66話 野口裕史『4日間バック奪取で完全V!』

ちょっと時間はたっちゃいましたけど、4月の西武園記念ゆうしょ~は野口裕史せんしゅでした〜〜~♪( ´θ`)ノ☆★♬
それではど~ぞ~
パチパチパチ~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

野口裕史 野口裕史

今後に注目

野口の西武園優勝ったってもうはるか昔のことのように思えちまうよ。

その後、ダービーがあって、それももう終了しちまってるくらい時が立っちまったからな…

それでも、そのダービで、たとえ一つでも逃げ切り勝ち決めとければ印象もまた違ってたと思うんだけどさ。

そしたら野口強しのイメージも、勢いの流れも切れねえで、このまま一気に一段高いステージに向かって行けてたかもしれねえし、ちょっと残念だったな。

でもよ、ダービーの四走全てで力強さは十分感じられたし、今後の飛躍は期待大。
まっ、西武園が見事すぎたゆえってとこかな。

がんばれよ!

新井剛央

圧倒されました!

4日間バック線をとっての完全優勝、そして記念初優勝おめでとうございます。

お見事というか、脱帽ですね。

最終日は、現地で見ていたのですが、開いた口が塞がらないって感じでした。
レースを振り返って、連日誰も出させないっていう気持ちがとても伝わるレースでしたね。

2日目の二次予選では、グランプリレーサーの和田健太郎選手から逃げ切ってのワンツー、3日目準決勝でも先行しての逃げ切りのワンツースリー、最終日も打鐘からの逃げ切りでのワンツー、、、

圧倒でした。

決勝のレース後に連携した静岡の岡村君に話を聞いたのですが、後ろに付いていて、いろいろなところで踏み上がっていくので酔っ払ってしまう感じだったそうです。
S級での初優勝が今年だったのも意外でしたが、これからも自分のスタイルを貫いて特別競輪でもっともっと活躍してもらいたいと思います。

白岩大助

素晴らしい!

まずは野口裕史選手、西武園記念競輪優勝、G3初優勝おめでとうございます!

埼玉支部としては平原康多選手(87期・埼玉)を筆頭に埼玉支部の選手の優勝を願っていたので残念ではありますが、野口選手の4日間のあの走りには思わず脱帽です。
本当に素晴らしかったの一言です。

昨今の競輪、特に7車立てになってからは特にダッシュ系の選手の活躍が目立ちます。

競輪の花は「先行選手」と言わた時代からレースの形態も変わり、上位に行けば行くほど先行逃げ切りで勝つのは厳しくなりました。

その中で脇本雄太選手(94期・福井)は長い距離を踏める持久力に高いトップスピードも兼ね備え先行日本一と言われています。
例えて言うなら新幹線のようなタイプ。

今回の野口裕史選手は彼らとはまた違ったタイプで、滝澤正光選手(43期OB/現日本競輪選手養成所所長)のようなタイプでこちらはSL機関車。

派手さはナショナルチームの脇本雄太のようにはありませんが、どこか泥臭く、だけどとても人間味のある選手。

自分だけが勝つのではなく、ライン全員で勝ち上がる。古き良き時代の競輪選手の走りですね。

同じ開催などで話をさせてもらいますが、とても礼儀正しく良い青年です。

適正出身のため自転車歴が短いのでまだまだ伸び代がありそうで楽しみですね。

競輪選手同士の人間関係って

そうそう、野口選手といえばハンマー投げで日本一にも輝いた事のある有名陸上選手。

先日、同じハンマー投げのオリンピック金メダリストの室伏広治さん(現スポーツ庁長官)とは仲が良いのか?尋ねてみると

野口「敵だったので仲良くなかったです。無視してました。」

って言ってたので

白岩「オリンピック金メダリストだし、今やスポーツ庁の長官やっている人だけど、もし繋がりがあったら良かったね。もったいないじゃん。」

と伝えたら

野口「本当ですね。そう思います笑」

なんて言ってました。
競輪選手というのは多くのファンの方もご存知だと思いますが、トレーニングやケアについてたとえライバルであってもお互い情報交換を行ったりする特殊な世界です。

ですが本来、日本一、世界一を目指すアスリートはライバル同士ピリピリしていて仲良く無い事が多いと思うので、改めて競輪界という特殊な世界観、そして奥深さを感じさせられました。

時に仲間であり、敵であり、ラインという特殊な戦い方が生んだ世界観のような気がします。

最後に、改めまして野口選手おめでとうございます!

