はじめに

「埼玉県および西武園クラブ所属選手」、「大宮・西武園記念優勝選手」、「G1・GP優勝選手」等の選手登場まんがと、「西武園クラブOB・関優勝(37期)」の何でもネタまんがを交互に更新しています。

71話 金子哲大『先行屋!読みと勘』

は~い!
今回、ごと~じょ~は埼玉のほこる…
かもしれない、金子哲大せんしゅで~す
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今日は先行せんしゅならではのお話をうかがってきました~
♫パチパチパチ~♪

金子哲大

金子哲大

さらに上での一発期待!

ハッハッハッ!
マンガの中じゃ一杯食った金子だけど、実際のとこは流れをつかんだりタイミングを計るのも上手な男だぞ。
最近は若いモンうまく騙して駆けさせるなんてこともやってるけど、まだまだ自力での先行捲りの破壊力は十分。

宿口(陽一/91期・埼玉)もでかいの一発やっちまったけど、金子だって他人騙すテクニックをさらに磨けばG1での活躍だって大いに有り。
32歳なんてまだまだ全然若いんだから、とりあえずは記念でもっと大暴れ出来るようになることを期待してえな。

埼玉主力の一人としてがんばれ!

新井剛央

前も後ろも大丈夫!

金子くんといえば、身体のバネを活かしたダッシュ力でグレードレースでもたくさん活躍しています。
抑えて先行もするし、前受けからの突っ張り、引いてカマシ先行となんでもやるイメージですね。

最近のレースでは、若い自力選手に前を任せたりしているのを時折見かけます。
周りもレベルが上がって大変ですが、チャンスを活かして、これからもグレードレースで活躍してもらいたいですね。

余談になりますが、いい身体してるので食事とかも気をつけているのかと思ったら、まさかの野菜嫌いでほとんど食べないそうです、、、笑

白岩大助

金を取った男!

金子哲大選手は同じ練習グループで彼が高校生の時から知っています。

今現在も競輪選手の中ではスマートな方ですが、高校生の時はとても細くて、本当に競輪選手になれるのか?心配していました。

しかし、のちに95期生の同期生となる相川永伍選手(95期・埼玉)と共に自転車はもちろん、ウエイトトレーニングの猛練習にしごかれ逞しく成長していきました。

彼が競輪学校(現競輪選手養成所)在学中のエピソードですが、記録会があったある夜にたまたま僕が金子選手の師匠の飯田威文選手(67期・埼玉)と食事をしていて金子選手から師匠に記録会の報告の電話が入りました。

競輪学校では記録会のタイムによって金、白、黒、赤、青とランクが分かれています。

その時の電話で金子選手は金を取ったと言うのです。

その時、飯田さんはもちろん僕も正直、彼が金色のゴールデンキャップを獲得するだけの能力があるとは思っていなかったのでビックリしました()

飯田さんが

「金は何人いたの?」

って本人に聞き返したら

「僕1人です」

と金子選手。

67期性から始まったゴールデンキャップ制度。
ましてや埼玉から初めてのゴールデンキャップ。

そして67期〜95期が2000人以上いた中で金子選手はなんと9人目。
本人には大変失礼な話ですが本当にビックリしました。

目指せ!G1常連

デビュー戦が千葉競輪となり、たまたま僕も同じ開催となりました。

ゴールデンキャップを獲得し大注目の彼はとても緊張していたので

「みんなから注目される事をプレッシャーに感じる必要は無いけど、名誉あるゴールデンキャップを獲得したプライドはしっかり持てよ!」

と伝えた覚えがあります。
覚えてないと思いますが
()

性格的には闘争心が強いタイプではなくマイペースで突き進むタイプ。

能力的にはG1常連であっても不思議では無いのでちょっと歯痒く感じていますが、埼玉の金子選手に年が近い世代はそのような選手が多くいます。

しかし最近、埼玉から強い若手選手がドンドン誕生してきています。
さらに埼玉が盛り上がるように金子選手の世代が若手選手に刺激を受けながら一緒に成長しGレースで活躍してもらいたいと願ってます!

裏話はこちら

71話B面『怪物三代目!』

9月に入れば、少し落ちついた日常がもどってくるのかしらと思ってたのに、なんだかますますさわがしくなってきちゃったみたいな今日このごろ。

みなさま、いかがおすごしですか?
あまりアツくならないよう、おだやかな気持ちをたもちつつすごせたらいいですね
╹◡╹

ビックリしたな~!

