68話B面『マーク屋は絶滅危惧種?』

この国は、これからいったいどうなってしまうのでしょう…
行動もバラバラ。
心もバラバラ…
日本っていつからこんな国になったの?

『7月16日、函館初日7R~~~!』

出走メンバー全員先行選手のバラバラ戦!
いったいどんなレースになっちゃうのかスタート前から、も~ドキドキワクワク!

これが未来のケ~リンのスタイルなのでしょうか?
あたしは、とってもたのしめました(*≧∀≦*)

将来マーク屋は消滅?

たしかに面白かったよね!

かろうじて2人のラインが一本作られたけど、どういう展開になるのか全く予測がつかない分、興味は津々。

ラインのある競輪が予測を楽しむものだとしたら、こっちの方は完全に観て楽しむってものなのかな。

車券の方も払い戻しを狙って勝負というより宝くじ的に買って楽しむって形だろうね。

これは好き好きだから、どっちがいい悪いってもんでもないんだけど。

ところで、競輪って将来的にはだんだんこういった形のものに変わっていってしまうのかね。

昔と今ではレースの形態自体が全然違うし、選手たちもそれに合わせて変化していってるしさ。

今更かもしれないけど、目標決めて走る完全なるマーク屋ってのは本当に消滅しちゃうのかもね。

マークも競りも競走の流れの中で判断するって形でさ。

縦脚の方にしても、今現在の競輪ですでにマーク屋だろうが必須って感じになってきてるし。

ただ、個人的には世界戦的スタイルのルールに変更になるのはイヤかな。

格闘技の競輪に魅了されてお客になったクチだからね。

短命社会?

そうそう、気になる点がもう一つ。

それは、競輪が完全に力勝負の世界になると、選手寿命は短くなるんじゃないかってこと。

というか、活躍できる期間ね。

次から次へと若い力が誕生してくるんだもん。

競輪競技の面白さって40代、50代の選手、あるいは若干脚力の劣る選手であっても、力以外の要素でチャンスを作れるってとこにもあったと思うんだ。

そういった部分がもし無くなっていくのだとしたらしたら、ちょっと寂しいかな。

同時に、もしそうなったら、全体的な賞金が破格なものにでもならないと選手にとって職業的な魅力は薄れてしまうかもしれないね。

一億中流、年功序列の方が、一億貧乏、総活躍できない社会より楽しかったかも。

もちろん競輪の話だけどさ。

まっ、そうは言っても選手が競輪やる目的ってのは銭金だけって訳でもねえからな。
戦うってこと自体にたまらねえ魅力があっからよ。

アンビリーバボ~~!!
まさか、センセェの口からそんなセリフがでるなんて…

お前のように心貧しき者にはわからんだろうな。
嫌いなヤツ、憎たらしいヤツを金網まで持ち上げ、芝に叩きつけるあの快感!

う~ん…
あたしも、ちょっとやってみたい気も…

A面マンガにもどる

67話B面 『世界の国からこんにちは♪♫♪』

さあ、いよいよジュライ。
みなさま、笑顔でおすごしですか~~~?

今月は、せかい中の人が大ちゅ~もく、人類の歴史がつづくかぎりきっと永遠に語りつがれるであろう世紀の大大大ビッグイベントが、わがニッポンで開幕を予定されております
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

あたしも、も~、ウキウキワクワクの毎日です
ʕ•ᴥ•ʔ

あたりのざれごと

今月の世界的イベント!

さて、その大大大ビッグイベント、西武園FⅡ(深夜営業)は本日10日から!
そして大宮FⅡが17日より!
とどめとして西武園FⅡ/女人(早朝営業)が、
な、なんと29日から、それぞれ開催よて~となっておりますっっ!

この期に及んでまたまた開催 大宮FII 西武園FII

あたしの祖父も、東京オリンピックが行われた同じ年、1964年の西武園と大宮でのせんしゅ達の熱きたたかいをみて受けたカンド~と、コ~フンをぜひ多くの人々にあじわってほしいと、も~しておりました。

あたし達スタッフもしっかりとした感染対策のもと安心安全な開催となるよう取り組んでおりますので、ど~ぞみなさま安心してご投票くださいませね。

関のざれごと

オリンピック万歳!

コノヤロ~~!!!