裏話はこちら

65話 大橋直人『奇跡よオネガイ?』

ハ~イ、みなさま~♡
さわやかな五月にささやかにごと~じょ~!
今日も元気いっぱい!
大橋せんしゅでございま~す~(*≧∀≦*)
パチパチパチ~♫♪♫

大橋直人 大橋直人

昔に比べて競走形態の方は「ありえない事」を起こしづらくなってきちまったように思えるけど、車券買う側からすっと「ありえない事」ってのはやっぱり期待してえんだよな。

もちろん予想可能な範囲でのありえない事なんだけどさハッハッハッ

けどよ、今は昔の時代には考えられないくらい30代、40代の選手が活躍できるようになってきてると思うんだ。

大橋は今44歳か…
オレがそのくらいになった頃は、も~脚も金も回らなくてやんなっちゃってたもんな。

大橋!
ありえない事、どんどん起こしてくれよな!

白岩大助

●大橋さんの競走スタイルは

大橋選手は元々、故伊藤公人さん(40期)や中田健二さん(56期・OB)というマーク選手として活躍され、競輪界でも指折りの競りや追走の素晴らしい技術を持った先輩方の練習グループで練習に励んでいました。

練習グループのメンバーは目標に恵まれないとジカ競りに行く選手が多く、そういうレーススタイルを行うグループ。

しかし大橋さんはそのようなグループの中でも唯一持ち前のスピードを活かした縦脚勝負のレーススタイルだったため個人的に不思議に思っていました。

大橋さんにその事を聞いたところ、自分の武器はダッシュを活かした走り、だけど競りに来られた時にはちゃんと競る事が出来るように練習していたとの事。

番手勝負のジカ競りなどは性格にもよりますので難しいところがあります。

一般的に師匠のいるグループでお世話になるので大橋さんの場合は本人のレーススタイルとは異なるテーマだったのかも知れません。
でもきっと大橋さんは売られたケンカの時のためにはとても役に立つ技術を学んでいたと思います。
歳と共に追い込みの技術が必要になりますし、若いうちから学べたのは財産ですね。

●あ~ヤバい!!!

ここからは余談になりますが、やはり大橋さんとの一番のエピソードは私が20代前半の頃にコルベットという車高のとても低いアメ車に乗っていた時の話になります。

今も忘れない熊本競輪の帰りに羽田空港から大橋さんを乗せ、地元に帰って食事するためにコインパーキングへ

雨の降る夜、大橋さんに

「車高低いから擦らないように気をつけろよ。」

と言われ、その後にガリガリ君の歌「ガーリガーリ君」と大橋さんがふざけて口ずさんでいたら見事に『ガリガリガリ』と運転席の脇を擦ってしまいました。

2人して冷や汗かいたのは言うまでもありません。そして私は食事代よりも修理代が高く付いたことも。

当時はとても痛かったですが今では良い思い出です(笑)

新井剛央

●大橋さんの弱点

大橋さんといえば、ダッシュを活かしたスピードで縦足のイメージがあります。

そのスピードを活かして長らくS級で活躍されていました。

白岩のコメントのところにもありますが、ジカで競りにいくというより縦足で勝負というほうがイメージとしてあります。

ぶつかり合ったりする以前の競輪とは違い、スピード化してきているいまの競輪ですが、練習も試行錯誤しながらみんなで切磋琢磨して行っています。

バンクに行くとよく一緒にやらせていただいてますが、練習メニューの順番を決めるときによくジャンケンで負けてるイメージです(笑)

オ~シ!
金賭けて、大橋とジャンケンやろ!

ご報告です。
後日、大橋選手と関センセェがジャンケンで対戦。
大橋選手が見事三連勝、完全Vをかざりました。
おめでとうございます♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

裏話はこちら

64話 武藤篤弘『西武園みててよね!』

は~い、みなさまコンニチハ~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
いよいよ五日後(4月15日)にせまった全世界的、きゅ~きょくのビッグイベント『せ~ぶえん開設71しゅ~ねん記念』!!!!
地もとのこんなおニイさまも、参加よて~なの~(ω╹๑ )
キャ~~~♡♥♡♥

武藤篤弘 武藤篤弘

選手にとって地元記念を走れるってのは、喜びとともに名誉でもあるよな。

と言いつつ、自分が1班走ってる頃ってのは、まだそれほどありがたみを感じてなかったんだけどさ。
いかに稼ぎを増やすかってくらいの場にしか考えてなかったかもしれん。

歳とって場が遠のくようになって初めて

「あ~、オレもこんな現場で走れてたんだな…」

って思うようになってきてさ…

とにかくS級の身分になって記念を走れるようになった連中には一戦一戦大事に戦ってくれって言いたいね。
特に地元記念ってのは、ひょっとしたら特別競輪より重い場のようにも今は思えるんだ。

武藤、がんばれよ!

