はじめに

「埼玉県および西武園クラブ所属選手」、「大宮・西武園記念優勝選手」、「G1・GP優勝選手」等の選手登場まんがと、「西武園クラブOB・関優勝(37期)」の何でもネタまんがを交互に更新しています。

72話 井上善裕『やさしいやさしいイノウエさん♡♥』

シクシク、ぐっすん…
こないだあたし、上司にしかられちゃいました。

でもね、井上ヨシヒロさんがやさしくなぐさめてくれたの。
うれしかった…

井上善裕

井上善裕

ゲッハッハッ!

おい、あたり!
おまえ何やったんだ?

ひょっとして横領でも発覚したのか?
それとも備品でもくすねたか…

ばか…

あたし…
もう、この仕事やめちゃおうかな
むいてないかもしんないし…

お、おいおいおい…(汗)!

おまえ何があったか知んねえけど、「石の上にも三年」って言葉もあるだろうよ
辛抱して働けば少なくとも3年分の金は手に入るし、バレさえしなきゃ何やったってよ…
あっ、そうそう!
い、井上の言う通り、人間ってえのは何も言ってもらえなくなることの方がだな…

アッハッハッ
ジョ~ダンだよ~ん!

でもさあ、センセェもけっこうやさしいんだね
あっ、それからあたし、もうこの仕事について3年どころじゃないからさ
アッハッハッ

こ、このヒキガエルのションベンヤロ~…

ウッヒッヒッ
ところでセンセェ、井上さんへに関するコメントはいいの?

ふん、バッカヤロ~…
なにが井上だ…

いいよ、も~
あいつのことなんて、ど~でも!

おい、白岩と新井!
てきと~になんかしゃべっとけ!

はあ~…
関さんにすら何も言ってもらえないなんて…
オレもう完全に終わりかも…

新井剛央

いつもお世話になってます

お父さん(28期 三次さん)や弟さん(88期雄三)をもつ競輪一家ですね。

お父さんである三次さんは、東松山市で「イノウエレーシングサイクル」を経営なさっていて、競輪選手御用達の自転車屋さんです。
自分も大変お世話になっております。

昔からロードが大好きでよく遠乗りしている話をよく聞きます。
最近では、自分も本当に驚いたのですが、青森まで3日間かけて(1日あたり約260キロ)自転車で行ったそうです。
競輪選手の他に、大宮競輪場の開催指導員としても永らく活躍なされています。

人当たりもよく話の対応の仕方が優しい方なのでレースの合間やレース後に映像を見ながら開催指導員室でレースの話や自転車の話、支部の話や個人的なことまでいろいろとお世話になってます。

ホント、井上さんっておやさしい方ですよねえ~
╹◡╹)♡

白岩大助

井上さんってスゴい人ですよ

副支部長もお父さんと弟さんが競輪選手でしたので境遇がとてもわかるんじゃないでしょうか。

副支部長もとても人当たりが良く優しいので共通しているところもある気がします。

さて井上善裕さんはロードレースも走れる競輪選手。

ロードレースといっても国内で上位クラスのレースも走れるので本当に凄いんですよ!

さいたま市では「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」という大会が行われていますが(2020.2021年大会はコロナの影響で中止)2013年の第1回大会に競輪選手代表として井上さんが走りました。

フルーム、キッテル、サガン、ルイコスタといった超一流選手に食らい付き、競輪選手として唯一完走しました。

目の前で観戦していましたが、本当にカッコ良かったです!

普段はお店のお客さん達と早朝トレーニングがメインのようですが、今はズイフトと呼ばれるオンラインでのバーチャルトレーニングにもハマっているようでさらに脚力を付け進化しています!

さすが支部ちょ~!
ヒトをよくみてますねえ~~!
ダ~リン♡♥も、井上さんど~よ~
ホントにやさしいのよねえ~~~
(*≧∀≦*)

オレだって井上選手には2~3年前だったかの西武園記念で優しい言葉をかけていただけて、とっても嬉しかったの覚えてるよ

裏話はこちら

72話B面『おこられるのってしあわせ?』

きのうは(10月24日)は寬仁親王牌の決勝戦
\\\\٩( ‘ω’ )و ////
でも、このブログの制作は更新日のかなり前なの
(*^_^*)

どなたがユ~ショ~したのかな~?
(*´`*)