アツくっていうか、とにかくビックリしたよ!

総理の退陣とか皇族の新たな結婚関連報道…
総裁選、衆院選……

とかでは全然なくて、向日町記念(9月2日~9月5日)、脇本雄太選手(94期・福井)の走りっぷり!

まさに怪物じゃん!

オリンピックで戦うために鍛え上げた肉体はここまで凄いものになっていたのかと改めて驚かされたね。

究極の戦法

昔さ、選手の方たちもおっしゃってたけど、競輪の究極の勝ち方って

『前とって、突っ張ったままそのまま逃げ切ること』

これやられちゃったら、もうどうにもなんないもんね。
対抗する手段ないもん。

こういう話が出た時って、それを当たり前のように実行するのは不可能に近いからから少しでも近づくためにどう鍛錬するかって流れなんだよね。
つまり目指す目標って位置付け。

オレも実現不可能の究極の理想戦法って、ずっと思ってたもん。

なのに、現実でそれをあっさりやっちゃてるんだから。

野球のメジャーリーグでも、大谷翔平選手が不可能と言われていたことをどんどん実現させているし人間の進化ってのは本当にすごいと思うな。

過去に衝撃を受けたのは

滝澤正光氏(43期・OB)

競走ぶりに大きな衝撃を受けたってのは、数は少ないけど昔もあったよ。

それは、1987年の滝澤正光選手(43期・OB)と1990年年末立川での吉岡稔真選手(65期・OB)。

お二人の突出した怪物ぶりは、ネットで調べればいくらでも出てくるだろうからここでは省くけど、今回の脇本選手のレース同様、他の8選手は

吉岡稔真氏(65期・OB)

「もうどうにもならねえ…」

って感じの競走ぶりでさ…

オレの中では、こんな感じの衝撃を受けたのは現時点で以上3名。

もちろん衝撃を受けた競走ぶりや選手ってのは他にもいっぱい存在するけど、極端に大きな衝撃って意味でね。

大きな期待

中野浩一さん(35期・OB)が1975年にデビューしてきた時も物凄かったらしいんだけど、オレはその時まだ中学生。
だから直接は見てないし知らないの。
(知ってるのは1983年から)

ゆえに実感としては初代の怪物は滝澤さんからってこと。

でね、ふと思ったのよ。
もし、今の脇本選手が本当にあの当時の滝澤さん、吉岡さんと同じレベル、あるいはもうそれ以上の怪物に到達してるとしたら、今後、出場するレースはタイトル戦も含め、メンバー関係なく全て本命。

で、8割~9割くらいキッチリ頭…

う~ん、凄い!

でも、可能性十分だよね。

今年の残るビッグレース、脇本選手の総取りレベルの活躍をぜひ見てみたいなあ。

確かに滝澤も吉岡も、一時は同じ人間とは思えないレベルまでいっちまったもんな。
オレたちマーク屋にとっちゃ、先行屋ってのは「ほどほどより結構上」ってレベルでいてくれるのが一番ありがたかったんだけどさ
ハッハッハッ

関センセェが滝澤選手からチギれるシーンをあたしもナマでみたかったな~

へっ、ナマコの干物が簡単に言ってくれるぜ!

最初は目の前にあったはずの大金がどんどん離れていくんだぞ。
追えども追えども…
あの悲しみ、絶望感といったら、も~…

やれやれ…
つまり先行選手はセンセェにはお金にしか見えなかったってことね

金に見えるのは強い先行!
2班3班クラスの先行なんていきなり不良債権背負わされて走るようなもんよ

ちなみに井上さんは「強盗」兼「ひったくり」兼「ゴロツキチンピラ」兼「火事場ドロボー」兼…
とにかく未だ同類の人間が出現してない、競輪史上究極の反社人間!

