はじめに

「埼玉県および西武園クラブ所属選手」、「大宮・西武園記念優勝選手」、「G1・GP優勝選手」等の選手登場まんがと、「西武園クラブOB・関優勝(37期)」の何でもネタまんがを交互に更新しています。

65話 大橋直人『奇跡よオネガイ?』

ハ~イ、みなさま~♡
さわやかな五月にささやかにごと~じょ~!
今日も元気いっぱい!
大橋せんしゅでございま~す~(*≧∀≦*)
パチパチパチ~♫♪♫

大橋直人 大橋直人

昔に比べて競走形態の方は「ありえない事」を起こしづらくなってきちまったように思えるけど、車券買う側からすっと「ありえない事」ってのはやっぱり期待してえんだよな。

もちろん予想可能な範囲でのありえない事なんだけどさハッハッハッ

けどよ、今は昔の時代には考えられないくらい30代、40代の選手が活躍できるようになってきてると思うんだ。

大橋は今44歳か…
オレがそのくらいになった頃は、も~脚も金も回らなくてやんなっちゃってたもんな。

大橋!
ありえない事、どんどん起こしてくれよな!

白岩大助

●大橋さんの競走スタイルは

大橋選手は元々、故伊藤公人さん(40期)や中田健二さん(56期・OB)というマーク選手として活躍され、競輪界でも指折りの競りや追走の素晴らしい技術を持った先輩方の練習グループで練習に励んでいました。

練習グループのメンバーは目標に恵まれないとジカ競りに行く選手が多く、そういうレーススタイルを行うグループ。

しかし大橋さんはそのようなグループの中でも唯一持ち前のスピードを活かした縦脚勝負のレーススタイルだったため個人的に不思議に思っていました。

大橋さんにその事を聞いたところ、自分の武器はダッシュを活かした走り、だけど競りに来られた時にはちゃんと競る事が出来るように練習していたとの事。

番手勝負のジカ競りなどは性格にもよりますので難しいところがあります。

一般的に師匠のいるグループでお世話になるので大橋さんの場合は本人のレーススタイルとは異なるテーマだったのかも知れません。
でもきっと大橋さんは売られたケンカの時のためにはとても役に立つ技術を学んでいたと思います。
歳と共に追い込みの技術が必要になりますし、若いうちから学べたのは財産ですね。

●あ~ヤバい!!!

ここからは余談になりますが、やはり大橋さんとの一番のエピソードは私が20代前半の頃にコルベットという車高のとても低いアメ車に乗っていた時の話になります。

今も忘れない熊本競輪の帰りに羽田空港から大橋さんを乗せ、地元に帰って食事するためにコインパーキングへ

雨の降る夜、大橋さんに

「車高低いから擦らないように気をつけろよ。」

と言われ、その後にガリガリ君の歌「ガーリガーリ君」と大橋さんがふざけて口ずさんでいたら見事に『ガリガリガリ』と運転席の脇を擦ってしまいました。

2人して冷や汗かいたのは言うまでもありません。そして私は食事代よりも修理代が高く付いたことも。

当時はとても痛かったですが今では良い思い出です(笑)

新井剛央

●大橋さんの弱点

大橋さんといえば、ダッシュを活かしたスピードで縦足のイメージがあります。

そのスピードを活かして長らくS級で活躍されていました。

白岩のコメントのところにもありますが、ジカで競りにいくというより縦足で勝負というほうがイメージとしてあります。

ぶつかり合ったりする以前の競輪とは違い、スピード化してきているいまの競輪ですが、練習も試行錯誤しながらみんなで切磋琢磨して行っています。

バンクに行くとよく一緒にやらせていただいてますが、練習メニューの順番を決めるときによくジャンケンで負けてるイメージです(笑)

オ~シ!
金賭けて、大橋とジャンケンやろ!

ご報告です。
後日、大橋選手と関センセェがジャンケンで対戦。
大橋選手が見事三連勝、完全Vをかざりました。
おめでとうございます♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

裏話はこちら

65話B面『ゴミはかまわずその場で捨てるべし!』

みなさま~♡♥♡♥
GW!そしてきのうまでのダービー!
いかがでしたか~?

