SR25話B面『ついに決着!AIけ~りん」

さ~いよいよさいごの直線!!!
ユ~ジ~~~~ぃいいい……

レース結果

20R   AI特選  (先固2425米)

●払戻金 [2車単] ⑥~④      46、870円(68)

●着順
  車番   選手名   県別 期別 級班   決まり手 着差  H/ B
1 ⑥    小磯伸一(福島) 47     AI1     差し  3/4輪
2 ④    小橋正義(新潟) 59     AI1     差し      1/2身
3 ⑤    平原康多(埼玉) 87     AI1
4 ③    松浦悠士(広島) 98     AI1
5 ⑧    内林久徳(滋賀) 62     AI1
6 ②    吉岡稔真(福岡) 65     AI1
7 ①    脇本雄太(福井) 94     AI1
8 ⑨    新田祐大(福島) 90     AI1
9 ⑦    滝沢正光(千葉) 43     AI1                                HB

というわけで『きんきゅ~スペシャル企画/AIけ~りん』でした。
みなさま、いかがでしたか?

いかがもクソもあっかよ、このバカ!
クソッタレ!

バカヤロこのヤロ!
2着3着だよチクショ~…

な、なんなのよ二人とも…
あたしだってホントはハラわたにえくりかえってるんだからね、も~…

それにさ!
なにが「パパ活しようか…」だわよ!
するわけないってえの!

今回はスペシャルゲストとして「アオケイ」の本田へんしゅ~ちょ~に特別よそ~会までひらいてもらったってゆ~のに…

はあ~ぁ…

それではへんしゅ~ちょ~、レースのごかんそうやかいせつ、ハイセンのベン…などなんでも結構ですので何か語っていただければとおもいます。
それでは、よろしくおねがいいたします…

【アオケイ本田編集長】

いや~、これは取れんですよ。

 展開は予想通り。ただ思ったよりも滝沢先生が早くタレてしまって、平原が番手からスパート。
普通ならそれを小橋が差してオシマイですが、中を小磯ですか

 AI競輪だから、小磯の頭っていうのもちょっとは考えましたよ。

でもその時は9人すべてが落車して、直線最後は徒競走になって小磯さんが先頭で駆け抜ける、という1着は考えていましたよ、僕は。

でも普通の競走で1着とは

 でも競輪ってどれだけ脚を溜められるかっていうものですからね。

 確かに昔は早々と競り負けた(余力を残した)選手が最後方の9番手になって、そこから7番手もしくは8番手の選手が捲ってそれを差して1着なんていうのは幾度もありましたから。

 いまでこそギアが大きくなって、さらにスポーツ的なケイリンになって自力型の台頭が目立ちますが、昔はタテ脚あるマーク屋が脚光を浴びてましたから。
この結果にもなんとなく納得しますよ。

 ただ当たった人の顔をみたいですね、どんな方が当たったのかを

僕の予想を信じてくれた方、ごめんなさい。
次は当てますので、またよろしくお願いします。

ねえ、へんしゅ~ちょ~!
気分なおしに、今度どっか飲みにいきましょうよ!

次の大宮の開催の後に行こっか!
それまでに、うんと軍資金稼いどくよ!

ヤッホー!
キタイしてますよ~!

皆さま最後までご覧いただきありがとうございました。

SR22話でマンガの中に出走表入れた時は、その後それをマンガにしようなんてまったく考えてなかったのに、つい昔を思い出してやっちゃいました。

競走描くのってかなりの久しぶりだけど、やっぱり楽しいね。
自分が走っているような気分になれるし。

気がむいたらまたやろうかな。
もちろんオイラの好きだった昔の競輪ルールで。

スピードで勝負する競輪も面白いけど、競りと捌きの格闘技競輪ってのはオレにとって最高にシビれるもんだったからね。

同地区同士でラインを作るってパターンじゃなく一番強い先行の後ろは一番強いマーク屋。

本線の逃げ屋の地位は逃げ争いで勝ち取り、番手もマーク屋同士が戦いで奪い取るもの。

自動的にラインや並びが決まるようなものじゃなかった分、身分を勝ち取るための戦いってのも本当に見応えのあるもんだったんだ。

若い頃だから自分に置き換えて見てたりしたかな…

と言いつつ「フラワーライン」的なものも大好きだったんだけど、ただアレはそもそもが横綱の集まりだから仕方ないよね。
一班同士で潰しあって最後二班に持ってかれちゃったら意味ないんだしさ。