松浦悠士(98期・広島)が多少近づいてきたけど、凶暴さ、悪質さ、しつこさ…
とにかくタチの悪さじゃまだまだ遠くおよばんな…

あ~あ…
しらないよ!
そ~ゆ~こと言って…

A面マンガにもどる

70話 古性優作『日本一の捌き!』

しょ~しょ~時間はたっちゃいましたけど、あのお方のオールスターでの戦い
とってもみごとでした!
ホントつよかったですよね~
♡♥♡♥

古性優作

古性 優作

脇本素晴らしい

優勝した古性を褒め称える前に、まず脇本に関して感想言わせてもらうわ。

前回のブログでも触れたけど、今回はオリンピックから中0日での参戦。
これのために何年も頑張り続けてきた集大成の直後だべ。
疲労の度合いたるや最たるもんだったと思うんだ。

で、注目を集めたオールスターの第一線、どうにもならずの走りを見せ、

「やっぱ、仕方ねえよなあ…」

と思わせたのに、それ以降の走りは見事の一言。
新田だって同じ。

よくぞ決勝まで進出して、期待される選手としての責任も果たしてくれたもんだと思うよ。

最高の名誉

さて、ほんで今回の主役、古性!
捌きの名手として活躍してきた男もついに無冠を返上。

昔と違って、今は30歳からでも全然遅くねえからな。
しかもよ、今一番強い先行の後ろをまわる実績と権利を手にしてるんだぜ。

番外編の14でも話したけど、『本線の番手』ってのはマークを狙う選手にとって最高の位置であるとともに最高の名誉なんだ。

「もうバンバン行くしかねえだろ!」

新井剛央

日本一の捌き

古性選手、初G1制覇おめでとうございます。

何年も前からG1制覇は期待されていたでしょうが、獲るべくしてようやく獲ったっていう感じですかね。

彼のレースを見ているとBMXで培った巧みな自転車捌きとコース獲りでどこからでも連に絡んでくるっていう印象があります。
オールスターの決勝は、東京オリンピックから中0日で臨んだ福井の脇本選手の番手でした。

ナショナルチームとして世界で戦ってきた彼の強さもありましたが、それをしっかりと差すところも素晴らしかったですね。
レース後のコメントで平原選手も「日本一の先行選手と日本一の捌きの選手がラインを組まれたら厳しかった」と言っていました。

2021年も後半に入り、グレードレースも残すところ3つとなりました。新しいスターがまた誕生するのか、これから楽しみですね。

白岩大助

BMX選手の技術に驚き

副支部長のコメントにあるように、獲るべき選手がようやく獲ったという一言に尽きますね。

以前、奈良記念の2次予選で古性選手ラインの3番手に付かせてもらった事がありました。

捲り展開になって3コーナーで凄いブロックをされ前輪が払われそうになった瞬間に車輪を引っこ抜いて軽々避けて捲り切り1着、後ろから見ていて技術の高さに驚いた事がありました。

BMXの全日本チャンプから競輪への転向。

BMX出身の選手は自転車の扱いが上手いと今まで話に聞いていましたが、東京2020オリンピックで実際にBMXのレースをテレビで観戦して選手達のダッシュ力、体重移動、そしてハンドル捌きの素晴らしさに驚きました。

あれだけのスキルがあれば当然競輪でも大きな武器となります。

KEIRINと競輪のタッグ

レース参加時の古性選手しか知りませんが、イメージは侍のような寡黙な漢。

1つタイトルを取って浮かれる事なく、さらに高みを目指して行く。

GP2021に向け脇本雄太という世界に通用する先行選手と強力タッグを組み、ここ数年タイトルのたらい回しをする松浦清水の黄金ラインと良い戦いが観られると思います。

そしてその先も脇本選手と古性選手のKEIRINと競輪が融合してさらに競輪界を盛り上げてくれるでしょう!

裏話はこちら

70話B面『キレイな心』

みなさま、おつかれさまでした。
悪夢のようなオ~ガストもすぎ去ってゆきましたね。
でも、ウイルスとの戦いはまだまだこれからもつづきます!

さあ~、竹内まりやさんの『Septenber』でも口ずさみながら、ひきつづき引きこもりましょ~
「♪~セッッッテテェンン、バ~~~♫」

(※これならJASRACのあれ、セーフですよね?)

お~素晴らしい!