説教、注意に感謝

さて、A面に出てきた

『何も言われなくなったら終わり』

と言うセリフ

オレもよく怒られたり注意受けたりしてたよ。
30過ぎても、40過ぎても、50過ぎても、60過ぎてもさ…

年上の方々にはもちろん、10歳、20歳下の方達にまで…

「おまえはアホか!」
「いい歳して何やってんだ!」
「センセェ、その考えはおかしいですよ!」
「だからセンセェはダメなのよ!」
「おっちゃん、そんなことも知らないの!」…etc

「はいはい、ど~もすいません!」

そういや一昨年、我が家での飲み会で、桜井(久昭/28期・OB)さんにはこういう注意も受けたっけ…

「おまえは、ちゃんとテーブル拭いてるのか!」

20年くらい前も西武園の道場で雑巾掛けしろって怒られたけど…

でもさ、何も言われなくなるだけならまだしも、相手にすらしてもらえなくなっちゃたらそれこそ悲しいじゃん。
イコール、信用、信頼を失ったってことでもあるわけでしょ…

そう考えると、何か言ってもらえるってのは、成長を期待されている、情を持ってもらえてるってことなんだから、やっぱありがたいことだよね。

おい、そりゃちと違うんじゃねえか

えっ?

怒られる人たちって…

たとえば今、世の中で色々言われたりしてるのってどんな連中だよ?
チンカスのあたり、言ってみろ!

チ、チ○○ス……⁉︎

ったくも~…
え~と、今だったら、まずは…
あっ…!
ちょ、ちょっといえない…(汗)

え~とえ~と、それからそれから…(汗汗汗)
そうそう!
せ~じ家さんとかお役人さん!
官りょ~さん…
なんとかかんとかい~ん会とか、その上のほ~の人とか…

そ、それから
テレビ、しんぶん、ざっし…
も~、いっぱいいすぎてわかんな~い!

ほんじゃ今度はタナカに聞くけど、そいつらってそもそも信用信頼されてた連中か?
それから、おまえ、そいつらに情は持ってるか?

えっ、えっ……⁉︎

情の有る無し関係なし

た、たしかに相当前から信用、信頼が失われてる方達や身分、存在でも、今もって色々言われ続けてますね…
で、多分これからも延々…

それに、情を持ってるかったって、そもそもアカの他人だし…

よくよく考えてみりゃ、気にくわないヤツ、大嫌いなヤツにも色々言ったりってパターンも普通にあるもんな…
というより、ゆえに言いたくなるというか…

あっ!
ってことは、つまり…

センセェがしょっちゅうおこられてたのは、そ~と~キラわれてたからかも!

うっ…!
言われてみれば…
あの編集者の、あの時の物言いの仕方とあの目…

おい、あたり!
おまえの上司も
「おまえが嫌いで!」
「おまえの存在がうっとおしくて!」
「おまえに消えてもらいたい!」
から、したくもない説教わざとしたんじゃねえのか?

………

でもさあ…
心底嫌いな存在のことなんて考えることも関わることもイヤじゃん。
やっぱ嫌われたから何も言われないってパターンの方が多いんじゃないかな。

そうそう、そ~だそ~だ!
色々言われてるうちは、まだ見捨てられてないってことなんだ。

だからやっぱり、いいことなんだよ、あたりちゃん!
おたがい安心して怒られようぜ!

ほ~…
ってことは、今、世間で大騒ぎになってる出来事の登場人物たちは皆、そういうことだと言いてえわけね?
信念持ってコロコロ言うこと変える世界の方々とかよ…
それから…
グヘへへへ

も~、うるさい!
このハゲっっっ!

昔、予想屋さんが言ってました
「オレは『信念持って』って言ったんじゃなくて、『知んねえもん』って言ったんだ!」

というわけで今回もけ~りんと全然カンケ~ないお話で
お~くりしました~

A面マンガにもどる

SR36話『と~ひょ~しましょ』

さわやかな秋まっただ中の今日このごろ
╹◡╹)♡
10月21日からは寬仁親王牌、そして、たぶんその後に衆院選。

みなさま、ちゃんとどっちも投票してくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なやむよね~

センセェもさ~、いちお~国民の一人でしょ。
どっかの役所かけこんで選挙行けばいいのに…

あかるい未来のためにもさ~………

だいたい金の無いオレが、なんでわざわざ国民から金ふんだくれる権利狙うやつらの名前書くために体動かさなきゃなんねえんだよ!

