はじめに

「埼玉県および西武園ホームの選手」、「大宮•西武園記念優勝選手」、「G1•GP優勝選手」等の登場マンガと、何でもネタマンガを交互に更新しています。

105話 北井佑季『おめでとうG1初制覇!』

先日、先月おこなわれた『第75回宮杯』をみごと せ~した北井佑季せんしゅと ゆ~がに『けまり』を楽しんでまいりました!
さすがは元Jリーガー!
夢みてるよ~なひとときでした♡

マンガ

マンガ

 

西武園OB 関優勝(37期)

百点満点!

宮杯での北井は、全5走すべてケチつけよう無し。
前半戦から自身の役割をキチンと果たしたうえで、準決、決勝はチャンスをもらい見事にモノにした。

まあ、若干歳はいっちゃってるから大変だろうけど このまま一気にバーンとのし上がってってもらいてえもんだな。

それだけの魅力は十分感じるしよ。

あとよ、これもでけえんじゃねえのかな。
神奈川の『フラワー軍団』化の完成。

体制充実、神奈川

若い連中には「フラワー」って言葉ももはや死語になってるらしいんだけど、オレ達世代からすると特にタイトル戦でのこういう地区連係はやっぱり真っ先に頭に浮かんじまうんだ。

複数の強い選手同士が、時に機関車、時に露払いと協力し合って、まずは仲間内に勝利ってのはオレは理にかなってるって思うしな。

そうした中でもタイトル重ねちゃうヤツは重ねちゃうし、で、そういったヤツがまさしく超スーパースターなんだ。

滝澤(正光/43期・OB)なんて、まさにそうだったろ。

「えっ!?」
「滝澤って誰かだって…?」

なるほど、あいつですらだんだんそういう存在になってきてるのか…
現役時代は、まさに超スーパースターだったんだけどな…

「怪物!」
「高額納税者!」

こんな風に呼ばれててさ…
ただ、高額納税の方は政治献金とかを怠っちゃってたゆえ ってのがあったかもしれんがな…

まあ、あいつの話は置いとくとして、だけど北井にはぜひ、あいつみてえにタイトル量産できる選手を目指してもらいてえもんだな。

もちろん、政治献金だけはぬかりなくってことだけは改めて伝えておきてえけどよ
グヘヘヘへ!

センセェは現役時代、パー券買ったりとか、ちゃんとやってたの?
しゅつばよ~せ~とか、票~あつめとかもさ…

バカ!
オレも若いとき、そういうことの重要性に気づかず、ついおろそかにしちまったから今の姿があるんじゃねえか…

よ~し、あたしもパー券買いまくってけんきんしよ~!
そしたら かがやく未来がまってるのよね♡

新井剛央

さらに手強くなった南関勢

まずは、神奈川119期北井佑季選手、高松宮杯記念杯優勝おめでとうございます!

いつかはG1を獲る選手になるんだろうなと思ってましたが、あっという間でしたね。
並々ならぬ努力の賜物だと思います。

同じレースで走ったことはありませんが、デビューしてからずっと徹底先行にこだわり、誰にも前は出させない気迫あるレースを何回も見てきました。

2月に行われた全日本選抜競輪決勝では、郡司浩平選手を優勝に導く熱い走りをして、それの恩返しと言わんばかりの高松宮杯決勝の郡司選手の走りでしたね。
ゴール後落車をしてしまっていたので心配でしたが、何事もなかったかのようにインタビューを受けていたので一安心でした。

これで早くも年末のグランプリに南関東勢が2人確定しています。
今年はまだ半分ありますが、埼玉勢そして関東勢も負けず劣らずの勢いがあると思いますので、是非とも頑張っていただきたいです。

 

白岩大助

大偉業!

北井選手おめでとうございます!

Jリーグから競輪選手への転身、スピードスケートから転身した武田豊樹選手はおりますが、他のプロメジャースポーツ選手からタイトルホルダーになったのは北井選手がはじめてです。

とても素晴らしいことで他のスポーツ界にも大きな影響を与えてくれると思います。

北井選手と言えば日々の猛練習により作り上げたその肉体により誰もが強いと認める力強い走りでレースを支配します。

副支部長の言うように、いつかタイトルを獲れる可能性を秘めた選手だと思っていましたが、思ったより早くチャンスが来て、そしてそのチャンスを自らの力で掴みました。

これから更に高いステージでの活躍が期待されます!
他地区ではありますが正に『北井に期待ですね笑』

埼玉地区にも期待ですよ!

話は変わりますが7月に入り125.126期生の本デビューとなりました。

埼玉支部からは男子は森田一郎選手、女子は中島瞳選手をはじめ期待の新人選手達6名が活躍してくれると思います。

埼玉支部のS級選手も今期は39名と今までで1番多いかも知れません。
底上げも確実に進んでいます。

平原選手の日本選手権優勝からさらに支部の士気が高まっていますのでここからサマーナイト、そしてオールスターとビッグレースでの活躍を期待しています。

年末のGPに平原選手と一緒に出場する選手があと1人、2人誕生してもらいたいですね!

B面はこちら

105話B面『己の精神レベルについて考える(笑)』

う~~…
きょ~もムシあついなあ~…
そういえばタナカセンセェは、去年電気代ケチって熱中~症でたおれてるんだよね?
今年はケチっちゃだめですよ

ハッハッハッ
もちろん、今年は十分注意するよ

去年、いきなりクラっときて倒れたときは本当にあせったもん
それまで、そんな経験なかったからね

今年の夏も猛~暑って予想されてるみたいだし、本当に注意してよ!