白岩大助

武藤篤弘選手は長年、巧みな技術でマーク選手として活躍されてきたお兄さんの嘉伸選手(59期・埼玉)、そして今や埼玉を代表する追い込み選手として成長してきた甥の龍生選手(98期・埼玉)と日々トレーニングに励んでいます。

篤弘選手は高校生の時にインターハイ優勝などの輝かしい実績の持ち主でポテンシャルはとても高い物があります。

今やS級にしっかり定着して来ましたが、ここまで来るには彼の実力を思うと、とても時間が掛かった印象があります。

性格的にとても優しいタイプなので、そういう面が影響していたのだろうと個人的には思いますが、50代を超え尚マーク選手として厳しい走りを貫く兄、そしてグレードレースでも勝負出来る選手に成長した甥に感化されたのか、本人もとても成長しました。

この先、さらにステップアップして龍生選手と共にグレードレースでの活躍を期待してます。

その時には一緒にラインを組める日が来ます。
そして嘉伸選手もそれを心待ちにしていると思います。

新井剛央

インターハイの優勝実績もある篤弘くん。

彼がS級に定着するのに時間はかかったと思いますが、巧みな技術を持つ嘉伸さん、G1の常連となってきた龍生くんと一緒に切磋琢磨して、埼玉を代表する選手になってほしいと思います。

西武園記念は、平原康多を始め、埼玉113期三銃士(森田優弥、黒沢征治、植原琢也)も参加予定となっておりますので、チャンスを活かして、上でどんどんと活躍してもらいたいです。

「三銃士」
ハッハッハッ
なかなか面白えフレーズだな。
でもよ、ど~せなら「銃」より「砲」がよくねえか?
「大砲三門!」

なるほど、そうですね。
でも植原は、見た目のイメージはやっぱ「銃」っぽいかな…

みなさま~♡♥♡♥
ここで、ちょっとお知らせで~す(╹◡╹)♡

ただ今、大宮・西武園競輪サイトの「西武園記念特設ページ」に[「ギャンブルレーサ.com」出張版マンガ]がアップされてま~す!!!!

こちらのほ~も、ぜひぜひお立ち寄りくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あっ、そ~そー!
記念初日の12R特選きょ~そ~は『ギャンブルレーサー 関優勝牌』!
関センセェの冠レースがおこなわれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

ことしはプレゼント企画等を実施できませんでしたが、選手のみなさまがあついレースをお見せしてくださると思います♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ど~ぞ、おたのしみに~♡♥♡♥

裏話はこちら

63話 岩田幸久『いっぱい欲しいな!』

みなさま~、待ちに待った春でございますわね~~~♡♥♡♥
ステキなことがいっぱいいっぱい起こるとい~な~(*≧∀≦*)
ですよね、岩田さん?

岩田幸久 岩田幸久

よっ、岩田!
もうすぐ50かあ…
オレの頭の中じゃ、なんかまだ60期代の若い衆ってイメージが残っててよ。
オレもまだ現役でバリバリやってた頃の後輩だからな…

今の時代、選手は50過ぎると一戦一戦走ること自体がもう勲章みてえなもんだから、まっ、しぶとくがんばってくれや。
普段の競走ぶりを見てるとジイさんっぽさはまだそれほど感じさせないし、やる事もやれてるもんな。

いいとこ回れるようオレからも祈っとくよ。
じゃな!

新井剛央

今回は岩田さんですかぁ…!
なかなか難しいお題ですね(汗)
面白いネタがあったとしても先輩なんで、、、書くわけいかないし、、、。

岩田さんとは、普段練習場所も違いますし、競走でしかほとんど接点はありませんが、夕方頃に道場に行くとみかけることがあります。
室内トレーニングをやっているんですが、時間遅くてもしっかりと1人で追い込んでるのをよく拝見します。
やるときはやるって感じですね。

1人でやるのって妥協したりしてしまって難しいと思うんですけど、それを続けられるっていう精神力は競輪選手にはとても重要なことだと思います。

他の先輩から聞いた話の中に高校時代は、カリスマ的な存在だったそうです。
競輪学校時代は練習が合わなくて在校成績は下位の方だったらしいのですが、先行回数や自主トレーニングの回数は在校1番くらいだったそうです。
その努力の甲斐あってデビューしてから早い段階でS級に昇格したそうです。

