はじめに

「埼玉県および西武園クラブ所属選手」、「大宮・西武園記念優勝選手」、「G1・GP優勝選手」等の選手登場まんがと、「西武園クラブOB・関優勝(37期)」の何でもネタまんがを交互に更新しています。

64話 武藤篤弘『西武園みててよね!』

は~い、みなさまコンニチハ~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
いよいよ五日後(4月15日)にせまった全世界的、きゅ~きょくのビッグイベント『せ~ぶえん開設71しゅ~ねん記念』!!!!
地もとのこんなおニイさまも、参加よて~なの~(ω╹๑ )
キャ~~~♡♥♡♥

武藤篤弘 武藤篤弘

選手にとって地元記念を走れるってのは、喜びとともに名誉でもあるよな。

と言いつつ、自分が1班走ってる頃ってのは、まだそれほどありがたみを感じてなかったんだけどさ。
いかに稼ぎを増やすかってくらいの場にしか考えてなかったかもしれん。

歳とって場が遠のくようになって初めて

「あ~、オレもこんな現場で走れてたんだな…」

って思うようになってきてさ…

とにかくS級の身分になって記念を走れるようになった連中には一戦一戦大事に戦ってくれって言いたいね。
特に地元記念ってのは、ひょっとしたら特別競輪より重い場のようにも今は思えるんだ。

武藤、がんばれよ!

白岩大助

武藤篤弘選手は長年、巧みな技術でマーク選手として活躍されてきたお兄さんの嘉伸選手(59期・埼玉)、そして今や埼玉を代表する追い込み選手として成長してきた甥の龍生選手(98期・埼玉)と日々トレーニングに励んでいます。

篤弘選手は高校生の時にインターハイ優勝などの輝かしい実績の持ち主でポテンシャルはとても高い物があります。

今やS級にしっかり定着して来ましたが、ここまで来るには彼の実力を思うと、とても時間が掛かった印象があります。

性格的にとても優しいタイプなので、そういう面が影響していたのだろうと個人的には思いますが、50代を超え尚マーク選手として厳しい走りを貫く兄、そしてグレードレースでも勝負出来る選手に成長した甥に感化されたのか、本人もとても成長しました。

この先、さらにステップアップして龍生選手と共にグレードレースでの活躍を期待してます。

その時には一緒にラインを組める日が来ます。
そして嘉伸選手もそれを心待ちにしていると思います。

新井剛央

インターハイの優勝実績もある篤弘くん。

彼がS級に定着するのに時間はかかったと思いますが、巧みな技術を持つ嘉伸さん、G1の常連となってきた龍生くんと一緒に切磋琢磨して、埼玉を代表する選手になってほしいと思います。

西武園記念は、平原康多を始め、埼玉113期三銃士(森田優弥、黒沢征治、植原琢也)も参加予定となっておりますので、チャンスを活かして、上でどんどんと活躍してもらいたいです。

「三銃士」
ハッハッハッ
なかなか面白えフレーズだな。
でもよ、ど~せなら「銃」より「砲」がよくねえか?
「大砲三門!」

なるほど、そうですね。
でも植原は、見た目のイメージはやっぱ「銃」っぽいかな…

みなさま~♡♥♡♥
ここで、ちょっとお知らせで~す(╹◡╹)♡

ただ今、大宮・西武園競輪サイトの「西武園記念特設ページ」に[「ギャンブルレーサ.com」出張版マンガ]がアップされてま~す!!!!

こちらのほ~も、ぜひぜひお立ち寄りくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あっ、そ~そー!
記念初日の12R特選きょ~そ~は『ギャンブルレーサー 関優勝牌』!
関センセェの冠レースがおこなわれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

ことしはプレゼント企画等を実施できませんでしたが、選手のみなさまがあついレースをお見せしてくださると思います♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ど~ぞ、おたのしみに~♡♥♡♥

裏話はこちら

64話B面『1988年西武園記念』

さて、しんあいなるみなさま。
A面でも少しふれたようにまもなく『せ~ぶえん記念』がはじまります(╹◡╹)♡
と、ゆ~わけで今回は、『せ~ぶえん記念』にまつわるお話をタナカセンセェになんか語っていただこうとおもいます。

