにとってのヒーローは永遠にこのまんま…

現役世代の選手たちのことは現役世代の方達にお任せして、これからもオイラは年寄り色満々でこのブログ作っていきたいなって思ってんのでゆるしてね。

33年前の西武園記念

さて、西武園記念直前ってことと、今の話のついでがてら参考までに『ギャンブルレーサー 』が世に登場した1988年の西武園記念について語るね。
オレの青年時代は、このような人たちがスター選手だったんだ。

まずは決勝戦のメンバーとレース結果。

【西武園開設38周年記念(昭和63年4月)】

前節優勝戦(先固2500米)

❶①鈴木 誠(千葉)55期 23歳 ❷①❶
❷②尾崎雅彦(東京)39期 30歳 ❺②❸
❸③中野浩一(福岡)35期 32歳 ❶①❷
❹④松本聖志(岐阜)53期 24歳 ❾③❾
❹⑤佐古雅俊(広島)45期 27歳 ❸①❻
❺⑥緒方浩一(熊本)30期 35歳 ②②❼
❺⑦坂本 勉(青森)57期 25歳 ❽③❽
❻⑧藤巻 昇(北海)22期 39歳 ③③❹
❻⑨伊藤豊明(愛媛)41期 29歳 ❼②❺

【レース展開】

鈴木-S尾崎、坂本-藤巻、中野-緒方、松本-伊藤-佐古の並び。
赤板で上昇した松本が打鐘4角からスパート。
鈴木-尾崎が2角で捲りきり、BS過ぎにダッシュした坂本は佐古に張られてストップ。
その間、中野がインから前段抜け出し鈴木-尾崎を追う。
粘った鈴木がそのまま1着、番手の尾崎は直線伸びず猛追中野がタイヤ差2着。

後節優勝戦(先固2500米)

❶①南雲孝之(東京)54期 23歳 ❽②❺
❷②井上茂徳(佐賀)41期 30歳 ❶①❶
❸③高下堅至(静岡)41期 29歳 ❻③❸
❹④山田英伸(神奈)51期 24歳 ⑤②❽
❹⑤内田浩司(福岡)51期 25歳 ❷②❷
❺⑥青柳 禎(埼玉)52期 25歳 ②③❻
❺⑦馬場圭一(香川)45期 27歳 ②①❹
❻⑧豊田知之(岡山)59期 20歳 ④③❼
❻⑨竹内久人(岐阜)37期 32歳 ❼①❾

【レース展開】

南雲-S青柳、竹内-山田、内田-井上-高下、豊田-馬場の並び。
3周目、豊田-馬場で前段おさえて並走。続いた内田が打鐘前から上昇して主導権。
以下、井上-高下、豊田-馬場、南雲-青柳、竹内-山田で一本棒。
マイペースで逃げる内田を井上が直線楽々交わして1着。

※「S」は、スタートで先頭取ったという意味

【参照➖当時の『月刊競輪』】

前節は取れたけど…

いやも〜『アラベスク』同様泣けちゃうね~!!!
前節の優勝が鈴木誠さん(55期・OB)、後節が井上茂徳さん。

連載スタートのチョイ前くらいの時だったんで、前節、後節両方ちゃんと行ってたよ。
(翌年以降は忙しくて多分10数年間くらいは現地にほぼ行けてなかったと思うけど)

でさ、この時のオレにはこんなエピソードがあるんだ。

実は、前年、例年以上に貧乏神に取り憑かれちゃってたオレは車券の方も絶不調。
行けども行けどもオケラで本当に金が無くなっちまって、その下半期からこの年の西武園記念まで車券はほとんど買えずって状況が結構続いてたのよ。
けど、不思議なもんで漫画が採用されてお金をいただけるようになったら、車券購入再開となった前節であっさり取れちゃってさ。
金の無いときゃ、どんなに必死で頑張っても外れ続けたのに…

やっぱ賭け事ってのは精神的…
ってより懐に余裕があるか否かってのはでかいのかもしんないね。

さて、決勝レースはいくらつけてたかもう忘れちゃったけど、結構つけたような気もするし、鈴木-中野の車券、取れて本当に嬉しかったな。
(後で調べたら ❶❸  1,630円⑥番人気でした)

ほんでもってさ、後節は結局外れたんだけどとても印象深いレースが観れたんだ。

簡単に言うと、初日から三日間、井上-内田の車券で決まったの。
ちょっと想像してみてくれる。
当時、500走路だった西武園で三日間ワンツーよ。
1、2着入れ替わることなく…
しかも、今と違って軽いギアの時代。
先行屋が粘るのって、すごく大変な事でもあった頃。