な~んて、今年も聞かないほうがよいかもですね
(-_-;)
ダービーは無観客開催になっちゃったし、お出かけもガマンしなきゃだったし…
ホントにかなしいですよね。・°°・(>_<)・°°・。

でも、だからってウツウツしててもどうにかなるってもんでもないでしょ。
今、あたしはお休みの日、部屋をせっせとお掃除しております٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
部屋をキレイにすると運気も上がりそうだし、けっこうたのしいの˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

ふ~ん…
オイ!
だったらオレの住みかも掃除してくれや。

だってセンセェ屋外じゃん。

屋外だって住みかは住みか!
町内まとめてゴミ拾いでもして歩きゃ社会貢献にもなるべよ。

じゃあいっしょにやる?

遠慮しとくわ!
ゴミ集めならおめえの方がお似合いだ。

じゃ、まずはセンセェを粗大ゴミに出して競輪場をキレイにしよ~♪()♪

「競輪場をキレイに」か…

そういえば競輪場って、昔に比べればホントきれいになったよなあ…

特に昭和の頃ってホントに汚かったもんね。

そ~だ!
今回は、競輪場がゴミだらけだった頃のエピソードでも語るとすっか。

当時の競輪客のごく当たり前のマナー

まずは友達に初めて競輪場に連れてきてもらった時の話ね。

オレ、ゴミ箱の場所がわからなくってキョロキョロしてたんだ。

「おい、ゴミ箱どっかにねえかな?」

「ゴミ箱?」

「おめえバカか!ここは競輪場だぞ、その辺ぶん投げときゃいいんだよ」

「えっ⁉︎

そいつ曰く、競輪場ってところは一歩中に入ったら塀の外とは別世界。

ゴミでもなんでもその場で投げ捨てポイ捨て当たり前。

置き引きカッパライなんでもござれ。

世間の一般常識は一切通用しない場所とのこと。

いわゆる一種の無法地帯ってとこか…

なるほど確かに周りの客の誰もが皆、外れた車券はもとより飲んだり食ったりした後の容器もその場にポイポイ。

タン吐きツバ吐き、何でもあり。

だったらオレも

とはいえ、最初はやっぱ戸惑ったのよ。

一応オレも塀の外ではごく平均的な日本人として学校の先生や親の言うこと聞いて(?)生きてきたんで、そういうことはしてなかったからさ。

でも、周りが当たり前のようにそれやってると、逆にこっちの方が浮いてるようにも思えてきてね…

「オ~シ、だったらいっか!」

ポポイのポイポイ!

タバコはもちろん、鼻かんだティッシュから何からオレも足元に投げ捨て。

そのうち、ラメーンやカレー食った後のプラ容器も思い切りその辺ぶん投げてみたよ。

大きなゴミ箱

ちなみにこれはマンガ家になれた年に招待で初めて競輪場に行った時の話ね。

昭和63年の岸和田オールスターなんだけど、そこで故横田昌幸さんという大変競輪がお好きな先輩マンガ家さんとこれまた初めてお会いしたのよ。

で、一緒に場内歩いてた時なんだけど、オレそこでゴミ捨てたくなったのね。

普段ならもちろんその場でポイの習慣すでに身につけてたけど、そういうシュチュエーションでしょ。

品のないマネはさすがにまずいかなと思ってゴミ箱探してキョロキョロしたの。

「ん、タナカくんどしたの?」

「あ、ちょっとゴミ箱を…」

「オイオイオイ!競輪場ってのはさ~、場自体が大きなゴミ箱みたいなもんだよ。そこらへんにぶん投げときゃい〜の!」

「ホレ、我々がこうしてゴミを散らすから、ああして清掃の人達も仕事にありつけるんだからさ…」

うんと年長の方にそう諭されるると、

(お~、なるほど、取材や招待で来てるような立場の人でもそうなんだ。だったら安心)