ハイ!
それでは、ど~ぞ~
パチパチパチ~♫♪♫

以前、20歳くらい年下の知人にこんなこと言われたことがあったんだ。

「センセェ、オレたちゃ昔の選手のことなんて知らないし興味だってそんなにないからさ…」

要はブログにOB世代を取り上げるより現役世代をってことなんだろうね。

なるほど、そりゃたしかにそうかもね。
けどさ、それがなかなか難しいのよ。

オレからすっと現役世代の選手っちゅうのは、ほとんど子供みてえな年齢ばっかでイマイチ燃えんのよ。
つい親のような目線で見ちゃうから。

なもんで、うんと感情移入できるのはやっぱり20~30年前の競輪や選手たちの方なの。

自身と同世代の人たちの闘いだもん。
も~、夢中で観てたしね!
毎日のように飽きずに通ってさ…

オレのヒーローは

話はそちょっと逸れるけど、先日、1970年代後期の音楽ユニット『アラベスク』のCD買ったの。
なぜかふと思い出して、急に聴きたくなって…

で、早速聴いてみると、いやも~懐かしくって懐かしくって気分はウキウキ!

今、ほとんど毎日聴いちゃってるかな。

考えてみりゃ普段も80年代の音楽ばっか聴いてっからね。
アイドルだって、オレには松田聖子ちゃんがナンバーワンだし!

んな訳だから競輪選手も、脇本雄太(94期・福井)や松浦悠士(98期・広島)、平原康多(87期・埼玉)じゃなくて、中野浩一(35期・OB)、井上茂徳(41期・OB)、滝沢正光(43期・OB)なの!
あと、少し若い世代でも、神山雄一郎(61期・栃木)、吉岡稔真(65期・OB)、山田裕仁(61期・OB)…

オレにとってのヒーローは永遠にこのまんま…

現役世代の選手たちのことは現役世代の方達にお任せして、これからもオイラは年寄り色満々でこのブログ作っていきたいなって思ってんのでゆるしてね。

33年前の西武園記念

さて、西武園記念直前ってことと、今の話のついでがてら参考までに『ギャンブルレーサー 』が世に登場した1988年の西武園記念について語るね。
オレの青年時代は、このような人たちがスター選手だったんだ。

まずは決勝戦のメンバーとレース結果。

【西武園開設38周年記念(昭和63年4月)】

前節優勝戦(先固2500米)

❶①鈴木 誠(千葉)55期 23歳 ❷①❶
❷②尾崎雅彦(東京)39期 30歳 ❺②❸
❸③中野浩一(福岡)35期 32歳 ❶①❷
❹④松本聖志(岐阜)53期 24歳 ❾③❾
❹⑤佐古雅俊(広島)45期 27歳 ❸①❻
❺⑥緒方浩一(熊本)30期 35歳 ②②❼
❺⑦坂本 勉(青森)57期 25歳 ❽③❽
❻⑧藤巻 昇(北海)22期 39歳 ③③❹
❻⑨伊藤豊明(愛媛)41期 29歳 ❼②❺

【レース展開】

鈴木-S尾崎、坂本-藤巻、中野-緒方、松本-伊藤-佐古の並び。
赤板で上昇した松本が打鐘4角からスパート。
鈴木-尾崎が2角で捲りきり、BS過ぎにダッシュした坂本は佐古に張られてストップ。
その間、中野がインから前段抜け出し鈴木-尾崎を追う。
粘った鈴木がそのまま1着、番手の尾崎は直線伸びず猛追中野がタイヤ差2着。

後節優勝戦(先固2500米)

❶①南雲孝之(東京)54期 23歳 ❽②❺
❷②井上茂徳(佐賀)41期 30歳 ❶①❶
❸③高下堅至(静岡)41期 29歳 ❻③❸
❹④山田英伸(神奈)51期 24歳 ⑤②❽
❹⑤内田浩司(福岡)51期 25歳 ❷②❷
❺⑥青柳 禎(埼玉)52期 25歳 ②③❻
❺⑦馬場圭一(香川)45期 27歳 ②①❹
❻⑧豊田知之(岡山)59期 20歳 ④③❼
❻⑨竹内久人(岐阜)37期 32歳 ❼①❾

