50話 松浦悠士『アタマ使ってるよ~ん~♫~』

親愛なる皆さま~!
~12月10日を過ぎたのよ~!

ちゃんと、お金と頭使ってます~?

12日から西武園のヒラ!
16日からは大宮でS級があっから、GPのことはひとまず置いといて、どんどん使っちゃいましょ~!

同じ金なら女房子供につっこむより、穴にでもつっこんでドブに捨てちゃう方がなんぼかマシでしょ!

松浦悠士 松浦悠士

G1初制覇の松浦悠士。
もう29歳なんだな。

プロフィールを見ると、タイトルを手にする選手としては出世は決して早い方じゃねえけど、じっくりコツコツ上がってきたって感じだよな。

で、上に上がってからは、完成度の高い自在選手として安定した走りをきっちり見せてくれている。

下で走っていた時代から日々ず~と地道に鍛錬重ねてたんだろうな。
でなきゃ上で活躍なんてできるわけねえもん。

遅咲きのコツコツ型ってのは、オレが思うに根が本当に真面目でストイックってやつが多いような気がするんだ。
ほんで、こういうやつは結構長持ちすんだよ。
成績的にも選手としても。

実際の松浦が本当にそのタイプかどうかは知らねえけど、きっとそういうタイプじゃねえのかな…

ところでさ、お前らにとって、「こいつの真面目さ、ストイックさには負ける、尊敬できる」、みたいな存在がいたら、エピソード込みでちょっと紹介してみてくんねえか。

現役、OB、場合によっちゃ他県の選手でもいいからよ。

新井の場合は、親父(新井正昭/31期・OB)さんだっていいぜ。へへへ
あの人も典型的な「ザ・競輪選手」だったかな。
滅多に口は開かねえし、いつも気迫みなぎらせてるタイプで、ストイックってセリフも似合う人ではあったかも。
選手としての晩年の頃からは同じ人間とは思えないくらい丸くなったけどさハッハッハッ

地道にコツコツという選手をひとり挙げるとしたら、それは間違いなく僕がデビューしてから20年お世話になってきた小沼良選手(68期・埼玉)です。

僕が小沼さんを知った時にはすでにA級の優勝の常連者でA級1位でS級に上がる頃でした。

しかしずっと強いのかと思っていたらB級の時代が長く少しずつ実力をつけて上がってきたとの事でした。

練習に対しても真面目でコツコツ、練習も休まず8つ年上の先輩ではありますが体力がハンパないですね!

レースも追加、補充も断らず年間と月間の出走記録を持っています。

そして競輪のみならず自転車が大好きでロードレースやトラックレースの自転車競技大会にも出場し、45歳で1000mTTで自己ベストを作ったくらいまだまだ進化しています。

そして奥様も自転車競技をされていて女子のマスターズ大会を優勝するほどの実力者。
御夫婦共に素晴らしい選手です。

僕も少しでも長く競輪選手として、そしてより高いグレードで走れるよう地道にコツコツやって行きたいと思います。

現役時代、小沼とは何度か同乗したな。
でも、あいつはいつも不信感丸出しの顔でオレを見てやがってよ!
今でもオレの姿見かけるとあいつ逃げんだよな。
マーク屋のくせに…
ただ、今現在もS級で頑張ってるってところは本当に大したもんだし立派だよ。
まだまだ粘ってほしいな、ウン!

それではリクエストに応えて自分の師匠でもある親父の話を(笑)

でも、親父の話を語り出すと長くなりそうですが、、、(笑) 

なんとなくわかると思いますが、あまり父は、あーだこーだと言う人ではなかったです。

アマチュアの時は基本的に休みはなかったですけど、たまたまあった同窓会で、深夜に家に帰ってきた時に師匠から「今日は休め」って言われたのをいまでも記憶しています。
正直驚きましたし、いまでも鮮明に覚えています。

師匠は、とにかく練習に関しては休まない人でした。
グループでいつも行くコースを例え1人ででも、競走終わった次の日とか関係なく常に自転車に乗っていました。

子供の頃から見てますけど、自分が一競輪選手となって改めて師匠の偉大さをすごく感じました。(実親ですが、、、。)

