セカンドレーサー11話『あ~!も~~やっ‼︎』

異様な暑さも少しずつおさまって、ようやく過ごしやすくなってきたかなって時に何をいきなり「も~やっ‼︎」なんだか…
本当に、女と選手の頭の中は想像つかんぜ…

おい、あたり!
こう言っちゃなんだけどな、オレが現役やってた頃はボートでもパチンコでも真昼間からやりに行くってのが礼儀だし、酒だって日が暮れてからってのがマナーだろ。

となりゃあ練習の方をそっちに合わせるしかねえじゃんよ。

お前だって、もしシンイに茶でも誘われたら仕事休んででも行くべ?

事務所やめたっていきます!!!!

こないだの西武園だって、三日間あたしのためだけにがんばってくれて①②❷だったんですからねえ~♪()♪

もし優勝してたら、あたしきっと死んでました♡♥♡♥♡♥

とはいえ、あたしのシンイ♡さん…いつもそっけないんだよなぁ…(._.)

やっぱり、あたしより競輪のことの方が気になるのかしら…(´・_・`)(´・_・`)(´・_・`)

と言いつつ、そういうところもステキ♡♥なんだけど(^O^☆♪

それにひきかえ、センセェはじめむかしの選手の方たちって…( ̄^ ̄)

な~んてね♪()♪

ホントはあたし、センセェたちの時代の選手のみなさんも、そのずっとずっと前の選手のみなさんたちも練習練習の日々をおくっていらしたっていうのちゃんと聞いてるんですよね♫

もちろん、センセェみたいな人も中にはいたんでしょうけど…

おい、あたり!

あら、長電話、長話のサクライ(桜井久昭/28期・OB)センセェ⁉︎

お前は知らんかもしれんが、関だって現役時代、特に20代から30代、ああ見えても本当によく練習してたんだぞ。
バクチでやられた金取り返すためだったのかもしれんが、そりゃも~凄まじい執念見せてな…
お前も一応この業界の人間でもあるし、競輪ってのは練習しねえやつが勝てるほど甘くはねえってことだけはキッチリ認識してもらわんと困るんだ!
仮に競走参加前にとんでもねえ猛練習したとしても、それで即どうにかなるってもんじゃない。
例えば、今やっていることの効果が出てくるのなんて何ヶ月も後からのこと。
現状維持でさえ、同じことを毎日コツコツ積み重ねてはじめてなんだ。
毎日やってるヤツか、やってねえヤツか…
んなもん、特に※固有点制時代なんて「月刊競輪」の競走得点一覧の動きを毎月眺めてるだけでもそこそこ見当はついたもんさ。
やってるヤツは、まず得点の乱高下が少なかったわな。
とにかく、やるヤツはやるし、やらんヤツはやらん。
S1だろうがB2だろうがよ。
けどな、それでもやってるから勝てるとも限らねえんだ。
やってねえヤツが勝てることはありえねえけどな…

そ、そうだったんですね…
セ、センセェもホントはがんばり屋さんだったんだ………
ちょっと…
っていうか、かなりショック!!!

※固有点制→旧時代の競走得点制度。大変荒っぽく例えると、円周率は3.00的に作られているのが現在の貼り付け点制。3.14的に作られていたのが固有点制。

ねえねえ、センセェってさあ、ふまじめなだけじゃなかったんだね?

あったりめえだろバカ‼︎
オレだって常に真剣勝負の日々を送ってた人間なんだ!
今だって変わってねえぞ!
常に金がかかってるんだしよ!

はいはい、そ~ですね!
わる~ございました!

ところでお前、シンイが優勝したら本当に死ぬのか?

⁉︎
もちろんですよ♡♥
つきあってる彼氏が、たとえ社長になっても死なないけど、シンイ♡さんはあたしにとって特別なの(*^o^*)

お~い、シンイ~!
一日も早く優勝してくれ~!!!
ところでお前、つきあってる彼氏なんていたの?

ナイショ♥♡♥

それにしてもホントやんなっちゃうよな~!
あたりみてえな未来のクソババアにまで不真面目な人種と認識されてたなんてよ…

さっき桜井さんが言ってくれてたように、オレだって現役時代それなりにやることはやってたんだからさ!

例えば、当時は豆腐屋も選手も似たようなもんで、早朝からの練習なんて当たり前、日の出前から開始ってのも普通に多かったんだ。

昼間は昼間で、選手はグラウンドか街道。

豆腐屋は町内回って豆腐売り。

 

あっ、そういや今思い出したけど、漫画描いてるタナカが、選手の早起きで一回被害食らったって話をしてたことがあったっけ。

あいつがまだ「ギャンブルレーサー」連載してた頃の話なんだけど、仕事柄、寝るのはかなり遅い時間って方が多かったんだって。

で、ある日、布団に入ってようやく眠りに入った頃ジリリリンと突然電話がなったんだと。

夜中の3時か4時頃だったらしく、いったい何事だと飛び起きて電話に出たら、相手はなんと当時の大スター、清嶋(彰一/40期・OB)さん。

「い、いったいこんな夜中に何ですか?」とタナカが文句言ったら、清嶋さん…

「バカヤロてめえ!こんな時間に寝てるとは何事だ!オレはもう練習始めるんだぞ!」

清嶋さんて人は基本的にこの世の全ては自分中心に回ってるんで、自分が起きている時はこの世の全てのモノは起きて活動してなきゃいけねえし、自分が寝ている時は例え夜勤の人間でも寝てなきゃいけねえんだ。

発電所だって、清嶋さんが寝ているときはストップ。

ゆえに自分の知っていることや、好き嫌い…

とにかく何でもかんでも、全人類、犬や猫、ボウフラに至るまで同じで当然。

ある時、タナカが清嶋さんの好きな歌手のことを知らねえと答えたら、「てめえ、それでも人間か!」って怒鳴られたんだって。

歌うたって聞かせながら、「この曲、聞いた事がない人間なんて世の中いねえぞ!」

ったく笑わしてくれるよな。

オレだって、そんな曲知らねえってえの…

おっといけねえ!

早朝練習の話でもしようかと思ったら脱線しちまった。

でも、ひょっとしたら、こういう話の方が皆さんには面白えかな?

もう長くなっちまうから今回はやめとくけど、せっかくだからそのうちまた、他にもタナカから聞いた、あいつが選手から色々食らったって話を聞かせたるよ。

あいつ、本当かわいそうだったんだぜグヘヘ…

ってことで、ハイおしまい!

いいなあ~♥♡♥
あたしもシンイ♡さんに夜中に電話で起こされてみた~~~い(**)

オイオイ、そんなこと言ってっと桜井さんから電話来ちゃうぞ!

キャーやめて~((((;゚Д゚)))))))
あたし467時間も電話で話すの、や~!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です