岸和田でも普段同様しっかりゴミをその場にぶちまけてまいりました。

電車の中だってさ…

今思えば当時なんて、女性客だって皆無。

人の目なんてまったく気にならない特殊な環境だったんだよね。

身なりにしたって小ぎれいにしてる方がかえって目立っちゃう感じだったし。

ゆえにオレはファッションにも気を使ったね。

ジャージにサンダルばきみたいな格好で一生懸命同化できるよう努力したかな。

そうそう、そういえば当時は競輪場行きの電車だって似たようなもんだったっけ。

開催日に東村山の駅から西武園行きに乗るじゃん。

そしたらさ、みんな予想紙や新聞見ながら平気でタバコプカプカ、ゴミもポイポイ…

(一応、東京ってその頃からほとんどの路線で車内禁煙だったんだけどね)

東村山の駅まではそんなこともないんだけど、そこから西武園行きの電車に乗り換えると乗客はほぼ競輪客。

なもんで突然そんな状態になっちゃうみたい。

ごく少数の一般乗客も納得してたのか、白い目線が飛んでくるってこともなかった気がする。

オレ?

もちろんオレもカメレオンのごとく同化したよ。

競輪場で、また驚きたいね

それにしてもさ、競輪場ってあの頃に比べると本当に変化したってつくづく思うね。

場内に女性の姿を結構見かけるし、悪そうな人たちの姿はほとんど見かけなくなったし。

古そうなお客さん達だって今はみなさん、それなりに塀の外同様にマナー守ってるじゃん。

オレだって今はちゃんとゴミはゴミ箱。

でもね、個人的にはこんな風にも思ってんだ。

特に場内に関してだけど、キレイになるなら徹底的にキレイになってほしいなって。

中途半端だと感動が薄いような気がすんのよ。

大昔の汚かった時、でも、あれはあれで徹底されてたから初めて足踏み入れた時ちゃんと感動できたもん。

「ひょえ~凄え~~!」

「今の時代にこんな汚ねえ場所があったのか~!」

って具合に。

うんときらびやかな施設になって、ドレスアップしないと入場するのも躊躇しちゃうような感じになったら今までとのギャップもあるしメチャクチャ楽しいかも。

ピッカピカでうんとおしゃれな場所になったら、働くわたしたちも楽しめそ~!

そうなったら「穴場のババア」なんて言葉も死語になるなグヘヘ

A面マンガにもどる

SR32話『ウイルス特効薬?』

みなさま~!!!!
なんと!なんと!
な、な、なんとっっ!!!!

2022年8月!
西武園でオールスターですよ~~~~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

えっ?
とっくに知ってる…
そっか…
けって~してから、けっこ~日もすぎてますもんね(^_^)
でも、やっぱりアレは心配なの…

せっかくオールスターが決定したというのに、ウイルス問題の収束がまるで見えてこない日々…
今年の夏なんて、も~ど~でもい~んですけど、来年の夏はだいじょうぶなのかしら…
(今年の夏に大切なことをひかえてる方ゴメンなさい)

ここまできたら神さまはもちろん、霊能力者や超能力者、占い師や予想屋さんの方たちにがんばっていただかないと、も~ど~にもならないんじゃってふ~に思ってしまいます。

「神さま~!よろしくおねがいいたしま~すっっっ!!!」

B面ざれごとはこちら

SR32話B面『西武園記念終わっちゃったね』

ふ~うっっっ…
みなさま、先日しゅ~りょ~した地球的イベント『せ~ぶえん71しゅ~ねん記念♥♡』
いろいろとホントに も~~~…
も~しわけありませんでした>* ))))><

みなさまに熱きレースをお見せするとはりきっていた平原康多せんしゅ(87期・埼玉)はザンネンながら三日目みずからの意志でおかえり。
ブログの制作ちゅ~断して、今開催、せんしゅとして参加した田中誠センセェ(89期・福岡)はおなじく三日目失格して現場からの強制排除によるおかえり…

それにしてもさあ~
タナカセンセェってホントやくびょ~神だよね…

タナカのざれごと

ハッハッハッ
そ~ね!