突然の訪問者

まあ 今さらだけど、ぶっ倒れを経験しちゃうなんて、肉体の方は着々と衰えていってるってことなんだろうね。

たださ、以前から度々話しているけど、不思議なことにそれでも精神レベルってのはなぜか若い時のまま、ほとんど変化がないんだよね。

そういや先日だって こんなことがあったもん。

60代後半の知人がオレん家に立ち寄って下さったんだけど、オレもその方も やっぱり若いときのノリそのままだったような気がすんの。

晩飯作って、さあ食おうとした瞬間だったんだけど、突如携帯が鳴ったのね。

「今、〇〇にいるんだけど、これから寄っていい?」

以前、ものすご~くお世話になった方なんだけど、最近は結構ご無沙汰してて、今は電話で年に数回話す程度。
下手すりゃ2年くらいは会ってなかったかもって感じだったのかな。

だから、ちょっと驚いちゃったのと同時に部屋も散らかってたんで一瞬はあせったのよ。
でも

(まあいいや、男同士だし…)

ってことで

「OKです!」

と即返事。

特に用事はないんだけど…

さて、到着して話を聞くと、前日、その方が別の方と電話で話をしていて たまたまオレの話が出たんだって。
んで、会いたくなって会いに来た。

ただそれだけのことだったらしいんだけど、こういうのって まさに若いときの行動パターンって感じしない?
「無計画かつ思いつくまま」ってやつ…

お互い

(会いたいな)
(会えるなら嬉しいな)

ってくらいの感情しか頭にないから、他の理屈はどうでもよくなっちゃうんだよね…

というわけで、さて、お見えになったのは夕方6時過ぎた頃だったのかな…

久しぶりって事もあって話はメチャクチャはずんだね。
あ~ゆ~ことや、こ~ゆ~ことや…

いつものことだけど…

 

でもさ、ふと時計を見たら なんと深夜1時。

(あっちゃ~、いけねえ!)

とは思ったけど、こういうことも昔からしょっちゅう。

とにかく、オレとしちゃあすごく楽しいんで、だったらべつに朝までだっていいやって気分にもなっちゃっててさ…
次の日のことなんて、今更どうでもいいし…
(まさに、行き当たりばったり、かつ い〜かげん)

それに、相手の方だって今さらカアちゃんに気を使うような歳でもないでしょ…

というより、その方の家にはオレも泊まりに行ったこともあるくらいなんで、おカミさんの性格も多少は知ってたからね。

…と思ってたら、その方は

「やばい!」

と言って、あわててお帰りになられたの。

まあたしかに、序列としてはおカミさんのほうが上って家庭の人ではあったんで、まだその習性が抜けてなかったのかな(笑)

ちなみに同居人がいた頃のオレの場合は、こう。

「ちょっと知り合いんとこ行ってくっからよ。早く帰ってくっから…」

と、真っ昼間から出かけていって、帰りは次の日の昼頃…
なんてのが常…

まあ、めったに外出できないからってのもあったんだけどね…

肉体と精神は別モノ?

でね、お見送りしながら最初に触れたようなことを、改めて思ったわけ。

(あいかわらず精神年齢は変われてねえな…)

って…

今回のこういうのだって、高校生くらいの頃、行き当たりばったりで誰かの家に遊びに行って そのまま時間忘れて くっちゃべって

「やべえ、母ちゃんに怒られる!」

ってのとまさに一緒(笑)

間違いなく年齢と肉体は老人となっているのに、結局今も こんな風なままなんだよな…

会話の内容だって毎度のことながら、自分が若い頃イメージしていた「年配の人同士らしい」ってもんじゃなかったし…(笑)

ひょっとして精神レベルってのは、肉体と違って どれだけ歳を重ねても不偏ってことなのかね?
それとも、オレやオレの周辺にいる人たちだけが特別なんだろうか…

精神的にも行動的にも、大人になるって難しいもんなんだね。

まあ、
「三つ子の魂百まで」
ともゆ~しさ…(笑)

まあ、そのフレーズが意味合い的に合うのかどうかはわかんないけど、少なくともオレの精神レベルってのはいくつになっても驚くくらい変われてないんだよね(笑)

ところでさ、年配者同~士とは思えない会話って たとえばどんな内容?

競輪でいくらやられちゃったとか、どこそこで女の子にふられちゃったとか…
みたいな?

ハッハッハッ
さすがに、それはないな(汗)
相手は、お孫さんまでいる人間だよ
たしかにバカ話ばっかではあったけどさ…

あっ、でも待てよ!
ほんの少しなら年寄りらしい会話もあったかな…

たとえばこんな言葉に共感し合えるのって年寄りならではだと思わない?
「人間は誰しも、何事にも初心者」
「体験しミスをすることで物事を知り、ミスを重ねることで成長する」

あわてて ごまかそ〜として…
でも それって、やっぱりソンした話とふられた話をしてたってことじゃん(笑)

ハッハッハッ
バレたか

はい!
とゆ~わけで、今回は あまり ながくならないうちに、そろそろおひらきにしたいと思います。
奥さまがいらっしゃる方、センセェん家にいくときはくれぐれも帰りの時間に気をつけてくださいね。
「でわ!」

あたりイラスト

 

A面マンガにもどる