60話B面『西武園ガールズのあと』

さてと、B面です。
10月、西武園では6R制ガールズが開催されました(╹◡╹
その開催終了後、タナカセンセェにちょっとしたサプライズがあったんですって。
さ、それでは語っていただきましょ~!
「簡潔に!」
「ど~ぞ!」

ちえっ、先にそういうこと言われると調子狂っちゃうよ…

まっ、いっか!

じゃ語るね!

泊まってい~い?

実はガールズの前検日の前の日にさ、よしのちゃん(飯田よしの/106期•東京)から

「11日空いてる?テルちゃん(矢野光世/104期•福岡)きてるよ!」

っつうメールがきたの。

(ああ、二人とも今回参加してたもんな)

オレもテルちゃんとは、また会いてえと思ってたし

「ああ、いいよ」

って返事しといたの。

帰りに、ちょっと寄ってくんだな…くらいに考えてたんだけど、翌前検日、競輪場入る前のよしのちゃんから改めて電話が入ったの。

そしたらなんとビックリ!

最終日の晩、何人かでオレん家泊まっていいか?って話でさ。

なんでも、テルちゃんとか遠征の選手が移動の都合で宿探してるけど、金がねえからどうよってこと。

まっ、昔アシスタントさんたちが寝泊まりに使ってた部屋があるからいっかと思ってOKはしたの。

でも、悩んだよ、このコロナ禍の中でしょ。

消毒用のアルコールとかいろんなとこ置いたりしてさ。

食い物も結構気を使ったかな。
男の選手なら何食わせても死にやしないだろうけど女子はそうはいかないからね。

業務スーパーといなげやで色々食材買ってお迎えの準備完了。
(今回に限り値引きのラベルが貼られてる商品は涙を飲んで我慢)

なんと優勝選手が来ちゃったよ!

で、最終日、さあ、いらっしゃいましたガールズ四名様が!

メンバーは、よしのちゃん、テルちゃんと、初参加の小坂知子選手(104期•岐阜)に高木真備選手(106期•東京)。
(この先、小坂選手と高木選手はそれぞれ「トモちゃん」「マキビちゃん」と勝手に呼ぶね)

ところで、小坂選手のプロフィール欄にはニックネーム『あっこ』って記載されてんだけど、なんでだろ?

我々ジイさまの世代だと小坂と言えば明子さんって名前が瞬間的に浮かぶけど、まさか…ねえ…?
由来がわからないのでとりあえず「トモちゃん」にしとく。

 

ちょ、ちょっとセンセェ、なにこのイラスト!!!!
ど、ど~しちゃったの????

あっ、似てる?

か…かなり……

良かった~!
全員、別人の写真見て描いたから

マキビちゃんの好きなタイプはなんと!

さて、なぜこの四名が来たかというとテルちゃんとトモちゃんは先に話したように金がなくて宿代ケチりたいから。
よしのちゃんは、さらに金がなくて晩飯代浮かせたいから。

さあ、ここで問題なのは今開催で完全V…
というか近況勝ちっ放しで金に困ってるとはとても思えないマキビちゃん。

基本的にウチは貧乏人しか来ないのでなんでかなと思ったら、

「どういう神経してたら、ああいうマンガ描けるのかなって思って顔が見たくなりました」
「でも、ウリちゃんのことは大好きなの♡♥♡♥」

だって。

もちろん無神経だから描けるんだけど、まっ、要はテルちゃんが初めて来た時と同じ理由ってことみたい。

連載終わってもう15年近くなるってのに本当ビックリ。
しかも、自分の子供みたいな年齢の女の子じゃん…

たださ、『日本一、汚い言葉ばかりのマンガ』って呼ばれてた作品でもあるんだから気をつけてよ。
年頃のお嬢さんなんだからさ…

とはいえ、やっぱり嬉しいよね。
今や中高年世代となったおっさん達相手に描いてた作品を若い女の子に読んでもらえるなんて。

「テルちゃんもマキビちゃんもどうもありがとう!」
「ジイちゃんも頑張ってウソばっか描いた甲斐がありました!」

それにしても、燃費が非常に悪いウリがマキビちゃんの好みのタイプってのは意外だったな。

(マキビちゃんも燃費悪いのかね?)

