60話 脇本雄太『何かが足らない?脇本』

なんかきゅ~にさむくなってきましたね^ – ^
気がついたら、もう11月。
今月は競輪祭、来月はもうGP…
今年はコロナの大騒動でふりまわされっぱなしだったせいか例年以上に一年がはやくかんじられます。
この騒動、来年はおちついてくれるといいですね。
さてさて、はやさといえば先月、寬仁牌優勝の脇本選手のスピードもケタちがい。
オリンピックで走る姿をほんとうにみてみたいですね(╹◡╹)♡

脇本雄太 脇本雄太

いや~今の脇本は本当に強えわな。

寬仁牌も二日目を除けば、もう何も言うことなし。
アレじゃもうどうにもなんねえよ。

二人には決勝レース内容の解説でも頼もうかと思ったんだけど、それすら必要なさそうな圧勝劇。
脇本に関しては「オメデト~!」の一言だけで十分だべ。

記憶に残るすごい選手は?

そこで二人には、自身の記憶、印象に残るすごい競走、凄い選手の話でも聞かせてもらうことにしたよ。
自分で走ってたレースの中の話でも、観戦者の立場ででもどちらでもいいぜ。

あるいは子どもの頃にこのレース、選手を見て度肝抜かれたみてえな思い出話でもいいかな。

ただし「寬仁の脇本は凄かった」なんてギャグかますのはなしだからな。

新井剛央

まずは宮杯に続き本年2回目のG1制覇となった脇本選手おめでとうございます。
とにかく強いの一言でしたね。
実況の平山さんも「強いっ」って出ちゃってましたもんね。
同じナショナルチームの新田選手や松浦選手もいたのでどのような決勝になるのかという感じでしたが、力で決まったような印象を受けました。
実況の平山さんと同じで強い以外に書くことがない感じです(汗)

目標は父

今回のお題の自身の記憶、印象に残るすごい競走ですが、一番記憶に残っているのはやはり、自分の父である新井正昭(31期•OB)が日本選手権をとったときのレースです。

何回も見た(見せられた?笑)レースですが、最終バックストレッチから捲って4コーナーを回ったところでまたスタンディング(けつをあげる)しているのがとても印象に残っています。
しかもスピードが上がっている感じなんですよね。

選手になって余計に思うのですが、先行してゴール前でけつをあげると自分の場合は逆に失速してしまうイメージがあるし、実際あげようにも中々足がいっぱいで上がるまでいかないんですよ。

こんな話を前に父親にしたらまだまだ練習が足りないと一喝されましたけどね…

いま現状では父親の位置まで行くのは相当厳しいですが、これからも努力精進してしがみついて行きたいと思います。

白岩大助

脇本雄太選手の強さには驚かされますが、来年の東京オリンピックで金メダルを獲ってもらうためには更なる進化を願ってます(笑)

自分が現役で走らせてもらっている中で強いと感じる選手はたくさんいますが、今まで観てきた中で凄い選手を1人挙げさせてもらうのならば、僕は吉岡稔真さん(65期•OB)になります。

●信じられない強さ

全盛期の吉岡選手は僕がデビューする前なので映像を観ての判断となりますが、3.57という今ではとても軽いギア比であったにも関わらず先行しても捲っても凄く強い。

とにかく勝った時のインパクトが凄い!
後方に置かれて、ここからどうやって勝てるのか?ってドキドキしながら観てても最後は凄いスピードで先頭でゴールを駆け抜ける。

軽いギアで出したバンクレコードは20年以上経っても更新されていない競輪場があります。(43期OBの滝澤正光さん、61期•栃木、神山雄一郎選手も未だレコードホルダーです。)

そしてあのスピードと、あの流線型のキレイなフォームに憧れている選手はたくさんいます。

お客さんの中でも未だにファンが多いと思います。競輪界の歴史に輝くスーパースターですね。

●みんな頑張れ!

スーパースターがスポーツ界を引っ張っていきます。現競輪界のスターである脇本雄太選手に続くスターの出現を期待してます。

それが関東、そして埼玉から現れてくれると大宮、西武園も盛り上がりますし、競輪界のスター選手の一人である平原康多選手(87期•埼玉)もまだまだ輝いてくれると思います!