【レース展開】

南雲-S青柳、竹内-山田、内田-井上-高下、豊田-馬場の並び。
3周目、豊田-馬場で前段おさえて並走。続いた内田が打鐘前から上昇して主導権。
以下、井上-高下、豊田-馬場、南雲-青柳、竹内-山田で一本棒。
マイペースで逃げる内田を井上が直線楽々交わして1着。

※「S」は、スタートで先頭取ったという意味

【参照➖当時の『月刊競輪』】

前節は取れたけど…

いやも〜『アラベスク』同様泣けちゃうね~!!!
前節の優勝が鈴木誠さん(55期・OB)、後節が井上茂徳さん。

連載スタートのチョイ前くらいの時だったんで、前節、後節両方ちゃんと行ってたよ。
(翌年以降は忙しくて多分10数年間くらいは現地にほぼ行けてなかったと思うけど)

でさ、この時のオレにはこんなエピソードがあるんだ。

実は、前年、例年以上に貧乏神に取り憑かれちゃってたオレは車券の方も絶不調。
行けども行けどもオケラで本当に金が無くなっちまって、その下半期からこの年の西武園記念まで車券はほとんど買えずって状況が結構続いてたのよ。
けど、不思議なもんで漫画が採用されてお金をいただけるようになったら、車券購入再開となった前節であっさり取れちゃってさ。
金の無いときゃ、どんなに必死で頑張っても外れ続けたのに…

やっぱ賭け事ってのは精神的…
ってより懐に余裕があるか否かってのはでかいのかもしんないね。

さて、決勝レースはいくらつけてたかもう忘れちゃったけど、結構つけたような気もするし、鈴木-中野の車券、取れて本当に嬉しかったな。
(後で調べたら ❶❸  1,630円⑥番人気でした)

ほんでもってさ、後節は結局外れたんだけどとても印象深いレースが観れたんだ。

簡単に言うと、初日から三日間、井上-内田の車券で決まったの。
ちょっと想像してみてくれる。
当時、500走路だった西武園で三日間ワンツーよ。
1、2着入れ替わることなく…
しかも、今と違って軽いギアの時代。
先行屋が粘るのって、すごく大変な事でもあった頃。

オレと関優勝の永遠の天敵

もちろん内田さんの調子が良かったってのはあるだろうけど、やっぱ井上さんだよね。
こう言っちゃなんだけど、当時…
というかそのあとも永遠にだけど、内田さんは井上さんの格下って存在で、競走では井上さんが前で駆ける内田さんをいかに残してあげるかっていう感じの関係性だったわけ。
(内田さんゴメン)

『ド本命』の先行選手を交わし続けるのも大変だけど、それ以上に『残してやらなきゃ』ってレベルの先行選手を連日残し続けるのって神業に近いものがあると思うんだよね。

オレ、決勝レースは井上さんから抜け目で買ってたの。
もし、前二日間でワンツーが続いてなきゃ内田さんの2着も買えたろうけど、いくらなんでも三日連続はねえだろうって思ってさ。
(ちなみに ❷❹、1番人気で230円)

まっ、そんな感じなんでオレがどんなにツキが回ってきたような状況の時でも井上さんって人は、やっぱりオレの邪魔をすんだよね。
しつこいくらいに…

蛇足だけど、井上さんの引退レースとなった1999年春の静岡ダービーなんて連日頭で買ったけど全部沈んでくれたかんね…
最後の最後までそういう御人(笑)。

とにかく人生思い通りにはいかないってことをオレに教えてくれた大恩人の一人かな。

ちなみにさ、現役世代の松浦悠士選手の上手でしぶとい競走ぶり見てると、ふと井上さんのこと思い出したりすることがあるんだけど、でもやっぱ全然違うんだよなあ…

松浦選手に対して恨みつらみ、憎しみの感情なんて一度たりとも湧いたことないもん。

あたしもおばあちゃんになったら、今の時代の選手のことばかり語るようになっちゃうのかな(笑)

A面マンガにもどる

SR31話『業界人の性(さが)♥♡』

ふ~~
あたしは一瞬だけ冷やあせをかきました(><)
「せ~~」じゃなくて「さが」ですね?
あ~よかった(ω╹๑ )