ってなわけで、またいずれ!

A面マンガにもどる

SR24話『AIけ~りん!マンガにしちゃった(part2)』

ごらいじょ~のみなさま!
ながらくおまたせいたしました!
投票のほ~はしめきりとなりました!
それでは、ただいまより発走でございま~す♥♡

さ~いよいよレースがうごきだしました(*≧∀≦*)
でも、チョッピリ不安もかんじるなあ…

脇本は引くか⁉︎
それとも突っ張るか⁉︎
どっちにしても前取った段階でおそらくもう終わってんだけどなヒッヒッヒッ…

というわけハラハラドキドキのつづきはB面!

B面ざれごとはこちら

SR24話B面『誘導•古林奮闘す!』

のこり三周、青板ホームで滝沢せんしゅがじょ~しょ~かいし!
ワッキーがんばって!

ね、ねえ、みなさま…

「な なんなのよコレ~~!」

こんなのってナットクいきます~?

いきませんよね~!!!!

あたしはワッキーがつっぱりきって内林さんが自力ぶくみでつきぬけてくるテンカイと、ワッキーと滝沢さんの先行あらそいを吉岡さんか新田せんしゅがまくるってパターンで車券を買ってるんですよ…( ;  ; )

もちろんAIの中でのはなしですけど、それでもやっぱり気分良くないですよねえ~こんなの!

あたしはもう古林さんをゼッタイゆるせません\\\٩(`^´)۶////

こうなったら滝沢せんしゅと新田せんしゅではげしい先行あらそいになって、そこを吉岡せんしゅがまくってユ~ジがさいご差すって結末に期待したいとおもいます。

ハッハッハッ
たしかに古林のヤロ~もよくやるよな!

脇本が外に出ようとすると外線ギリギリまでクルマ持ち出して滝沢と一緒になってしっかり締めこんでたもんな。

脇本もよ、古林が誘導なのに遠征の分際で安易に「S」(スタート)なんか取るからこういうマヌケなことになっちまうんだ。

そりゃ誘導がまともな人間だってんならこのレースで前取るのも有りだとは思うぜ。

滝沢に並びかけられても後方から誰も叩きに来ず誘導ペースも普通に上がるんならそのまま突っ張り先行で行けるし、仮に誰かが叩いて来て滝沢と先行争いになったら捲りのチャンスが生まれるからな。

あたり!
でも、勝負はまだまだこれからだ!

お前の言うように、もしこの後、滝沢と新田でやり合いになったら、今言ったったように後方に置かれた脇本だってもう一回チャンスが出てくる。

同じく吉岡だって今は捲りのタイミング計ってるところ。

まだわからんぞ!

それでも、もし、きれ~にやられちまったらオレがちゃ~んと立川南口あたりの飲み屋に連れてってやっから心配すんな!

あの~…
このレースの話のまえに、そぼくなぎもんなんですけど、ユッキーはどうしてきゅ~にこのブログにと~じょ~するようになったんですか?

んなもん決まってんじゃねえか!
今までは桜井(久昭/28期•OB)ばっか出てたろ。
も~飽きたよ!
あんなヤツ!
アイツにゃそもそも華がねえ…

ふーん…
まっ、べつにい~ですけどね…

というわけで、次回お楽しみに!