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

57話 脇本雄太『いや~強かった!』

先月の宮杯、無観客とはいえ久しぶりのビックレースで結構もりあがったよな。
で、親愛なる皆さんの方だけどさ、いくらくらい失った?
「金!」
突然だけど、こういう言い草ぶちまける奴ってよくいるじゃん。
「命より大切な金どうしてくれる!」
仮に一万負けたとして、命より大切ってことは命の方は一万以下の値打ちしかねえってことだよな。
負けたのが百円なら百円以下の値打ちの人間。
だったらさ、人間としての値打ちを高めるためにも皆さんどんどんぶち込むっきゃないでしょ!
今月からは、観客の入場再開する現場も多いって話だしさ!
って事で、まずは競輪業界の宣伝なグヘヘへへ~…!

脇本雄太 脇本雄太

宮杯は脇本の完全V

いや~やっぱり強かった!

実戦がほとんどない中で、あれだけの強さを見せつけられるんだから大したもんだよ。

オリンピックが延期になっちまって本当に残念だったよな。

というわけで今回は、競輪をほとんど知らない一般の人に向けてオリンピック競技のケイリンと公営競技の競輪の違いでも簡単に語ってもらおうか。

オリンピックを目指している選手達と、本業一本でやっている選手達のトレーニング、日常の違いみてえなことでもいいぜ。

いずれにしてもケイリンに比べて競輪はこういうところが面白い…って風にまとめてくれな。

あくまでも競輪の宣伝が目的なんだからさハッハッハッ

新井剛央

高松宮杯競輪は、脇本雄太くんの完全優勝は圧倒的でしたね。まずはおめでとうございます。

何よりも驚いたのが、個人タイムでした。
準決勝の個人上がりが打鐘からホームストレッチで10.3、ホームストレッチからバックストレッチで10.6、バックストレッチからゴールで11.2だったそうです。
決勝も同じような感じでかけていたそうですよ。

宮杯後に平原(康多/87期•埼玉)くんのところで練習したので本人に聞いたのですが、グランプリのときからフレームなども変わっていて常に進化しているからすごいですよって話をしていました。
いまの強さのままオリンピックで世界とどれくらい戦えるのかほんとに楽しみだったのですが、延期になりとても残念に思っています。
ですが一年後、さらに進化をして表彰台の1番高いところに登ってもらうのを期待しています。

●競輪とケイリン

オリンピック競技の『ケイリン』ですが、日本の競輪と圧倒的に違うのは『ライン』がないことですね。それと横の動きで相手の選手を妨害する行為も禁止されているためによりスピードが重視される競技です。
日本の競輪も選手の力のレベルアップやルール改正でどんどんスピード競輪になってきていますが、公営競技で唯一、人力で走り、人と人とがラインとして協力し合い、時には人と人とがぶつかり合うなど、そんな展開を予想するのが『競輪』の面白いところではないでしょうか?

7月から9月にかけてSA級ともに7車の競輪となりますが、競輪界の新たな試みとしてお客様には楽しんでいただきたいですね。

白岩大助

副支部長が素晴らしい説明をしてくれたので、僕の方からは少しばかり補足させてもらいます。

オリンピックを目指している選手と競輪一本でやってる選手のトレーニングや日常についてです。

オリンピックを目指している選手達は伊豆にある国際基準の自転車競技場「伊豆ベロドローム」の周辺に住んでいてナショナルチームのコーチが作るトレーニング計画によって毎日のトレーニングから食事も含め徹底的に管理された環境下で生活しています。

一方、僕たち競輪一本でやってる選手達は個人的にトレーナーを付けてトレーニングしている選手もいますが、ほとんどが個々がそれぞれトレーニング方法を考え自己管理の中で生活しています。

そして「ケイリン」と比較した「競輪」の魅力というのはなんと言っても、やっぱり「ラインという形の中で人と人とがお互いを想いながら自分の役割を果たして勝ちを目指す。」という部分だと思います。

脇本選手さすがでした。

オリンピックの延期がホントにくやしいです。

わたしは競輪選手がオリンピックで活躍して、一般の多くのみなさまからも☆ちゅーもく★される存在になってくれるのが夢なのです。

~ゆ~ふ~になるとですね~、メジャーなジャンルの職業についてる♫はなやかな♪じょせ~っつう~~身分になれちゃうわけですよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
あたしも!!!