西武園のサイトに上げた出張版マンガで余計なこと描いたらホントにそ~なっちゃったし。

余計なことばっか

実はオレ、三日目準決勝の朝、起きてからこういう余計なこともしてたのよ。

いつか何かのプレゼント用にってことで運営側からもらったヘルメットが二個あったのね。
ふと思い立って、それに平原選手と田中選手にサインいただけばちょうどいいかなと思っちゃったのよ。

それぞれわざと(?)似せない似顔絵と関の顔のカット入れて。

平原選手は、地元のスーパースター兼ギャンブルレーサー牌勝利者。
田中誠選手は…
わかんでしょうよ、理由ぐらい!

で、チャチャっと描いて西武園に「選手にサインもらってくんねえ?」って電話入れたら職員さんに怒られちゃったよ。

「ただでさえ記念は業務で忙しく、今はウイルスの関係で職員さえ選手には必要最低限しか近づけないことになってんだからさ」

「そういうことは前検日前に言ってくれる!」

と言いつつ無理して引き受けてはくださったんだけどね。

で、

「あ~良かった」

ってホッとしてたらご両名とも準優で大活躍。
みなさんご存知の結果に…

オレってふと思いついてなんかやると大抵裏目にでることが多いのよ。
いつも…

きっと、この日もオレが余計なこと思いついてなけりゃ平原選手は普通に優出して、田中選手も千切れなきゃ優出十分あったと思うんだ。

蛇足だけど今回、早めに買っといた車券は当たりもあったけど、ふと思いついて追加で買った車券は全部ダメ。
その分だけ大幅に赤字ったからね…

ヘルメットプレゼント告知まで行けるかどうか?

んでさ、その後サインはどうなったかっていうと田中選手は場から叩き出される前にかろうじていただけたんだって。

でも平原選手は後足で砂かけて場を後にするのがあまりにも早くていただけなかったとのこと。
(職員の方が支部に頼んで後日もらってあげると言ってくださったけど)

なもんだから、そのうちネットかどこかでプレゼントの告知が出る可能性もありますので興味のある人はお楽しみに。
(現時点ではサインもらえたわけじゃないからね)

ちなみに今回のブツをお渡ししたのは業界紙『アオケイ』さんだから、出るとしたらそっちからなのでご注意を。

スター選手を拝むのもひと苦労

ここで、ちょいとまたお得意の昔話。

オレが競輪やり始めた頃って昭和でしょ。
当たり前だけどネットなんてないからね。

S1、118点上クラスの選手(当時の得点制度では、このくらいから全国区の殿様級)のツラ…
どころか競走自体を見られる機会つったら特別競輪のテレビ中継か地元地区の記念競輪のみ。

ナマで、その姿、走りを拝めるのは、ホント下手すりゃ一年に一回ってくらいそりゃも~大変かつ貴重なもんだったのよ。

だから、地元、近場で記念があるっちゅ~と、も~開催前からワクワクドキドキ。
この時だけは車券関係なしにスター選手の姿を拝みに行ったね。

普段なら、オッズのモニター下と売り場の行き来で金網なんて面倒くさくて行きやしないけど、記念の初日特選や決勝なんてのは発送機付近の金網にへばりついたもん。

当時は写真撮影だって禁止だったから、もう必死で自分の目に姿焼き付けようとしたね…

な訳だから、お目当の選手にやむを得ない事情以外で欠場されたり、お帰りされちゃうのはホント悲しかったな~。
必ず初日から行けるとは限らないしさ。

皆勤目指したけど

そんな思いがあるから自分がプロになってからは絶対欠場だけはしないって心に決めたね。
(ウソ。本当はデビュー前、車券でやられっぱなしで金が欲しくて欲しくて仕方なかったから)

前もここで語ったことあるけど、食中毒にかかった時や車にはねられた時だって病院から脱走して原稿描いたもん。
他にも色々あったよ…
水虫とかさ…

だから『ギャンブルレーサー 』は18年間欠場ゼロ。

とはいえそれでも他の作品では残念ながら1回だけ欠場があるんだ。

思いっきり体調崩してて、それでも机に向かおうとしてたら担当編集者に家まで来られて止められちゃって…

それさえなきゃ全ての作品で皆勤賞。
今考えるとメチャクチャ悔しいかな。

あっ、言っとくけどクビになって雑誌に載っかってないのは欠場とは言わないからね。
失格と同じで強制排除。
こっちならいっぱいあるけど、念の為。

で、そんな日々を思い返すとさ、無理してでもがんばって本当に良かったなってつくづく思えるの。
自分が自分に誇れることってこれくらいしかないってのもあんだけどさハッハッハッ

センセェ…
ひょっとして平原選手にたいするイヤミ?