う~ん…
そ~言われちゃうと、あたしもなんだか…

そういや昔
「なんで選手のステーキ代、オレが出さなきゃいけねえんだよ」
ってブツブツ言ってたお客がいたっけ(笑い)

選手と政治家

とにかく選挙なんてのは、要はアカの他人の金儲けの手助けみてえなもんだろ。
誰がそんなもんに手を貸すかってんだ!

とは言うもののさ…

今、アカの他人とは言ったけど、ある部分ではあいつらも他人とは思えねえってとこもあんだよな。

政治家と競輪選手っていうのは似たような稼業でもあっからよ。
あいつらは国民から、オレたちは客から

「役立たず!クズ!」

「ウソつき!」

「税金(賞金)ドロボ~!」

って忌み嫌われながら金を得る商売…

家畜と一緒

もっともこっちだって客のことなんぞハナから相手にしてねえし、あいつら政治家もおそらく同じ。

国民のことなんてこれっぽっちも興味はねえし、頭にあるのは常におのれの利益と幸せのみ。

そりゃそうだよな!

そもそも客や国民なんてもんは、我々にとっては金運んでくるってだけの言ってみりゃ家畜みてえなもん。

まあ、それでもさ、たとえ家畜でも従順ならかわいくもあるよ。
黙ってオレたちのために尽くしてくれんのなら。

けど、あいつらときたら常に誹謗中傷の雄叫び三昧。
そんなヤツらに情なんて湧くわけねえよ。

まっ、家畜である以上死に絶えられても困るから最低限のエサは与えて生かしといてやるけどさ…
客の場合は2割5分差し引いてな!
ハッハッハッ!

基本はライン戦

さて、競輪選手と政治家が似た稼業っていえるもうひとつもついでに言うと、仲間集めたり若い衆育てたりするってところ。
もちろん、それも全てはおのれのためよ。

何やるにしても一人じゃ色々難しい部分もあるしトカゲのシッポってのも必要じゃん。

で、仲間集めて何すんだってえと、基本的には仲間内で密談繰り返していかに敵対勢力潰して富を身内で独占するかってことを考えるの。

けど、最終的にはみんな自分が一番大事だから、最後は仲間を騙してでも自分が儲かるよう動いちゃうんだけどな
ヘッヘッヘッ…

そもそも仲間ったってメリットがあると思うからこそ繋がるんであって、そうでなくなりゃ縁切り、ポイ捨て。
必要なのは利用価値のあるやつのみ!

なっ!
どうだい完璧に同じだろ?
グヘヘへへ

 

はあ~~~ぁ…
じぶんがおつとめしてた世界をそこまでゆ~か…

あっ!
でもさ、競輪せんしゅと政治家のセンセェが同じってことは、あたしたち競輪ぎょ~かい職員は官リョ~ってそんざいかしら!
なんかエリ~トになったきぶん!

ハッハッハッ
お前もやりたい放題できるじゃねえか。
選手と違って証拠隠滅も自由自在。
よかったな!

B面ざれごとはこちら

SR36話B面『人間は犬に似ている』

A面はたいへんシツレ~しました
>* ))))><
け~りん関連のブログなのにカンケ~ないこと話題にしちゃいましたね。

と、ゆ~~わけで、仕切り直し!
では、このブログにふさわしい話題!
「タナカセンセェ!
ど~ぞ~~~!!!」

タナカのざれごと

300年前のつぶやき

『一般的に人間は犬に似ている。他の犬が遠くで吠えるのを聞いて自分も吠える』…

ちょ…
ちょっと、ちょっと、ちょっと!
い、いきなり何を言いだすの…

アッハッハッ!
これは、フランスのヴォルテール(1694~1778)という人が言ったセリフ。

A面で選挙の話が出てたからってわけでもないんだけど、最近、この言葉が頭に浮かぶことが多くてさ。
今月に入ってからも、さらに世の中いろいろと騒がしいことが続きっぱなしじゃん…

で、思わず思い出し笑い。

「なるほどなあ…」

って。

人間の習性?