竹内まりやさんの歌って、やっぱいいなあ。

オレの場合、緊急事態宣言中ってのを抜きにしても、一人家の中で過ごしてるってのが圧倒的でしょ。

なもんで、音楽かけっぱなしってのが多いんだけど、聴いてるのは30~40年くらい前、ちょうど自分の青春時代の曲ばかり。

なぜだか知んないけど飽きないの。

で、当時のことを思い出したり懐かしんだり。

やっぱ、完璧にジイさんになっちゃったんだね…

とはいえ、家の中に引きこもってばかりの日常には、さすがに飽きて本当いやになっちゃう。

あと、どのくらいこんな生活を続けなきゃいけないのかわからないけど、もうしばらくは歌を聴いたり、映画を見たりしてがんばんないとね。

けいりんは見ないの?

競輪は、昔散々見たんで飽きちゃった!

コラ~!

関のざれごと

笠松将太のある一戦

なにが『せっちん・バー』だよ!
便所のBARって何なんだ?

BARの便所に引きこもるのか?

せっちん?
なに、それ?

知らねえのか?
便所のことだよ

まあいい、それより先月は少々印象深いレースがあったんで、その話をするわ。

ちょうど1ヶ月前か。

地元、笠松将太が乗っかった西武園のS級決勝。

【西武園7RS級決勝】8月12日

①笠松将太(埼玉)100期 逃 ❹
②阿部拓真(宮城)107期 両 ❶
③山口泰生(岐阜)  89期 追 ❼
④小原佑太(青森)115期 逃 ❷
⑤渡邊晴智(静岡)  73期 追 ❻
⑥横関裕樹(岐阜)  99期 逃 ❸
⑦寺沼拓摩(東京)115期 逃 ❺ HB

(結果)②-④-⑥/差し-捲り

オレ、このレースは将太のS級初V絶好のチャンスだと思ったんだ。
本命は小原だったけど、将太は地元バンク、加えて寺沼っつうしっかりとした目標付き。

で、競走が始まったら願ったり叶ったりのいい展開。

寺沼が赤板過ぎに前段押さえ打鐘2Cから一気に加速、最終HSを一本棒で通過。

「オ~シ!!!」
「あとはケツからの捲りに合わせて発進するだけ!」

優勝の期待がかなり膨らんだところで、さあ来たよ、小原の2角捲りが。

「オ~シ!あわてんな~!」

「引きつけられるだけ引きつけて、あとは番手捲りな~~!」

最終BSからは小原と将太の力勝負と思ってワクワクして見てたよ。

え〜っ⁉︎

ところが…
ところが、なんと将太は縦には踏まず横へ…

律儀なことにマークの仕事しに行っちまってさ…

そりゃ先行を守るのは後ろまわる方の義務ってのはわかるよ。
そうでなくても、気持ちよ~く行ってもらえてたんだから。

けどよ、繰り返しになるけど、将太にとってはホームバンクかつ初Vのチャンス。

番手捲りでも問題ねえだろう!

寺沼だって、将太が取ってくれるならくらいの気持ちはあったろうし…

レースの方は結局、小原が将太のブロック物ともせずキレイに捲り切って東北ワンツー。

難しい判断

将太って男は、本当に真面目で正直なんだなって改めて思ったね。
もちろん、悪い意味でじゃなく良い意味でだぜ。

将太がそういう男だから、寺沼だって気持ちよく駆けてくれたんだろうし。

もちろん、逆だってあるよな。
寺沼が人間として、選手として、本当にいいヤツなんで、将太も援護に行かずにはいられなかったって風にさ…

少なくとも、薄汚ねえ根性のヤツのために必要以上にがんばるなんてヤツはいるわけねえ。

そう考えると、心のキレイな人間同士の連係だったがゆえ共倒れに終わったって解釈でもいいのかもしれんが…

って風にも思うのよ。
冗談抜きに。

チャンスは、これからまたいくらでもあるし…

けどよ、反面こういう思いももたげてくんだ。

「アッホ~!」
「取れるチャンスのある時になり振り構わず行かねえで何やってんだ!」

「お人好しは結局お人好しのまんまだぞ!」
「駆けた方だって犬死じゃねえか!」

これも正直なところでな。

取れるときに取っとかねえと永久に縁がなくなるっつうパターンも確かにあるし…
あと、とりあえず1回取っておくとそのあとの流れが変わってくるってのもあんだよな…

オレだったら?