ヒッヒッヒッ
本当楽しみだぜ!
十中八九⑤④だからな…

A面マンガにもどる

SR23話『AIけ~りん!マンガにしちゃった(part1)』

ハイ、みなさま~!
おやくそくとかちゃんと守って良い子ですごしてますか~?
ほんじつは、みなさまとSR22話でおやくそくした「『AIけ~りん』マンガで再現」第一回をおとどけします♡♥♡♥
やった~\\\\٩( ‘ω’ )و ////
パチパチパチ~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

と、ゆ~わけで、プロローグ的な第一回、いかがでしたか?

け~りん選手ってきょ~そ前夜、宿舎のなかでねっしんに作戦会議をひらいたりしてるんですって。

きょ~そ~メンバーが決まったしゅんかんから、も~戦いははじまってるんですね(^_-)-☆

ドッハッハッ!

んなわけねえだろ、タコ!

毎日飲酒

少なくともオレの現役時代、選手の基本的な三日間ったらまずこうだ。

前検入ったら、世間話と馬鹿話しながら仕事の手続きや準備して、ひと風呂浴びて飯食って、あとはも~飲めや歌えや!

延々と…

で、次の日の初日。

現場の大タコ部屋入って前日に引き続き馬鹿話しながら野良仕事の準備して、少しずつ酔いも覚まし、そのあとほんの一瞬だけ作業着着替えて本番の野良仕事。
そのあとはまた晩飯食って飲めや歌え。
さらに延々…

酒気帯び運転でパクられるって時代でもなかったから安心して飲めたもんさ。

そうそう、曇りの日は自分の野良仕事が始まる前に一滴だけ雨が降るよう雨乞いする事も欠かさなかったな。
「雨敢(雨敢闘賞)」ってのは一滴でも降りゃ出たんだから。

もちろん客には、たとえ槍が降ってもな~んにも出ねえよグハハハハ~!

作戦指示は客?

んで、二日目も同じこと繰り返して、最終日、最後の野良仕事を終わらせたらトンマな客から巻き上げた金をみんなで分けてさっさと解散。

金さえ握りゃあもうこっちのもん!

賞金袋と賞金明細なんてその場で即ポイ捨て。
家で舌舐めずりして待つクソばばあにわざわざ証拠品持ち帰るようなマヌケなんているわけねえ。

ホイ、そしたらその金使ってまた飲みに行くか雀荘行くか…
早めに仕事が終わってた時は競艇かパチンコに猛ダッシュ!

最終日、自宅にそのまま帰ったなんて選手、オレは現役時代ただの一度も見たことなかったな…

繰り返すけど、宿舎なんぞに入ったら、酒飲む以外やることねえし、酒飲みながら仕事の話なんかしたくもねえしするわけねえだろ。
並びや作戦なんて当日新聞読めば誰かが勝手に決めてくれてるし、そうでなくても客が「行け」だの「引け」だの指示してくれんだからオレたち選手は何にも考えてなんかいね~よ!

考えることがあるとしたら、点数と、あとは誰に酒代押し付けるかってことぐらい…

とにかくお前、マンガの読みすぎ!
マンガなんてウソしか描かれてねえから…

ど~して、そ~やってすぐお客さまの夢こわすよ~なこというの\\\٩(`^´)۶////

⁉︎
あんなヤツらに夢なんか持たせて何になるよ。
自分の意思で夢も希望も、さらには未来、有り金まで全て捨てちゃうって人間どもだぞ…
まったくおめでてえやつらよ…

ハイハイ!
ぜんぶごじぶんのことですね…
ありがと~ございました(-_-;)

オイ!
こういう事もキチンとAIにデータ入力しとかんと、真の競輪の世界は再現も表現もできんだろうよ…
今の時代、嘘八百はすぐ見抜かれんの!
大衆に!

【クイズ】Qここまでの記事の中に、どれだけ不事実が記載されているでしょう?

(正解はB面に)

B面ざれごとはこちら