とんでもない!
あくまでも自分はって話。

選手が突発的に腰だの何だのが痛くなるのは職業病なの。

64話 武藤篤弘『西武園みててよね!』

は~い、みなさまコンニチハ~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
いよいよ五日後(4月15日)にせまった全世界的、きゅ~きょくのビッグイベント『せ~ぶえん開設71しゅ~ねん記念』!!!!
地もとのこんなおニイさまも、参加よて~なの~(ω╹๑ )
キャ~~~♡♥♡♥

武藤篤弘 武藤篤弘

選手にとって地元記念を走れるってのは、喜びとともに名誉でもあるよな。

と言いつつ、自分が1班走ってる頃ってのは、まだそれほどありがたみを感じてなかったんだけどさ。
いかに稼ぎを増やすかってくらいの場にしか考えてなかったかもしれん。

歳とって場が遠のくようになって初めて

「あ~、オレもこんな現場で走れてたんだな…」

って思うようになってきてさ…

とにかくS級の身分になって記念を走れるようになった連中には一戦一戦大事に戦ってくれって言いたいね。
特に地元記念ってのは、ひょっとしたら特別競輪より重い場のようにも今は思えるんだ。

武藤、がんばれよ!

白岩大助

武藤篤弘選手は長年、巧みな技術でマーク選手として活躍されてきたお兄さんの嘉伸選手(59期・埼玉)、そして今や埼玉を代表する追い込み選手として成長してきた甥の龍生選手(98期・埼玉)と日々トレーニングに励んでいます。

篤弘選手は高校生の時にインターハイ優勝などの輝かしい実績の持ち主でポテンシャルはとても高い物があります。

今やS級にしっかり定着して来ましたが、ここまで来るには彼の実力を思うと、とても時間が掛かった印象があります。

性格的にとても優しいタイプなので、そういう面が影響していたのだろうと個人的には思いますが、50代を超え尚マーク選手として厳しい走りを貫く兄、そしてグレードレースでも勝負出来る選手に成長した甥に感化されたのか、本人もとても成長しました。

この先、さらにステップアップして龍生選手と共にグレードレースでの活躍を期待してます。

その時には一緒にラインを組める日が来ます。
そして嘉伸選手もそれを心待ちにしていると思います。

新井剛央

インターハイの優勝実績もある篤弘くん。

彼がS級に定着するのに時間はかかったと思いますが、巧みな技術を持つ嘉伸さん、G1の常連となってきた龍生くんと一緒に切磋琢磨して、埼玉を代表する選手になってほしいと思います。

西武園記念は、平原康多を始め、埼玉113期三銃士(森田優弥、黒沢征治、植原琢也)も参加予定となっておりますので、チャンスを活かして、上でどんどんと活躍してもらいたいです。

「三銃士」
ハッハッハッ
なかなか面白えフレーズだな。
でもよ、ど~せなら「銃」より「砲」がよくねえか?
「大砲三門!」

なるほど、そうですね。
でも植原は、見た目のイメージはやっぱ「銃」っぽいかな…

みなさま~♡♥♡♥
ここで、ちょっとお知らせで~す(╹◡╹)♡

ただ今、大宮・西武園競輪サイトの「西武園記念特設ページ」に[「ギャンブルレーサ.com」出張版マンガ]がアップされてま~す!!!!

こちらのほ~も、ぜひぜひお立ち寄りくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あっ、そ~そー!
記念初日の12R特選きょ~そ~は『ギャンブルレーサー 関優勝牌』!
関センセェの冠レースがおこなわれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

ことしはプレゼント企画等を実施できませんでしたが、選手のみなさまがあついレースをお見せしてくださると思います♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ど~ぞ、おたのしみに~♡♥♡♥

裏話はこちら