なんだ、そのイヤミったらしい言い草は!

前回の東京オリンピックと違って、今回は競輪選手だって出場予定してんだぞ!

お前、反乱罪で逮捕されてえのか!

この逆賊!

○国民!

売国奴!

そうでなくてもオレにとっちゃ、五輪賭博ってのは4年に一度の楽しみなんだ。

オレだけじゃねえ。

昔で言うダフ屋に白タク…
置き引き!
スリ!
カッパライ!
ポン引きにボッタクリ…

それから、あそこのアイツに、あそことあそこの…
そして何よりあの…

あっ、そ~だ!
あと、東村山の吉田はムショの中であの世に行っちまったって噂だからエサにありつくのは、ちと無理かもしれんが…

え~い、とにかく金と金の持つ力が好きで好きで仕方のない、実に多くの善男善女にとっては最高のイベントなんだ。

クソッタレめが!

それがバカヤロ、一年も延期しやがって…
その上、ここまで来てなお開催中止だの無観客にしろだのとふざけた声をあげるヤツがわんさか出る始末…
(※7月3日現在)

も~ふざけんじゃねえっての!!!

こっちはなあ、去年の西武園記念はもちろん、飲み会でのバカ騒ぎや不要不急の外出、各現場で選手への罵声、罵倒…

とにかく数々の楽しみを奪われてきてんだぞ!

特に不要不急の外出なんて、そもそも外で暮らしているオレにとっちゃ迫害以外の何ものでもねえんだ!

だいたいよ~、今回のオリンピックに反対してるなんてのは、歴史認識において一部から反日的じゃねえかって批判されてるようなヤツらだろ!
そ~いうヤツらってのは、そもそも日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているんじゃねえのか!

今こそ裏から手を回せ!

いいか、お前!
金持ったカモがわんさか日本に来てくれようとしてんだ!
身ぐるみ剥がすチャンスをむざむざ棒に振れってのか!

ウイルス?

アホウ!
アイツらだって損得抜きに生きてるってもんでもねえだろう。
裏から手え回して、握らすもん握らしゃ上手いことやるよ!

言う事聞かなきゃ金融機関からの働きかけも要請してさ!
(※↑7月8日追記)

オリンピック、バンザーイ!バンザーイ!

ど~せなら超満員でやってくれ~!
1万人も10万人も変わりゃしねえ~!

なに~、責任?

バッキャ~ロ~!
知るか、そんなもん!
オレがどう思おうが、なに語ろうがオレの勝手だ!
思想、言論の自由!

あのさ~、センセェ!
ホンキで言ってる?

だいたい「反日」なんて言葉もさ、それ自体がそもそもキュ~キョクの差別よ~ごになりうるものだよ!

うっせ~バカ!
オカメトンチキ!
イナゴのちんぽこ!

そんなことよりな~
オレは『開催される』方に有り金そっくり勝負してんだ!
ウラ食ったら誰が責任とってくれんだ!

そもそも、無職の人間には持続化給付金出さねえって差別がある以上、博打やカッパライでもやり続けない限り生きていけんだろうが…

大いなる悩み

あ~あ、今年もとうとう例によって家の中でボヤ~と過ごしたまま半年が過ぎちゃった。
でも、幸せ感は全然なし。

怠けて生きるってのもなかなか疲れるもんなんだね…

ところでさ、この前、いつものように床にゴロンと転がってボヤ~と映画眺めてたのよ。
そしたら、こういうセリフが耳に入ってきたんだ。

「一番の悩みは、自分の考えが正しいのかどうかってこと…」

いや~、ドキッとしたな~。

これって、自分自身しょっちゅう悩んでることだもん。

プライベートな事もそうだけど、マンガとか、こういうざれごとだって一応個人の考え方や価値観が反映されちゃうものでしょ。

明確に判断できることならいいけど、答えを出しづらいことやそもそも正しい答えは存在しないのではってことに対して、それでも何かしらの表明をするってのは本当に難しい事だと思うんだ。