師匠が書く色紙に(いまはわかりませんが)努力と言う言葉があります。
その言葉を胸におき、それをいま自分に置き換えて日々の精進の糧にしています。

目標はすごく高いところにおりますが、一歩でも近づけるようにこれからも頑張りたいと思っております。

オレは昭和51年4月のデビューなんだけど、親父さんはちょうどその前の月、3月のダービーで優勝した人なんだ。
こっちは、これからまさに選手として走るって直前の時だから結構印象に残っててさ…
ほんで、特別競輪を優勝するとあんなに金を握れるんだってさらに闘志を掻き立てる原動力ももらえたんだけど、最初の頃はやっぱ「おっかねえ~」って感じで近づきづらい人だったな。

迫力があんだよ。
独特の…
新井さんに限らず、当時の最高位A1の人たちってのはそれぞれみんな特殊なオーラーを放ちまくっていたんだけどさ。
で、「こういう人達と戦って勝たなきゃ、あの金手に入れられねえんだ…」
って考えると、正直、ちょっとビビったりしてね…
でもよ、ビビったままって訳にもいかんべ。
あの迫力に呑み込まれねえようにするには、とにかくも~練習する以外なかったよ…
それでも新井さん、ず~と怖い顔したままのおじさんだったのに、ある日突然…
「お前の運命は…」
まだ、現役やってた頃だったのに、いきなり占いみたいなこと始めちゃって…
「おい関!お前は一生金に縁はない!あきらめろ!」
も~いい迷惑だってえの!

そうそう、ついでに言っとくと、新井さんて
「逃げる!」
「逃げて勝つ!」
っつう信念みてえなもんが、黙っててもガンガン伝わってくるような人だったんで、当時、新井さんをマークする選手は事前にゴチャゴチャ言う事もなく黙ってついて行くって感じだったのよ。
誰かさんとかと違って信用できるじゃん…
で、重ねて言うけど、先頭まわる方も口開かねえんだから、も~静かなこと!
葬式の行列だわなグッヘッヘッ
だから晩年、
「お前の運命は…」
みたいな事やられると、こっちもズッコケちゃうんだよな。

ダーリン♡♥♡♥のお父さま、そんなすごいかただったんですね、ビックリ(´ω`)

でもって、
なんか、おっかし(笑)フフフ

でもでも、だからステキな息子さんが誕生するのね(*^o^*)
なっとく^o^

あたしも占ってほしいな~♥♡♥

「センセェに貸したお金いつ取り戻せるかって!」

あっ、オレこうも言われてたわ。
「関!お前は引退したらまた逃げ屋に戻る!」

みなさ~ん!
懲りもしないでやってます~?
忘年会!
毎年毎年、お互い進歩も成長も全くもってございませんな~。

っと言いつつ、オレにとっちゃタタ酒とタダ飯にありつける西武園クラブの忘年会はありがたい事この上なくてさ!

今年は笠松将太(100期・埼玉)が同じ人間とは思えないほどの大活躍を見せてくれたり、今年デビューの浅見隼(115期・東京)が忘年会のスケジュールに合わせて立川完全V、続く京王閣でも1・1で優出、忘年会前日となる最終日は本命背負ったにも関わらず翌日の受けを狙って吹っ飛び決めるなどいい雰囲気での一年の締めくくりになってさ。

ところで、親愛なる皆さまがたは笠松将太の今年の変身ぶりに驚くとともに何があったのかって興味あるでしょ?
オレも興味があるから聞いたのよ。

なんでも去年の春だか夏頃、バナナの皮踏んずけて滑って転んで頭打ったんだと!

で、それ知った平原康多(87期・埼玉)が心配して色々面倒見てくれたらしいんだ。
まずは頭を心配されて、ひらがなカタカナ、たし算ひき算、金魚の産地は金山…みたいなことから箸の持ち方、靴ヒモの結び方レベルのことまでもう一回丁寧に教えてもらったんだって。

そしたら、今まで見えてなかったことが見えてきたんだとさ。

肉体よりも、脳みそ的な部分のリハビリのおかげで変身の切っ掛けをつかめたっていうんだから、やっぱり競輪と笠松将太には頭が大事って改めて思わされたね。

ところでさ、今回、若い衆と話していて、何気に驚いたことが二つあんだ。

今年S級に上がった内藤高裕(96期・東京)っているでしょ。
こいつ、表の顔は、腹黒くって、ずるくって、策士なくせに、裏じゃクソ真面目な努力家で、新年を前にしてそれなりの信念まで持ってて…

あっ、いけねえ逆か!