ガールズ四人がなんと!!!!

というわけでマキビちゃんは金に困ってうちに来たわけでは無かったのと、お家で御家族とお祝いをするとのことで宿泊は無し。

でも、みんなとの食事会には少しだけ付き合ってもらったの。

話は前後するけど、ちょっと笑えちゃったのが、仕事を終えた後、ガールズ四名が我が家への差し入れを仕入れてくれたんだけど、その場所がなんと競輪場隣の「いなげや」。

普段のガールズ開催だと「出待ち」だの何だので通用門のあたりはファンの人達が数多く残っているらしいんだけど、今はコロナを理由にその類は禁止。

そんなわけで誰にも気づかれず買い物できたらしい。

オレも呼んでくれればガールーズの選手とスーパーでお買い物っちゅう滅多にできねえ経験できたのに残念。
(でも、翌日、テルちゃんと二人でお買い物できたので満足)

そんなわけで、マキビちゃんは今回は途中欠場だったけど、今度はぜひゆっくり遊びにきて欲しいな。
いろんなエピソードぜひ聞かせてもらいたいもん。
ガールズはオレにとって未知の世界だからね。

女•井上茂徳?

さてと、ここでちょっと話はそれるけど、実はオレ、ガールズのみなさんがお見えになる前の日、選手OBや業界OBの人と酒飲んでたのよ。
で、

「明日、ガールズの選手がオレん家くんだよね」

って話したら、みんな羨ましがって、うちに来たそうな顔したの。

こういうご時世じゃなきゃ早速飲み会開いちゃうとこなんだけど、さすがにね…

心を鬼にして拒否。
(本当はザマ~ミロって気持ち)

というわけで女性四人を独り占めできることに!

60年近く生きてきて最大の出来事だね!

ところで、この日、おっさんたちに来訪予定のガールズの名前を上げたら、なんとトモちゃんが一番人気。
トモちゃんの名前あげた途端、

「オレも行きてえ!」

って声あげたおっさんもいたくらい。

マーク巧者ってことで玄人好みらしい。
確かにみんなOBだから玄人か…

ただその中でオレ一人だけはガールズど素人。

男子の競輪と違うし、レースもあまり観てなかったからトモちゃんがそんなすごい人だなんて全然知らなくてさ。

「トモちゃん、ゴメン!」
「でも、もうキッチリオレの脳みその中に入力されたからね!」

(考えてみりゃテルちゃんだって今年の夏初めて認識したんだもんな。「へえ~…こういう生き物もいるんだ…」って)

そんなわけで当日、トモちゃんってどんな雰囲気の人かなあってワクワクしながら迎えたの。

飲み屋じゃトモちゃんを称して、

「女•井上茂徳(41期•OB)!」

って声も上がってたからね。

オレは井上さんの大ファンだったし、だから余計にね…

ところがさ、やってきたトモちゃんの姿を見てなんとまあ…

(エッ⁉︎この人がトモちゃん?)
(どこが井上茂徳さんよ!!!!!!)

淑女?

細っそりしてメガネかけてて、イメージとしては中学とか高校の先生風?
体育じゃなくて理科とか数学…
英語の先生とか…
(タチの悪いタイプの)

あと、女性編集者っぽくも見えたな。
(もちろんタチの悪い…)

たしかに井上さんもタチの悪い人ではあったよ。
とっても…
いつもオレの車券の邪魔ばっかする人だったし…

それでもさ~、目の前にいるトモちゃんはやっぱ井上さんには見えないよ!

物静かな雰囲気の普通に淑女?風の人なんだもの。

でも、でもね、実はそうじゃないってことは、だんだんわかってくるんだけどねヘッヘッヘッ
考えてみりゃ本当の淑女が競輪選手なんて野蛮なことできるわけないしさ…!

ピピピのピー!!!
ハイ、そこまで!

な、なんなのよ突然…⁉︎

あの~センセェさ…
あたし
「簡潔に!」
って言いませんでした?