個人的なことならいいけど、他者が絡んだり、もしくは社会の諸問題についてはそれこそいろんな考え方、価値観や、自分の知らない事情だってあるからね。

いやも~、まじめに考え出したらドツボにはまっちゃうよ。

しかもさ、昨日は正しいと思ってたことが今日は逆なんてことも自身の中で度々あるんだから、やっぱりこれって生きてる限り永遠に続く悩みなのかな。

怠けて生きているとはいえさ…

我以外皆我師

でもね、迷わず意見や主張をバンバン出せるタイプよりは生きやすいかもとも思ってんだ。

あるいは、

「オレは正しい、間違ってない」

って言い切るタイプの人とかより…

特に、言い切っちゃうタイプの人って、例えそれがそうであろうがなかろうが、他者はもう口を挟めないじゃん。

だから、距離もう~んと開いちゃうよね。

でも、そうでなければ、相手はまた意見を色々言ってくれると思うんだ。
本音の意見も…

要は、考え方とかで押しが強い性格より多少控えめのほうがいいのかなってことなんだけどさ。

まっ、そうでなくてもオレってそもそも脳みそがウリのタイプだからね。
しょっちゅう頭から泡吹いてるし…

悩みが多い割には考えも浅いし、知らないことばっか。

とにかく人に色々教えてもらわないと生きていけないってレベルなんで、そういう機会を失っちゃったらもう大変。
電車の乗り方だってろくに知らないくらいだもん、本当に(笑)

だから、偶然のご縁があって今まで色々とおしゃべり相手になって下さった人たちには本当感謝してるね。

「桜井さん(久昭/28期・OB)、いつも電車の乗り方教えてくれてありがとさんです!」

当たり前の日常が戻ってくるのはいつだろね…

そんなもんだから、一日も早くまた普通に人と会っておしゃべりができるような日常が戻ってきてほしいなって心の底から思うわけ。

色んな話をいっぱい聞いて学びたいもん。
何とか生きてくために。

あと、孤独老人になる心配があるから新しい友達もどんどん作りたいかな。

ただ、話の主導権をオレがとっちゃって、色んなことを教えてもらい損ねるのも結構多いのはマヌケなんだけどね。
(桜井さんが話し相手の時以外)

話は飛ぶけど、昔描いてた『ギャンブルレーサー 』ってマンガ、今にして思うときっと間違いだらけだったと思うよ。
描いてた内容は、ほぼ忘れちゃったけど…(笑)

たしかにセンセェって自分の作品なのに内容ほとんど覚えてないもんね。

Wikiとか見て「へえ~」って思った事も結構あるからなあ…
それ読んでも、そういう事描いたって記憶すらないんだからさ
ハッハッハッ(笑)

こわ!
ろ~じん特有の症状はだいじょうぶ?

それも今の大きな悩み。

A面マンガにもどる

SR34話B面『ヤドちゃんがユ~ショ~♡♥♡♥』

みなさま…
わがニッポンで、先日たいへんなことが起こりました。
今でもまだ夢の中にいるような気分なの…
(( _ _ ))..zzzZZ

6月20日!

「ヒイ~~~~~っっっっ!!!!」

これ、あたしの5日まえの悲鳴です
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なんと…( *`ω´)
ではなく、ついに…

でもなく、とうとう…✌︎(‘ω’✌︎ )
じゃなくって

も~、と~ぜんのごとく
(ò_óˇ)

さいたま支部、宿口陽一せんしゅ(91期)が6月20日、第72回高松宮記念杯競輪をユ~ショ~しました~~っっっ!!!

(((o(*゚▽゚*)o)))

バンザ~イ!
バンザ~イ!

(((o(*゚▽゚*)o)))

これで、も~、次回の選手紹介コミック登場せんしゅはヤドちゃんで決まりですね*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

オイオイ!
一度登場した選手は取り上げないってルールに変更したんじゃなかったか?

あっ……!

え~い、ルールなんて、も~い~の!
ここは日本でしょ!

お前、まさか次の選挙で立候補なんて考えてねえだろうな…

関のざれごと

見事な勝利

いや~、しっかし宿口やっちゃったな~!

戦前の予想では、何がなんでも駆けたいってラインが2つあるということで、一発を狙いたい側にもチャンス十分とは思ったんだ。
で、本当にその通りになっちまったもんなあ…

うまい具合に前のスピードに乗っかれたってのもあるけど、やっぱ最後はおのれの脚!
終3角あたりで、もう前段丸飲みできそうな迫力があったし、余裕でとまでは言わねえけどまさに完勝!
誰のおかげでもなく、まさに本人自身の力による勝利だったな。

ところで宿口って、特にウイルスが猛威を振るうようになってから、強さがどんどん目立つようになってきた感じもあるんだけど、ひょっとしてそういう忌まわしいもんと相性がいいのかな?