この人の面白い言葉をもう1つ。

『人間は言うことが無くなると必ず悪口を言う』

これもメチャクチャ笑えちゃうでしょ。

ところで、ヴォルテールがこういった言葉を発したってことはさ、少なくとも300年近く前から悪口を言ったり吠えたりって人が数多くいたってことだよね。

で、現在に至ってもほとんど変わってないってことは、コレひょっとして人間の習性なのかもよ?

「それじゃ仕方ねえわな…」

って安易に結論出すのも悲しいけど、やっぱ仕方ないんだろうね。

そもそもオレ自身、そういう部分で過去何度も失敗してきてるし…

ただ、それを自覚して後の言動に注意するってのは大事なことじゃん。

というわけで、まずは自分自身が改めて気をつけていかなきゃって思う今日この頃です。
アハハのハ…

う~ん…
人間社会ってどんどん変化や成長してってるはずなのに、そういうぶぶんではあんまり進歩できてないのかな…?
でもさ、『習性』て言葉だけではたしかにあんまり片づけたくはないよね…

300年経っても犬に似たままじゃね(笑)

広島の工(正信/55期)じゃあんめえしな
ハハハ

アッハッハッ
そういや工選手はたしか競輪学校時代、同期の方達から
「顔、特に目が犬に似ている」
って感動されてたって話でしたっけ?

ホ、ホント⁉︎
で、でも、たしかにお若いときはカワイイおめめだったかも…

え~い、はなしをもどしましょ!

と、とにかくさ、人間はがんばっていろんなぶぶんでもっともっと変化、進歩しなきゃいけないよね
ジェンダーとかの問題だって、まだまだじゃん
女はホントに苦労~されられてきた歴史があるし…

仕事や役わり的ぶぶんなんてとくにそうよね
家事や子育ての負担だってむかしとそんなに変わってないようにも感じるし…

バカぬかせ!
今の若い選手なんて、どいつもこいつもカカアの尻に敷かれているヤツらばかりだぞ
オレが現役の頃なんて女房子供なんざ敵と見なしてたくらいなのに…

今は女性も声をどんどん上げるようになって立場も上昇、頑固オヤジってのはなかなか成立しづらくなってきたかもね…

ちょっと~~!
今だってまだ女の立場はぜんぜん弱いよ~!!!

ほ~…
じゃ聞くけどな、あのどっかのお嬢さんの主張に口を挟めた存在がこの世に存在したか?
この近代日本でよ…

あっ、なるほどたしかに(笑)

う~ん………
それとこれとは…

「女の敵は女」ってやつだな
ゲッハッハッ!

こんなつぶやきも

あっそうそう!
ついでだから、最後にヴォルテールの言葉の中で有名なのをもう1つ紹介しとくね。

『あなたの意見には反対だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る』

あら、こっちはギャグっぽくないのね
でも、たしかに異なる主張の封殺とか弾圧とかってぜったいダメだよね
ふ~いんやインペ~もだけどさ…

叔父と父親の主張は守ってもらえなかったけどな

も~、バカっっっ!

いろいろ学べた騒動

ハッハッハッ
今、世の中で一番大騒ぎになっているのはきっとそれの問題かもね。

報道とか聞いてると、そもそも父親はちゃんと娘の話を聞いて希望も認めて、そのかわりの条件を出し、大きな存在である叔父もそれに賛同してたとのこと。

で、娘はそれに対して、その条件を果たすことなく先に自分の希望のみを実行しちゃったと。

なもんで父親側は全面的には承服できず、それに関わる儀式等をとり行わない決断をせざるを得なかったってことなんでしょ?

その情報のみで考えるなら、オレの価値観だと、父親側の判断が正しくて娘が間違ってるように思えるね。

父親側の条件を果たしてからにすれば良かったんだから。
そういう約束だったんだろうし。

もし、それがなかなか難しくなってしまったというのなら、いきなり事を進めず、そこでまた親子でより良い方向を相談するって方が良かったような気がするけど…
ちゃんと儀式も行えるようにさ。

とにかく今回の件で一番傷つき気の毒だったのは父親側だったんじゃないかとオレは思っちゃうね。
ただ、それでも父親側は今回の騒動の一つの結論はキチンと出してくれたかなとは思ってんだけどさ…

儀式等をとり行わないって事は、イコール…

ってことでしょ?