いまはまだ、じょせ~がケ~リンかんけ~の仕事についていても、

「ふ〜ん………ʕ••ʔ」

ってくらいで、あんまり反応はない気がするの…

「え~~~!すご~~い!うらやまし~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

ってゆわれるよ~な日が一日も早くくることをねがってやみませんハイ*\(^o^)/*

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

第43話 脇本雄太『強すぎていやになったぜ!』

う~めんどくせ~!

今回からまたオレだ!

ってなわけで親愛なる皆さん、復帰第一発目は一月以上も前にダービーツモった脇本な…

脇本雄太『強すぎていやになったぜ!』

脇本雄太『強すぎていやになったぜ!』

それにしてもよ、先行屋が今の脇本みてえにカマシと捲りだけで圧勝できる身分になっちまうとマークする方だって、もうお手上げだよな。

自身の根本的脚力を上げる以外対抗する術なんてねえもんよ。

敵の先行屋なら、ラインでどうにかって手もあるんだけどさ…

ところでお前ら、先にお手上げだとは言っちまったけど、もし身内に強力な先行が誕生して実戦で同乗ってなった時、それでもどういう対抗手段を考える?
諦めるって選択肢は、とりあえずナシで。

こいつへの回答は客もきっと注目するんじゃねえのかグヘヘへへ!

自分の場合は、もし離れてしまったとしてもそれは自分の責任だと思ってるんで特にあーしろ、こーしろの作戦は練らないですね。

その子の脚質も考えて、同じレースの相手の得意パターンや、この並びだったらこうしようとかという話くらいはして、なるべくラインで決められるような作戦を第一に考え競走に挑むといった感じでしょうか。 

今回、日本選手権で完全優勝を果たした脇本くんは強力すぎますけど、自分の弟子や同じグループで一緒にやっている子達は特にもっと上を目指してもらいたいと思ってます。
そんな中で揉まれながらもまだまだ自分も頑張らなきゃなって、思います。

身内に強力な先行の誕生ってのは本当に嬉しいことなんだけど、反面あんまりぶっ離れが続くとやべえって思っちまうよな。
けど、当然そいつのスピードに合わせられるよう練習にも一層力が入り最終的には自身の脚力アップに繋がるんだから、やっぱりいいこと尽くめってことだわな。

副支部長の言うよう、まずはその先行選手が勝てるように、そしてなるべくラインで決まるように作戦を練ります。
ついて行けるか?行けないか?は、後ろの問題です。

力を出し惜しみしてその先行選手が負けてしまうようなことがあってはいけません。
その中で先行選手やお客様に迷惑を掛けないよう追込み選手は一生懸命頑張ります。

今の脇本選手のように勝って当たり前と思われるような選手はその勝ち方というのが注目されます。
お客様はもちろん、同じ競輪選手からも凄い!と思われるようなインパクトを与えて勝てる先行選手がこれからの競輪界にはもっと必要です。

埼玉も東京も今、若手の強い先行選手がたくさん出てきましたので脇本選手を目指して頑張ってもらいたいですね!

長くなってしまいましたが、追込み選手側の事情も少し。

先行選手が強くなれば、追込み選手も進化が必要になってきます。

昔の競輪は強い選手のハコ勝負(追込み選手等による強い先行選手の後位の奪いあい)というのが「競輪の華」でもありました。
しかし、制度的なものやスピード競輪化といった時代の変化に伴い、追込み選手の走りというのも縦勝負となる事が多くなりました。

縦あっての横。
今の追込み選手は昔と違い、まずは自力選手について行くためのスピード練習が主体となりました。

先行も追込みもパワーとスピードを磨くトレーニングがメインとなって来ています。

最近でも千葉の和田選手、大阪の南選手などは最近は自力含みに戦法も変わって来ていますので、そういう方向性を示していると思われます。

追込み選手の進化にもぜひ注目していただければと思います。

オレも同感!
競輪ってのは、本来、線じゃなくて点!
線てのは点の延長線なんだよな。
そうそう今思い出したけど、強い追込み選手ってのは逃げてもそもそも強えんだ。
日本一の盗っ人(マーク屋)って呼ばれた、あの井上(茂徳/41期・OB)さんだって、結構歳食ってた頃だったけど、たしか宮杯の先行不在になったレースでしっかり逃げ切ってたからな…
まっ、裏を返せばあの人の場合、トップクラスの先行選手がワル知恵働かせてマーク屋やってたってことなんだけどよ!
でも、これからの時代はそういうのも普通になって行くんだろうな……
このオレだってS1の頃なら、B級やAの3~4班相手なら常に逃げ切る自信はあったぜグヘヘ!