オレは将太と違って純粋なマーク屋だから、張りに行くか飛びつく選択しかねえんだけど、もし踏んでく脚が十分残ってて、しかも地元バンクってことなら躊躇なく番手捲り行くな…

駆けてくれた方には、あとでの恩返し忘れなきゃいいだけのこってさ…

じつはあたしもショ~タくんのユウショ~、すっごく期待してたの…
でもさ、自分のことより、まず仲間を大切にってところはステキよね

でも、オレが寺沼だったら、
「かまわず行ってくれ~!」
の方かな…

ただ、おのれにとって大きな意味のあるレースでも、こういう走りを見せる将太は先行屋からの信頼もさらに厚くなるよな。
その分、チャンスは増えていくとは思うけどよ

あっ、でも今のアイツの本業はあくまでも先行だから、将来に向けての貯金ってとこか
ハッハッハッ

ちゃんと貯金もできる男性っていいわあ~!
ギャンブルとかで散財しちゃう男の人って最悪だもんね!

口先だけ調子いいことささやいて、客に散財させることしか考えてねえお前がよく言うな…

A面マンガにもどる

69話 古寺伸洋『好転してね』

大雨のあとは、またモ~暑…
あ~~も~~~
アツくてアツくて、やんなっちゃう!

今年はガース………
っじゃなくってっっ!!!
ニースにも行けなかったし、しかたないから、もうすぐ50のジェントルマンとプールしてきました…
(ω╹๑ )

あ~
視線もアツいわん…

古寺伸洋

コデラ ノブヒロ

50歳にリーチ

あたり!
良かったな、古寺とプールかよ!

マンガの中でとはいえ、選手とプールでデートなんて、なかなかのもんじゃねえか。

ひょっとして、新井のことは諦めたか?
ゲッヒッヒッ

まっ、そんな事はどうでもいいや!

さて、今回登場の古寺。
今年でもう49歳か…

着に絡むのが少しずつ厳しくなってきているとはいえ、しぶとくがんばってるよな。

オレ、今の時代はよ、50過ぎた選手はもうそれだけで表彰してやってもいいんじゃねえかと思ってんだ。

次から次へと力のある若手が入ってくる中、体力維持して戦い続けてるんだからさ。
大変だと思うぜ、本当に。

古寺に限らずだけど、ベテランの連中には1分1秒でも長い現役生活目指してがんばってほしいと思うな。

引退しちまった身からすっとさ、現役ってのは何物にも代えられない本当に貴重な時間だったってつくづく感じんだよ。

な訳だからさ、ベテラン古寺!

「ガンバレ!」

それにしてもさ~
なによ、こんかいのマンガも!
も~ちょっとマシなプールにできないものかしら…

贅沢ぬかすな!
お前なんぞタライかバケツで十分だろ!

うんと小ちゃい女の子になってかわいいコップの中でおよぎたいな♪♡♥

白岩大助

ナイスなファッションだったのに

古寺伸洋選手を一言で表現すると勉強家な方です。

トレーニングや英語、そしてラグビーの知識がとても豊富な方でレース中には必ずそれらの本を読んでいて、周りに流されず競輪選手の中でも特に自分の芯をしっかり持った選手です。

昔は開催中に面白いキャラクターデザインのTシャツをよく着ている事が多かったのですが最近は見かけなくなり、この前会った時に

「最近面白いTシャツ着ないんですか?」

と聞いたら

「流石に50歳近くなって着てられねぇよ!」

って言われました()

結構楽しみだっただけに残念です()

競輪場の中だったらオモシロTシャツありだと思うな~。
おそとで着るのは大変そうだけど(笑)

新井剛央

バネとキレの先輩

支部長のコメントにもありますが、勉強家で周りに流されず自分の芯を持っている先輩選手っていうイメージですね。

競走参加時以外はあまり接点がないのですが、前に自分が行っていたジムが一緒だったのでたまに見かけていました。
そのなかでも、重たい重量を持ち上げるっていうよりは、身体のバネを使ったトレーニングをしていて身体能力の高さが伺えました。

自分の中ではキレを活かした捲りのイメージが強いですね。

まわりに流されない、じぶんの芯を持っている男性ってステキですよね。
わが道を一心に進む姿って強力な武器かも♡♥

古寺も歳が歳だろ。
我が道ってんじゃなくて、目標のケツを一心にひっついていくってこと以外、もう面倒臭くなっちまったんじゃねえの(笑)

や、やめてくださいよ関さん!
そ~いうこと言うの…(汗)

裏話はこちら