まっ、いずれにしても今回のこの騒動、意見の交わし方、批判と誹謗中傷の違い、異なる主張の封殺と弾圧ってものについて改めて考えるいい機会にはなったのかも。

オイオイ…
おめえが、どの口でそれ言えるんだ?

ホント、えらそ~に!

早速、主張の封殺と弾圧が始まっちゃった(笑)

とゆ~わけで、こんかいは最後の最後までケ~リンとはカンケ~ないお話におわってしまいました。
ゴメンなさい(-_-;

でも、これからニッポンってホントどうなっちゃうんでしょう?
お国があってのケ~リンですから…

71話 金子哲大『先行屋!読みと勘』

は~い!
今回、ごと~じょ~は埼玉のほこる…
かもしれない、金子哲大せんしゅで~す
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今日は先行せんしゅならではのお話をうかがってきました~
♫パチパチパチ~♪

金子哲大

金子哲大

さらに上での一発期待!

ハッハッハッ!
マンガの中じゃ一杯食った金子だけど、実際のとこは流れをつかんだりタイミングを計るのも上手な男だぞ。
最近は若いモンうまく騙して駆けさせるなんてこともやってるけど、まだまだ自力での先行捲りの破壊力は十分。

宿口(陽一/91期・埼玉)もでかいの一発やっちまったけど、金子だって他人騙すテクニックをさらに磨けばG1での活躍だって大いに有り。
32歳なんてまだまだ全然若いんだから、とりあえずは記念でもっと大暴れ出来るようになることを期待してえな。

埼玉主力の一人としてがんばれ!

新井剛央

前も後ろも大丈夫!

金子くんといえば、身体のバネを活かしたダッシュ力でグレードレースでもたくさん活躍しています。
抑えて先行もするし、前受けからの突っ張り、引いてカマシ先行となんでもやるイメージですね。

最近のレースでは、若い自力選手に前を任せたりしているのを時折見かけます。
周りもレベルが上がって大変ですが、チャンスを活かして、これからもグレードレースで活躍してもらいたいですね。

余談になりますが、いい身体してるので食事とかも気をつけているのかと思ったら、まさかの野菜嫌いでほとんど食べないそうです、、、笑

白岩大助

金を取った男!

金子哲大選手は同じ練習グループで彼が高校生の時から知っています。

今現在も競輪選手の中ではスマートな方ですが、高校生の時はとても細くて、本当に競輪選手になれるのか?心配していました。

しかし、のちに95期生の同期生となる相川永伍選手(95期・埼玉)と共に自転車はもちろん、ウエイトトレーニングの猛練習にしごかれ逞しく成長していきました。

彼が競輪学校(現競輪選手養成所)在学中のエピソードですが、記録会があったある夜にたまたま僕が金子選手の師匠の飯田威文選手(67期・埼玉)と食事をしていて金子選手から師匠に記録会の報告の電話が入りました。

競輪学校では記録会のタイムによって金、白、黒、赤、青とランクが分かれています。

その時の電話で金子選手は金を取ったと言うのです。

その時、飯田さんはもちろん僕も正直、彼が金色のゴールデンキャップを獲得するだけの能力があるとは思っていなかったのでビックリしました()

飯田さんが

「金は何人いたの?」

って本人に聞き返したら

「僕1人です」

と金子選手。

67期性から始まったゴールデンキャップ制度。
ましてや埼玉から初めてのゴールデンキャップ。

そして67期〜95期が2000人以上いた中で金子選手はなんと9人目。
本人には大変失礼な話ですが本当にビックリしました。

目指せ!G1常連

デビュー戦が千葉競輪となり、たまたま僕も同じ開催となりました。

ゴールデンキャップを獲得し大注目の彼はとても緊張していたので

「みんなから注目される事をプレッシャーに感じる必要は無いけど、名誉あるゴールデンキャップを獲得したプライドはしっかり持てよ!」

と伝えた覚えがあります。
覚えてないと思いますが
()

性格的には闘争心が強いタイプではなくマイペースで突き進むタイプ。

能力的にはG1常連であっても不思議では無いのでちょっと歯痒く感じていますが、埼玉の金子選手に年が近い世代はそのような選手が多くいます。

しかし最近、埼玉から強い若手選手がドンドン誕生してきています。
さらに埼玉が盛り上がるように金子選手の世代が若手選手に刺激を受けながら一緒に成長しGレースで活躍してもらいたいと願ってます!

裏話はこちら