オレと関優勝の永遠の天敵

もちろん内田さんの調子が良かったってのはあるだろうけど、やっぱ井上さんだよね。
こう言っちゃなんだけど、当時…
というかそのあとも永遠にだけど、内田さんは井上さんの格下って存在で、競走では井上さんが前で駆ける内田さんをいかに残してあげるかっていう感じの関係性だったわけ。
(内田さんゴメン)

『ド本命』の先行選手を交わし続けるのも大変だけど、それ以上に『残してやらなきゃ』ってレベルの先行選手を連日残し続けるのって神業に近いものがあると思うんだよね。

オレ、決勝レースは井上さんから抜け目で買ってたの。
もし、前二日間でワンツーが続いてなきゃ内田さんの2着も買えたろうけど、いくらなんでも三日連続はねえだろうって思ってさ。
(ちなみに ❷❹、1番人気で230円)

まっ、そんな感じなんでオレがどんなにツキが回ってきたような状況の時でも井上さんって人は、やっぱりオレの邪魔をすんだよね。
しつこいくらいに…

蛇足だけど、井上さんの引退レースとなった1999年春の静岡ダービーなんて連日頭で買ったけど全部沈んでくれたかんね…
最後の最後までそういう御人(笑)。

とにかく人生思い通りにはいかないってことをオレに教えてくれた大恩人の一人かな。

ちなみにさ、現役世代の松浦悠士選手の上手でしぶとい競走ぶり見てると、ふと井上さんのこと思い出したりすることがあるんだけど、でもやっぱ全然違うんだよなあ…

松浦選手に対して恨みつらみ、憎しみの感情なんて一度たりとも湧いたことないもん。

あたしもおばあちゃんになったら、今の時代の選手のことばかり語るようになっちゃうのかな(笑)

A面マンガにもどる

SR31話B面『飲み会断る?断らない?』

きょうは4月20日、西武園地区もサクラの花が顔をのぞかせはじめました(๑˃̵ᴗ˂̵)
ブログ更新日の25日は満開になっているのかしら?
やっぱり心がウキウキしてきますね(^ ^)~♪♫♪~

さて、サクラといえば、やっぱりお花見☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
でも、去年につづき、今年も西武園クラブのお花見は中止なんだそうです。
あたしも参加を楽しみにしていたのですがザンネン(>人<;)

いっとき、飲み会をことわる人、ことわらない人ってフレーズが話題になっていたことがありました。

メンバーにもよるのかもしれないけど、競輪選手の飲み会に参加するのはあたしは大好き(*≧∀≦*)
選手のみなさんってお酒が入ってもあんがい上品でホントにおやさしい方が多いですから(ほんのすこしウソ)。
なによりレースや選手のウラばなし的なものが聞けるのって、すっごく楽しいんですよね。

みんなで集まってワイワイたのしめる日が一日も早くおとずれることをホントにホントに祈りつづける今日このごろでございます(ω╹๑ )

タナカのざれごと

二年連続お花見中止…
本当に残念。

オレが西武園クラブのお花見に参加するようになって、もう何年になるのかな…
この地区に引っ越してきてからだから、それでも二十五年は経ってるのか…

あっという間って感じもするけど、やっぱりそれなりの時間は過ぎてんだね。
オギャ~と生まれた赤ん坊が25歳になっちゃてるってことだもん、あ~、おそろしい。

飲み会参加はプラスだった

さてと、ところでさ、今でこそ飲み会を楽しみにしているオレだけど、若い頃はそういう類が苦手でしょうがなかったの。
って言うより、時間がもったいなく感じてさ。

仕事も忙しかったし、40代くらいまでは西武園クラブ関連のものを除いて他はほぼ欠場。
忘年会やらパーティやらの通知が来ると、

「あ~面倒くせえ~」

でも、それって、ちょっと失敗だったね。
可能な限り参加しときゃよかったって今はつくづく思うもん。

今さらだけど飲み会の類って、決して意味のない時間ではなかったって思えるんでさ。
色んな方達と知りあえるし、知らない世界の話も聞けるじゃない。

巷では色々言われてるけど、年配の人たちの経験談、体験談や説教、自慢話も、後になって役に立つってことが結構あったしね。

聞いてる時はそれほどピンとこなくても、

(あ~、そういやあの時こんな話聞いたっけ…)
(なるほど、こういうことだったんだな…)

みたいにさ…

ピンとこなかったのは、その段階でまだ自分がそれだけの経験、体験をしてないからなんだろうね。

だから、何かの事態に遭遇したりした時、ハッと気づかされたりするんじゃないのかな。
問題を解決するヒントも随分もらえたように思うし…

的外れなこと言われたってい~じゃん!