だとしたら、もし年末に向けてウイルスの第5波に見舞われるなんてことがあった場合、GPの優勝は宿口だべ!

あたしは、センセェのほ~がバイキンちゃんとはよっぽど相性よさそ~におもうけど!

タナカのざれごと

本当に大変!

それにしてもさ、家の外に出たら誰もが皆マスクって日常、あとどれくらい続くのかね。
もうそういう風景に違和感感じなくはなってるんだけど、マンガ描く時はいつも悩んじまっててさ。

常にリアルを追求してる(?)オレでしょ。
現実がそうなら、マンガのキャラクター達だってマスクしてなきゃって思ってできるだけ付けさせてるんだけど、やっぱ描きずらいよね。

マンガって表情を描くことで色んな事を表現したり伝えたりするんだけど、半分隠さなきゃなんない訳でしょ。
それも、目とともにとっても重要な役割を担った口を…

  例えば、宿口選手が優勝して喜んでいるあたりちゃんの顔を描いたとするでじゃん。

 

 

 

 

でも、マスクを付けて描くとこうなっちゃうわけ。

 

 

 

下手すりゃ正反対のイメージだよね。

まっ、眉毛など何だのうまく使って表情作るけど結構めんどくせえの。

なもんだから登場人物全員にマスク付けさせちゃうと、さすがにどうにもならないんで適当に調整してんだけどさ。

事情のレベルは違うけど、酒を出しちゃいけないって要請された飲食店関係と似たような気分。

な訳で、マスクのいらない日常が一日も早く訪れる事を心の底から祈る日々。

ふ~ん
顔半ぶん描かなくていいんなら逆にラクなのかとおもった…

ヘッヘッヘッ
実は…

SR33話B面『家でグウタラ』

ごきげんいかがですか~!
ニューフェイスが加わって今年もさいたま支部は元気いっぱい!あたしも負けずに元気いっぱい!いやなことはすべて忘れてがんばってま~す!

ウソこけ!
現場は相変わらずの無観客が続き、選手や関係者もウイルスの状況に戦々恐々。
疲れ切ってる状態だろ。

タナカのざれごと

最近は

あ~あ…
もう6月まできちゃったか…

いったいこんな毎日がいつまで続くのかね…

家にこもり続けるって生活には、商売柄けっこう慣れてるつもりなんだけど、やっぱりきつく感じちゃうなあ…
同じ状態でも、命じられてでのと、そうでないのとでは気分的には全然違うもんね。

まっ、ウジウジ考えても仕方がないのでもうしばらく家で自堕落的に過ごしましょっと。
最近は映画をよく見るようになったし。

ホームシアターってほどじゃないけど一応サラウンドシステムはあるんで音は結構楽しめてんだ。

ず~っと物知らずのまま

とはいえ、オレ、もともとは映画やドラマってあまり見る方じゃ無かったのよ。

ものすごく関心のひくテーマのものだったりなら別だけど、特にマンガ家になってからはより一層見なくなったかな。

時間がないってのもあったけど、連載とかやってる時ってとにかく頭の中は常に自分の作品のストーリー作りのことばっか。
メシ食ってても風呂入ってても。
じゃないと間に合わないんで。

だから、仮に映画見てたとしてもすぐ頭の方がそっちに切り替わっちゃうから全然楽しめないわけ。
画面見つめながら他のことばっか考えてんだもん。

ところでさ、マンガ家ってのは映画をたくさん見るべきってよく言われたりするじゃん。
でも、一時、逆の考え方を持ってたこともあったんだ。

他人様の作ったストーリーや演出に変に刺激や影響を受けたり、他者の発想を知っちゃうのがイヤでさ。
自分の作った作品が他人様と似たようなストーリーだとか発想だとか言われちゃったらつまんないでしょ。