八多あたり

ハイハイ!
センセェは、たしかに立場の弱い人たちには超人的に強いですものね。
自分より強い相手にはあんなに弱いのに…

さて、競輪は、これからもさらに進化する。
たしかに、わたしもそう感じます。

そんな競輪をたくさんの方々に興味を持っていただけるよう、わたしたちもますますがんばらないとですね♡♥

でしょ?
センセェ!

オイ!お前だって、事務所の後輩や、おとなし目の同僚にはめっぽう強いっていうじゃねえか?
それでいて上司のオッサン達には常に猫なで声で「ニャオ~ん♡♥♡♥
4月に移動で来た、かれはちゃんや新入社員のおねえちゃんがそう言ってたぜ。

!………い…いじわるしなくっちゃ…

う〜い〜〜……
死にぞこない…
じゃなくて親愛なる皆さま方よ〜!!!

6月2日の西武園GP見に来た人いる〜?

いや〜今年のは本当面白かったよな!!

なに!?
誰もいない?

「あんたら何考えてんだバカ!!!!」

ったくしょうがねえな〜!

んじゃあオレが詳細伝えてやるよ…

陣容は以下の通り!

西武園GP2019夏 先固2025米(5周)
①大矢崇弘(S2・東京・102期・逃)
②笠松将太(A1・埼玉・100期・逃)
③樋口開土(A3・東京・113期・逃)
④植原琢也(S2・埼玉・113期・逃)
⑤鈴木輝大(A3・東京・113期・逃)
⑥浅見 隼(A3・東京・115期・逃)
⑦一戸康宏(S2・埼玉・101期・逃)
誘導 内藤高裕(96期・東京・偏差値25)

並び ❻③、❺①、❹⑦②

コメント:
大矢 輝大はイケメンだと思い上がってる
笠松 一歳の娘の日本語レベルが自分より上
樋口 身体だけなら隼は立派な肉体労働者
植原 西武園クラブはクズばっかじゃん
鈴木 性格悪い植原が特進決めてムカつく
浅見 オレを使うようじゃ開土さんはもう
一戸 将太はオレや犬よりバカ

どうだい!競輪ファンならぜひ見てみてえと思える一戦だべ!!
オレもメンバー表見たときビックリしたもん!
ド新人の浅見がいなけりゃA級準優から決勝って感じだもんな。

なっ、来れば良かったって、あんたらだって思うだろ!

で、競走の方だけど、スタートで前取ったのが浅見ー樋口、続いて鈴木ー大矢、植原ー一戸ー笠松。
赤板で前段押さえた埼玉勢を鈴木ー大矢がさらにフタ。
下げた浅見ー樋口は打鐘から叩いて一気に先行。

それを追って、鈴木ー大矢、植原ー一戸ー笠松で一本棒。
最終バックで植原が捲り発進、それに合わせて鈴木も捲り。
前段捲り切った鈴木ー大矢、その外で粘る植原ー一戸ー笠松で最終直線。

結局、そのまま鈴木が押し切って1着。
植原追走の一戸が直線追い込んで2着。
鈴木の外粘った植原が3着。

大雑把だけどこんな感じの展開。

本番の競走じゃねえから横や無茶は無しだったけど、それでもかなり迫力があって本当に良いレース見せてもらえたなって素直に思えたよ。

あっ、そうそう、ついでにちょっと言っとくな。

鈴木がコメントと控え室の中じゃ先に出世した同期、植原の悪口を散々言ってたんだけど、確かに強いし器用だしイヤミを言いたくなるのはわかるんだ。

でもよ、植原はオレの姿を見かけたら立ち上がって笑顔でちゃんと挨拶してくれて、その上、取手の場外買う資金まで貸してくれたんだ。
このやろ〜、ど〜せ特進決めたばかりで鼻高々だろうと思ったらその逆でかなり感じのいいやつでさ。
となりゃあ、今後は、こいつもうんとえこひいきしてやらにゃあとオレは思ったね。

ゆえに、植原のコメントは正しい!
「西武園はクズばっか!」

おそらく鈴木もS級行くようになれば、周りから、顔はいいけど性格最悪とか陰口叩かれ直立不動でオレに金品差し出すようになると思うんだけどさゲッハッハ!