あと今、自分も年寄りになって思うのは、年寄りって、特に若い人には良かれと思って話をしてるパターンがほとんどだよなってこと。
損得の計算なんかまったく無し。
より良い人生を送ってくれたらいいなって純粋に思って話してんだよね。
(もちろん、そうじゃない人もいるにはいるけど)

だって、年寄りにとっての若い人って、もう競い合う相手でもなんでもないじゃん。
そもそもこっちは近い将来死んじゃう身なんだし…

あっ、もちろん、話の内容が正しいかどうかってのは別よ。
的外れのアドバイスや理屈も結構あるとは思うの。
でも、そういうのだって反面教師的に考えれば、やっぱり役には立つからね。

たださ、若い人にとっては意地の悪い、心のねじ曲がった、いや~な性格の年寄りとの遭遇は極力避けたいってのが、きっとあるよね。

たしかにそういう人も相当いるけど、結局そういう人って最終的には飲み会とかに誘われることも少ないと思うんだ。

身分や権力持ってる時は仕方ないけど、そうじゃなくなりゃ誰も関わろうとはしないでしょ。

ゆえに、幅広い世代で集まっておしゃべりできる飲み会なんかは、特に若い人には積極的に参加する事を勧めたいんだけどね。

年寄りにとっては若い人と喋れるだけで嬉しいっていうのもあるから、それだけでボランテイアにもなるじゃん。

なるほどね…
ヨーシ、だったらあたしはウイルスの状況がおさまったら飲み会はことわらない側になろ♥♡

63話B面『お客さまはありがたい!』

少しづつあたたかくなってきて、とってもうれしいあたしです(˃̵ᴗ˂̵)
でもね、気になることもやっぱりあるの。
4月15日から18日開催予定の西武園記念。

なんとかウイルスの感染状態が好転して有観客で開催できるよう毎日おいのりしていますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
「神さま、おねがい♥♡」

関のざれごと

客なんてなよ…

有観客か…
たしかにスタンドに客の姿が一匹も見えないってのは選手にとっても寂しい事ではあっからな。

選手からすると客ってのは、自分たちに金を貢ぐためにのみ生きている、まあ家畜みてえな存在なんだけど、家畜は家畜でやっぱかわいいもんだしさ…
そりゃ牛や豚や鳥同様鳴き声がうるせえってのはあるけど、多少は役に立つ部分もあったしよ。

例えばオレの現役時代、競走中に客の声で他の選手の動きを知るなんて事もあったからな。

後方からの仕掛けを、「来たぞ~!」とかわめいてくれたり、「ケツもつれてっから流せ~!」みてえに先行ペースの指示までしてくれたりよ、グヘヘ…

けどよ落車の時は、いつもたまんなかったな~。

「このクズヤロ~!そのまま死んでろ!」

まず間違いなく飛んでくるのがこのセリフだ。

ったく、クズみてえな連中ににクズと呼ばれるこの屈辱…

闘志の源

だけど、このセリフで燃えに燃えたかな。

「絶対こいつらの金で大儲けして大酒飲んでうまいもんたらふく食ってやる!」

って具合にさ。
まっ、良くも悪くも客ってのは選手にとって必要な道具だと感じるね。

(あいつらを徹底的に食い物にしてやりてえ…!)

この一念で日々のあのキツい練習や競走での競り、博打場通いを続けられたんだと思うもん。

いずれにしても常に超満員だった時代を経験しているオレにとっては、今の時代は本当寂しくて仕方ないね。
ウイルスに関係なくさ…

カチク⁉︎
クズ⁉︎
ったく、たいせつなお客さまにたいしてなんってことを…
バチがあたるよ!

⑧が当たる?
ふ~ん…
じゃ、西武園記念は⑧から買うかな、ハッハッハッ!

ホント!
やった~!!!
じゃあ、あたしは⑧以外から買お~♥♡

おい、業務に就いてる場の車券は買えねんじゃねえのか。

あっ、そうだった、ザンネン…

【西武園競輪開設71周年記念4/15~4/18】

A面マンガにもどる