なもんで、本も小説関係はほぼ読まず。
マンガも特別なものを除いては全然。

でも、それってやっぱりデメリットも大きかったような気がすんだ。

ちょっと大げさかもしれないけど、ある意味情報の遮断でもあるし、世の中の様々な事柄や考え方に触れる機会を減らしてるってことでしょ。
つまり学ぶチャンスの喪失。

自分の世界観、価値観ばかりが膨らんで、物を知らない、狭いって人間になりやすいようにも思えてさ。

確かにその通りで、そういった頃は、世の中の様々な出来事や知識的な事はもちろん、流行りモノ、流行りごとみたいなものすらほとんど知らなかったもん。

競輪選手の名前と点数の変化はよく知ってたけど。

好みの美女を発見しても

でもさ、連載とか持ってた頃は、それでもやっぱ見られなかったね。
DVDを買ったり、映画専門チャンネルに加入してみたりなんてこともあったけど、もし時間があったらやっぱ寝ちゃってたもん。

なもんで、買ったまま、あるいは録画したまま一度も見ずに10年20年経過したなんてものもゴロゴロあって、今、時間見つけてはそういったものも含めて一生懸命見てんの。

本関係は、目が老眼その他でどうにもなんなくなっちゃたんで、残念ながら。

それにしてもさ、世間的には誰でも知っているような有名俳優や女優さんを今頃になって初めて知るっていうのもなんとなく間抜けな話なんだよね。

「おっ、この女優さんスゲ~美人!」

と思ってネットで検索してみたら、今はすっかりご年配…
なんてのも度々だもん。

まっ、こういうのも自分の浦島太郎的エピソードの一つなのかなハッハッハッ

ねえねえセンセェはどの女優さんが好みなの?

たくさんいすぎて!
それにしても外国の女優さんって、若い時はこの世のものとは思えないほど美しい人が多いよね。
けどさ、なぜか歳をとると『魔法使いの悪いおばあさん』的な顔になっちゃうのが不思議。

日本の女優さんだと、あまりそんな風には感じないんだけど…
あの人は別として…

だれ?

ナイショ!

66話B面『髪の毛一本、京王閣』

京王閣ダービーから、もう2週間がたちました。
今さらですけど松浦せんしゅ(悠士/98期・広島)が優勝した決勝戦、すんごいレースでしたよねっっっ!!!

1、2着、着差微差!
2、3着、着差微差!
こんなのって、あたし初めてん!(◎_◎;)

もし3車同着だったら、いきなりGP出場者が3名当確。
でも、同着者がいっぱい出てタイトル獲得者が9名こえちゃったらどうなるのかしら…?

関のざれごと

まさに『髪の毛一本、天国と地獄』ってやつだな。

オレも、これでよく泣き笑いしたもんさ。

今回なんてダービーの決勝戦、髪の毛一本数千万だろ。
届かなかった方は、も~これ以上はないってほどガックリだよな。

考えてみりゃ郡司(浩平/99期・神奈川)は、届いてりゃ特別三連覇。
これほど恨めしい髪の毛一本はなかったんじゃねえのかな。

ただよ、そうは言っても選手の方はまだかろうじて救いはあるんだ。
車券買う側と違って、失うものはねえから。

特にこのレースは郡司と佐藤(慎太郎/78期・福島)がスジ目だっただけに、両者の裏表買ってたヤツは、おそらくもう人生に絶望しちゃったんじゃねえのグッヘッヘッ…

歴史に名を残せ

さてと、今回優勝した松浦悠士だけど、これでタイトル数も3つ。
もう、これで名実ともに超スーパースターだよな。

超スーパースターの出世速度としては早い方とは言えねえけど、頂点に立ってからの戦いぶり、安定した強さは本当に素晴らしいの一言。
ぜひとも競輪史に名を残すような国宝級スーパースターを目指してほしいね。

そうそう、あと佐藤慎太郎。
今年45歳になるって人間がこれだけの競走、脚を見せてくれるって、これはもう尊敬しかねえ。
冗談抜きにもう一本、でけえの持ってってもらいてえなって思えるようになってきたよ。

今回のダービー、この二人に限らず、改めて現在の選手達の強さを認識させられた大会だったな。

連日の大熱戦。
無観客開催になってしまったことがホントにくやしいですね。

まっ、髪の毛一本に泣いた郡司や佐藤に比べればって気持ちで辛抱するしかねえわな…

お~っっっ、センセェがめずらしくまともなこと言ってるぅぅぅ~‼︎

A面マンガにもどる