それから、一戸!
お前よく言った!

将太は確かにお前や犬同様バカ!

ついこの間、大宮で優勝したけど4年ぶりくらいっつうんだから。

だけど、ちゃんと逃げ切りで勝ててんだぜ。
今まで、オレや客どもにどれだけ迷惑をかけて来たことか…

そこいらへんのチョウチョよりバカだろ!!!

さてさて、ってなわけで、バカども…
じゃなくて親愛なる皆さん方よ!

たとえイベント的なものであっても現場に来りゃごくたまに、もしくは奇跡的にこういったもん見れる機会に出くわすこともあんだから、ど〜せ働きもせずゴロゴロしてるなら積極的に覗きに来いや。

ど〜せ、人生そう長くねえんだろ?

もちろん覗きったって変なもん覗きに来られちゃ困るんだけどよ。
ガールズの選手もいれば、あたりみてえな女の職員も何人かいるしな。

ちなみに西武園の女子更衣室と風呂場の位置はやけに詳しいヤツが浦和あたりにいるから、現場にさえ来りゃ聞き出せるかもよグヘヘへへ!
オレもそいつから聞いて早速「いなげや」の…

センセェをただちにクビにするよう上司に報告させていただきました!
あとさぁあ、コ〜ダイくんがタクヤくんの悪口って………ぜんぶセンセェのつくり話じゃん…(汗)

 

第35話 脇本雄太『取ったはいいけど…』

親愛なる皆様!
今回よりブログをリニューアル!こんな感じにしたからさ!

パソコン苦手な このオレゆえ、本職の奴に手伝ってもらってようやく完成。 これから先も色々試していこうと思ってからヨロシク頼むぜ!

ってな訳で、新装一発目はオールスター覇者、脇本雄太!
二ヶ月近く経っちまってからの登場だけどカンベンな。
では!

脇本雄太

脇本雄太が見事初V決めたけど、年齢は29歳。
ちょい時間がかかっちまったかな。
でも、30前後ってのは選手にとって一番の充実期。
これからタイトル数をバンバン積み上げていってもらいてえもんだけど、支部長たちは、自身のその年齢の頃って選手としてどんな感じだった?

デビューから20代までは先行捲りの自力選手としてラインの先頭で走る事が多かったですけど、30歳近くになると自分より若い選手がドンドン出てきて後ろを回ることも増えて、自在選手へと戦法に幅が出てきた頃ですね。

自分は30歳までは自力でっていう思いがあったので、先行、捲りのレースが多かったです。抑え先行よりはカマシ、捲りの方が得意だったので、レースも得意展開に持っていけるように考えてました。

私は、今ちょうど近いお年頃ですけど競輪の宣伝にますます夢中になるつもり。
脇本選手、大宮、西武園にいらした際は、場をう~んと盛り上げる走り、お願いしますね🖤

ってな訳で、リニューアル一発目は完成‼︎
いや~四苦八苦したぜ!
まさに、初日4着、二日9着、三日8着、最終日9着レベルの疲れ具合だったけど、やっぱり多くの人に見てもらえるようにしてえもんな。

問題は、未だケータイすら持たず、オレ以上にパソコン、リモコン、ダイコン足が苦手な西武園クラブの大OB!28期・桜井久昭先輩に、どうすりゃ眺めてもらえるかって事かなグヘヘ。

ほんじゃ、今回はこれで。
じゃね!

※追記

今回ようやっとオールスター優勝の脇本雄太を取り上げることができたと思ったら、10月8日、寬仁親王牌で脇本雄太がG1連覇!

このブログでG1優勝者を取り上げた途端、三谷竜生がダービー、宮杯を連覇して、今度は脇本…

このまま縁起の良いブログになるといいんだけどなグヘヘへへ!(関優勝)