チェッ、あたりちゃんもだんだんよしのちゃんに似てきたね…
じゃ今回はこのへんでやめとくことにするよ…

ほんっとにいつもくどくどグズグズ…

先日も、場内でお仕事なさってる、伊藤博さん(27期•OB /元西武園クラブ会長)から

「あいつは話が長い!」

ってクレームがきたばかりなんですからね…

ホントに困っちゃう!(>_<)

(それでも桜井(久昭/28期•OB)センセェよりはまだ短いのが救いだけど…)

でも、みなさま、センセェのことゆるしてあげてくださいね。

ヒマもてあましている老人は、おしゃべり以外ほかにすることがないんですって。

とゆ~わけで、センセェ宅をほ~もんしたガールズのみなさまたちもホントにおつかれさまでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

あの~
話の続きはどうすればいいの?

次回!

A面マンガにもどる

SR25話B面『ついに決着!AIけ~りん」

さ~いよいよさいごの直線!!!
ユ~ジ~~~~ぃいいい……

レース結果

20R   AI特選  (先固2425米)

●払戻金 [2車単] ⑥~④      46、870円(68)

●着順
  車番   選手名   県別 期別 級班   決まり手 着差  H/ B
1 ⑥    小磯伸一(福島) 47     AI1     差し  3/4輪
2 ④    小橋正義(新潟) 59     AI1     差し      1/2身
3 ⑤    平原康多(埼玉) 87     AI1
4 ③    松浦悠士(広島) 98     AI1
5 ⑧    内林久徳(滋賀) 62     AI1
6 ②    吉岡稔真(福岡) 65     AI1
7 ①    脇本雄太(福井) 94     AI1
8 ⑨    新田祐大(福島) 90     AI1
9 ⑦    滝沢正光(千葉) 43     AI1                                HB

というわけで『きんきゅ~スペシャル企画/AIけ~りん』でした。
みなさま、いかがでしたか?

いかがもクソもあっかよ、このバカ!
クソッタレ!

バカヤロこのヤロ!
2着3着だよチクショ~…

な、なんなのよ二人とも…
あたしだってホントはハラわたにえくりかえってるんだからね、も~…

それにさ!
なにが「パパ活しようか…」だわよ!
するわけないってえの!

今回はスペシャルゲストとして「アオケイ」の本田へんしゅ~ちょ~に特別よそ~会までひらいてもらったってゆ~のに…

はあ~ぁ…

それではへんしゅ~ちょ~、レースのごかんそうやかいせつ、ハイセンのベン…などなんでも結構ですので何か語っていただければとおもいます。
それでは、よろしくおねがいいたします…

【アオケイ本田編集長】

いや~、これは取れんですよ。

 展開は予想通り。ただ思ったよりも滝沢先生が早くタレてしまって、平原が番手からスパート。
普通ならそれを小橋が差してオシマイですが、中を小磯ですか

 AI競輪だから、小磯の頭っていうのもちょっとは考えましたよ。

でもその時は9人すべてが落車して、直線最後は徒競走になって小磯さんが先頭で駆け抜ける、という1着は考えていましたよ、僕は。

でも普通の競走で1着とは

 でも競輪ってどれだけ脚を溜められるかっていうものですからね。

 確かに昔は早々と競り負けた(余力を残した)選手が最後方の9番手になって、そこから7番手もしくは8番手の選手が捲ってそれを差して1着なんていうのは幾度もありましたから。

 いまでこそギアが大きくなって、さらにスポーツ的なケイリンになって自力型の台頭が目立ちますが、昔はタテ脚あるマーク屋が脚光を浴びてましたから。
この結果にもなんとなく納得しますよ。

 ただ当たった人の顔をみたいですね、どんな方が当たったのかを

僕の予想を信じてくれた方、ごめんなさい。
次は当てますので、またよろしくお願いします。

ねえ、へんしゅ~ちょ~!
気分なおしに、今度どっか飲みにいきましょうよ!

次の大宮の開催の後に行こっか!
それまでに、うんと軍資金稼いどくよ!

ヤッホー!
キタイしてますよ~!