さて、みなさま。
さくねんは、開設70周年というふし目の開催であったにもかかわらず、ウイルス感染者かく大のあおりをうけ中止となってしまった西武園記念。
ことしの開催も現時点ではかくじつに実施といえる状況ではありませんが、開催前ていに準備をすすめています。

ただ有観客で実施できたばあいでも入場制限等をおこなわねばならず、従らいのような場内イベント等もむずかしいとおもわれます。
ですが、地元をはじめ出場よていの選手たちは、走りでファンのみなさまたちに、うんとよろこんでいただこうと今から闘志まんまん。

ぜひぜひ期待してくださいね。

お前のウソのつき方ぶりも、だんだん板についてきたな。
選手がそんな風に思ってるわけねえだろ!
頭の中は、金と点と自分の損得だけ!

ふう~…
センセェってホントにかわいそうなヒトだよね…
最近、つくづくそう思えるようになってきちゃった…

B面ざれごとはこちら

SR31話B面『飲み会断る?断らない?』

きょうは4月20日、西武園地区もサクラの花が顔をのぞかせはじめました(๑˃̵ᴗ˂̵)
ブログ更新日の25日は満開になっているのかしら?
やっぱり心がウキウキしてきますね(^ ^)~♪♫♪~

さて、サクラといえば、やっぱりお花見☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
でも、去年につづき、今年も西武園クラブのお花見は中止なんだそうです。
あたしも参加を楽しみにしていたのですがザンネン(>人<;)

いっとき、飲み会をことわる人、ことわらない人ってフレーズが話題になっていたことがありました。

メンバーにもよるのかもしれないけど、競輪選手の飲み会に参加するのはあたしは大好き(*≧∀≦*)
選手のみなさんってお酒が入ってもあんがい上品でホントにおやさしい方が多いですから(ほんのすこしウソ)。
なによりレースや選手のウラばなし的なものが聞けるのって、すっごく楽しいんですよね。

みんなで集まってワイワイたのしめる日が一日も早くおとずれることをホントにホントに祈りつづける今日このごろでございます(ω╹๑ )

タナカのざれごと

二年連続お花見中止…
本当に残念。

オレが西武園クラブのお花見に参加するようになって、もう何年になるのかな…
この地区に引っ越してきてからだから、それでも二十五年は経ってるのか…

あっという間って感じもするけど、やっぱりそれなりの時間は過ぎてんだね。
オギャ~と生まれた赤ん坊が25歳になっちゃてるってことだもん、あ~、おそろしい。

飲み会参加はプラスだった

さてと、ところでさ、今でこそ飲み会を楽しみにしているオレだけど、若い頃はそういう類が苦手でしょうがなかったの。
って言うより、時間がもったいなく感じてさ。

仕事も忙しかったし、40代くらいまでは西武園クラブ関連のものを除いて他はほぼ欠場。
忘年会やらパーティやらの通知が来ると、

「あ~面倒くせえ~」

でも、それって、ちょっと失敗だったね。
可能な限り参加しときゃよかったって今はつくづく思うもん。

今さらだけど飲み会の類って、決して意味のない時間ではなかったって思えるんでさ。
色んな方達と知りあえるし、知らない世界の話も聞けるじゃない。

巷では色々言われてるけど、年配の人たちの経験談、体験談や説教、自慢話も、後になって役に立つってことが結構あったしね。

聞いてる時はそれほどピンとこなくても、

(あ~、そういやあの時こんな話聞いたっけ…)
(なるほど、こういうことだったんだな…)

みたいにさ…

ピンとこなかったのは、その段階でまだ自分がそれだけの経験、体験をしてないからなんだろうね。

だから、何かの事態に遭遇したりした時、ハッと気づかされたりするんじゃないのかな。
問題を解決するヒントも随分もらえたように思うし…

的外れなこと言われたってい~じゃん!