表がクソ真面目で、裏が腹黒ね!

まあいいや…

そもそも酒飲まないヤツだったのよ。
こいつ…

ケチってのもあるけど、元々は真面目なタイプじゃん。
だから、正反対の師匠、飯田義広(44期・OB)みたいにだらしのない酔っ払いが大嫌いらしくてさ。

そんな訳で、例え飲み会があっても、自分はそそくさ切り上げて内緒でこそこそローラー乗ってる…
みたいな、まあ、そんなヤツなのよ…

ところが今回の忘年会、なんとビールを口にしててさ!
も~たまげたのなんの!

将太同様の大変身!

このままさらにガバガバ飲むようになると、ついにあいつも真の競輪選手ってことじゃん。

やっぱりこいつもバナナの皮踏んずけちゃったのかな…?

となると、来年はさらに成績上げちゃうのか…?

親愛なる皆さん!
酒を飲むようになった内藤高裕の走りにちょっと注目してみてくれや!
あいつも結構コツコツ型だからさ…

さてさて、驚きのもう一つは、昨年デビューの樋口開土(113期・東京)!

こいつは結構センスある走りっぷりで、酒が入っている時の桜井(久昭/28期・OB)さんは結構高い評価を出してるんだ。

見栄えも案外男前でさ。

となりゃあ、それなりに女の子にもモテんだろうなって思ったのよ。

競輪選手に限らずだけど、新人ってのは結構ゲットしやすいと思われるのかスター選手並みにモテたりするじゃん。

もちろん2~3年もすりゃあっさりソッポ向かれるんだけどさ…

で、今はSNS?とかいうのでファンの子たち選手にメッセージだのを送りやすいって時代なんだろ?

だもんで少々興味が湧いて、今までどれくらい女の子からメッセージ届いたのか試しに聞いてみたのよ?

そしたら、まだ100人程度だって…

いやいや驚いたね!

普通、プロスポーツの選手としてデビューするとラブレターだって100万通くらいは来るもんだけど、ちょっと少なすぎじゃねえのかな。

よくわからんけど、今の時代ってのは、そんなもんなのかね…

まっ、このブログの読者に性別としての女ってのはいねえだろうからこんなこと書いても意味ねえんだけど、西武ライオンズの選手狙うより西武園クラブの選手狙う方がチャンスでかいぜ~!

遭遇できるチャンスが全然違うもん!

こないだも、浅見隼が競輪場隣のいなげやで普通にコロッケ買ってたしな…

※内容に一部、著しい嘘八百が含まれておりますのでご注意下さいませ

センセェはいったい何をおっしゃりだすのやら(汗)
ちょっと、あたしがお客さまにちゃんとしたメッセージを!
来年は西武園競輪場も開設70周年を迎えます。
より多くのみなさまに競輪という競技、そして競輪選手というアスリートたちの存在をもっともっと知っていただきたい。
身近なものに感じていただきたい。
何より、うんと楽しんでいただきたいと考えています。

お若い層の方たちにもぜひ足を運んでいただいて新しい時代の競輪場をみなさまとともにつくっていくことを夢見ています。
男性ばかりというイメージがまだまだ強い競輪場ですが、近年、特にビッグレースの開催時には女性たちの姿も数多くみられるようになるなど大きく変化をしてきています。

女性のみなさん、ぜひぜひグループで一度、競輪場をのぞきにいらっしゃいませんか。
そしてお気に入りの選手、たくさん見つけてくださいね(^O^☆♪
わたくしたちも、場内イベント、ファンサービス、いっしょうけんめいがんばります!!!

職権乱用して、ずるがしこく新井の「入り待ち」、「出待ち」、「追っかっけ」をしているお前がよく言うぜ…
お~い、競輪ファンのねえちゃんたちよ~!
新井をターゲットにどんどん出待ち!追っかけ!に来てくれや~!
1000人でも2000人でもよ~!

一人もきちゃダメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です