皆さま最後までご覧いただきありがとうございました。

SR22話でマンガの中に出走表入れた時は、その後それをマンガにしようなんてまったく考えてなかったのに、つい昔を思い出してやっちゃいました。

競走描くのってかなりの久しぶりだけど、やっぱり楽しいね。
自分が走っているような気分になれるし。

気がむいたらまたやろうかな。
もちろんオイラの好きだった昔の競輪ルールで。

スピードで勝負する競輪も面白いけど、競りと捌きの格闘技競輪ってのはオレにとって最高にシビれるもんだったからね。

同地区同士でラインを作るってパターンじゃなく一番強い先行の後ろは一番強いマーク屋。

本線の逃げ屋の地位は逃げ争いで勝ち取り、番手もマーク屋同士が戦いで奪い取るもの。

自動的にラインや並びが決まるようなものじゃなかった分、身分を勝ち取るための戦いってのも本当に見応えのあるもんだったんだ。

若い頃だから自分に置き換えて見てたりしたかな…

と言いつつ「フラワーライン」的なものも大好きだったんだけど、ただアレはそもそもが横綱の集まりだから仕方ないよね。
一班同士で潰しあって最後二班に持ってかれちゃったら意味ないんだしさ。

ってなわけで、またいずれ!

A面マンガにもどる

SR24話『AIけ~りん!マンガにしちゃった(part2)』

ごらいじょ~のみなさま!
ながらくおまたせいたしました!
投票のほ~はしめきりとなりました!
それでは、ただいまより発走でございま~す♥♡

さ~いよいよレースがうごきだしました(*≧∀≦*)
でも、チョッピリ不安もかんじるなあ…

脇本は引くか⁉︎
それとも突っ張るか⁉︎
どっちにしても前取った段階でおそらくもう終わってんだけどなヒッヒッヒッ…

というわけハラハラドキドキのつづきはB面!

B面ざれごとはこちら

SR24話B面『誘導•古林奮闘す!』

のこり三周、青板ホームで滝沢せんしゅがじょ~しょ~かいし!
ワッキーがんばって!

ね、ねえ、みなさま…

「な なんなのよコレ~~!」

こんなのってナットクいきます~?

いきませんよね~!!!!

あたしはワッキーがつっぱりきって内林さんが自力ぶくみでつきぬけてくるテンカイと、ワッキーと滝沢さんの先行あらそいを吉岡さんか新田せんしゅがまくるってパターンで車券を買ってるんですよ…( ;  ; )

もちろんAIの中でのはなしですけど、それでもやっぱり気分良くないですよねえ~こんなの!

あたしはもう古林さんをゼッタイゆるせません\\\٩(`^´)۶////

こうなったら滝沢せんしゅと新田せんしゅではげしい先行あらそいになって、そこを吉岡せんしゅがまくってユ~ジがさいご差すって結末に期待したいとおもいます。

ハッハッハッ
たしかに古林のヤロ~もよくやるよな!

脇本が外に出ようとすると外線ギリギリまでクルマ持ち出して滝沢と一緒になってしっかり締めこんでたもんな。

脇本もよ、古林が誘導なのに遠征の分際で安易に「S」(スタート)なんか取るからこういうマヌケなことになっちまうんだ。

そりゃ誘導がまともな人間だってんならこのレースで前取るのも有りだとは思うぜ。

滝沢に並びかけられても後方から誰も叩きに来ず誘導ペースも普通に上がるんならそのまま突っ張り先行で行けるし、仮に誰かが叩いて来て滝沢と先行争いになったら捲りのチャンスが生まれるからな。

あたり!
でも、勝負はまだまだこれからだ!

お前の言うように、もしこの後、滝沢と新田でやり合いになったら、今言ったったように後方に置かれた脇本だってもう一回チャンスが出てくる。

同じく吉岡だって今は捲りのタイミング計ってるところ。

まだわからんぞ!

それでも、もし、きれ~にやられちまったらオレがちゃ~んと立川南口あたりの飲み屋に連れてってやっから心配すんな!

あの~…
このレースの話のまえに、そぼくなぎもんなんですけど、ユッキーはどうしてきゅ~にこのブログにと~じょ~するようになったんですか?

んなもん決まってんじゃねえか!
今までは桜井(久昭/28期•OB)ばっか出てたろ。
も~飽きたよ!
あんなヤツ!
アイツにゃそもそも華がねえ…

ふーん…
まっ、べつにい~ですけどね…

というわけで、次回お楽しみに!

ヒッヒッヒッ
本当楽しみだぜ!
十中八九⑤④だからな…

A面マンガにもどる