あと今、自分も年寄りになって思うのは、年寄りって、特に若い人には良かれと思って話をしてるパターンがほとんどだよなってこと。
損得の計算なんかまったく無し。
より良い人生を送ってくれたらいいなって純粋に思って話してんだよね。
(もちろん、そうじゃない人もいるにはいるけど)

だって、年寄りにとっての若い人って、もう競い合う相手でもなんでもないじゃん。
そもそもこっちは近い将来死んじゃう身なんだし…

あっ、もちろん、話の内容が正しいかどうかってのは別よ。
的外れのアドバイスや理屈も結構あるとは思うの。
でも、そういうのだって反面教師的に考えれば、やっぱり役には立つからね。

たださ、若い人にとっては意地の悪い、心のねじ曲がった、いや~な性格の年寄りとの遭遇は極力避けたいってのが、きっとあるよね。

たしかにそういう人も相当いるけど、結局そういう人って最終的には飲み会とかに誘われることも少ないと思うんだ。

身分や権力持ってる時は仕方ないけど、そうじゃなくなりゃ誰も関わろうとはしないでしょ。

ゆえに、幅広い世代で集まっておしゃべりできる飲み会なんかは、特に若い人には積極的に参加する事を勧めたいんだけどね。

年寄りにとっては若い人と喋れるだけで嬉しいっていうのもあるから、それだけでボランテイアにもなるじゃん。

なるほどね…
ヨーシ、だったらあたしはウイルスの状況がおさまったら飲み会はことわらない側になろ♥♡

63話 岩田幸久『いっぱい欲しいな!』

みなさま~、待ちに待った春でございますわね~~~♡♥♡♥
ステキなことがいっぱいいっぱい起こるとい~な~(*≧∀≦*)
ですよね、岩田さん?

岩田幸久 岩田幸久

よっ、岩田!
もうすぐ50かあ…
オレの頭の中じゃ、なんかまだ60期代の若い衆ってイメージが残っててよ。
オレもまだ現役でバリバリやってた頃の後輩だからな…

今の時代、選手は50過ぎると一戦一戦走ること自体がもう勲章みてえなもんだから、まっ、しぶとくがんばってくれや。
普段の競走ぶりを見てるとジイさんっぽさはまだそれほど感じさせないし、やる事もやれてるもんな。

いいとこ回れるようオレからも祈っとくよ。
じゃな!

新井剛央

今回は岩田さんですかぁ…!
なかなか難しいお題ですね(汗)
面白いネタがあったとしても先輩なんで、、、書くわけいかないし、、、。

岩田さんとは、普段練習場所も違いますし、競走でしかほとんど接点はありませんが、夕方頃に道場に行くとみかけることがあります。
室内トレーニングをやっているんですが、時間遅くてもしっかりと1人で追い込んでるのをよく拝見します。
やるときはやるって感じですね。

1人でやるのって妥協したりしてしまって難しいと思うんですけど、それを続けられるっていう精神力は競輪選手にはとても重要なことだと思います。

他の先輩から聞いた話の中に高校時代は、カリスマ的な存在だったそうです。
競輪学校時代は練習が合わなくて在校成績は下位の方だったらしいのですが、先行回数や自主トレーニングの回数は在校1番くらいだったそうです。
その努力の甲斐あってデビューしてから早い段階でS級に昇格したそうです。

「継続は力なり」

自分が好きな言葉ですが、自分が出来ることをしっかりと継続して力を発揮できるようにこれからも精進していきたいと思います。

白岩大助

岩田幸久選手は出身が同じ埼玉県の川口市の先輩です。今はありませんが僕がデビューした当時は同地区の毎年忘年会があり、新人選手は潰れるまでお酒を飲まされていました(笑)

厳しい諸先輩方が多い中で決して無理強いせず、優しく見守ってくれていた印象があります(笑)

同じ開催も少ないのでレースなどのエピソードはあまりないのですが、私の自宅から私の娘の幼稚園に向かうまでの道のりに岩田さんの練習コースがあります。

よく妻が幼稚園に用事がある時に毎回、岩田さんが1人で黙々とトレーニングされている姿を見て「今日も岩田さんいたよ!」と伝えてくれます。

私は今は1人でやる事も多いですが基本的に仲間達と一緒にトレーニングを行う事でモチベーションを上げるタイプなので、いつも1人でやるのは甘えが出てしまいダメなんです。

その為、自分をしっかり律して日々鍛錬出来るところをとても尊敬しています。

裏話はこちら