「継続は力なり」

自分が好きな言葉ですが、自分が出来ることをしっかりと継続して力を発揮できるようにこれからも精進していきたいと思います。

白岩大助

岩田幸久選手は出身が同じ埼玉県の川口市の先輩です。今はありませんが僕がデビューした当時は同地区の毎年忘年会があり、新人選手は潰れるまでお酒を飲まされていました(笑)

厳しい諸先輩方が多い中で決して無理強いせず、優しく見守ってくれていた印象があります(笑)

同じ開催も少ないのでレースなどのエピソードはあまりないのですが、私の自宅から私の娘の幼稚園に向かうまでの道のりに岩田さんの練習コースがあります。

よく妻が幼稚園に用事がある時に毎回、岩田さんが1人で黙々とトレーニングされている姿を見て「今日も岩田さんいたよ!」と伝えてくれます。

私は今は1人でやる事も多いですが基本的に仲間達と一緒にトレーニングを行う事でモチベーションを上げるタイプなので、いつも1人でやるのは甘えが出てしまいダメなんです。

その為、自分をしっかり律して日々鍛錬出来るところをとても尊敬しています。

裏話はこちら

62話 和田健太郎『ケンタロ~新境地を開く!』

みなさま、たいへんながらくお待たせいたしました!
GPハシャ、和田健太郎せんしゅ(87期•千葉)のごと~じょ~です!
では、ど~ぞ~
パチパチパチ~~♫♪♫

和田健太郎 和田健太郎

ハッキリ言ってひと月以上前のGPのことなんて思い出したくもねえし語りたくもねえ!
ところで優勝したのって、どこのどいつだったんだ?

センセェ…
いくらやられちゃったからって、そ~ゆ~コメントはないんじゃないの…

うるせえブス!
とりあえず300円でいいから、オレに金貸せ…

新井剛央

う~ん…
大先輩のコメントとはいえ、たしかにちょっとひどいな…
こりゃボクと支部長で、ちゃんとしたコメント出さなきゃ…

●おめでとう和田君!

2020年競輪グランプリを制したのは、千葉の和田健太郎選手でした。
おめでとうございます!

千葉勢としては、2009年に海老根(恵太•86期)選手以来のグランプリ覇者となりました。

レースの方は、平原選手が脇本選手の後ろを回るということでだいぶ盛り上がったと思います。
また、競輪祭にてG1初優勝を飾った地元神奈川の郡司選手、清水選手松浦選手の中国ライン、ナショナルチームの新田選手率いる北日本ライン、どのラインからも優勝の可能性がある見応えあるレースでした。

●寝ても覚めても自転車

グランプリを初出場で優勝した和田選手ですが、競走参加中は常に自転車に乗っている印象があります。
後半のレースの時でも朝の指定練習から長い間ローラーに乗っている、そんな印象です。

聞いた話では、休みはほぼなく、常に自転車に乗っているという話も聞いたことがあります。
それだけ自転車と向き合っているんでしょう。
その努力が今回のような優勝に繋がったのだと思います。

2021年は、グランプリ覇者として、1年間、1番車を着てレースに挑む訳ですが、相当なプレッシャーがあると思います。
そんな中でもさすがグランプリ覇者と言われる用なレースを期待しています。

がんばれ、和田君!

白岩大助

まずは和田選手「KEIRIN GP2020」優勝おめでとうございます!

一昨年のGPを優勝した佐藤慎太郎選手に続きベテランと呼ばれる選手の優勝となりました。

●縦脚を進化させ続ける追い込み屋

和田選手は長くS級に在籍している選手ですが、年々歳を重ねる事に強くなっているイメージがあります。

特に凄いと思うのが追い込みになってから縦脚を磨き、目標が不発だったり不在の時に繰り出す捲り。

普通は歳と共にスピードやパワーは衰えていくため、自然と追走技術や戦術的な物でそれを補っていくようになっていくのですが和田選手は違います。

自力選手は普段のトレーニングはもちろんですがレースの中でも脚が付いていきます。
しかし追い込み選手はレースで風を切る事は少ないので脚はなかなか付きません。

その中で30代半ばを過ぎてからスピードを磨いて来た和田選手、普段どれだけのトレーニングをしているのか?
本当に凄い事だと思います。

●共にがんばろう!

私は和田選手との接点はあまりありませんが、副支部長の言うように自転車と向き合う時間が多く、日々の努力の賜物だと思います。

2021年は競輪界の顔として大きなプレッシャーの中での戦いとなりますが、きっと結果を出してくれると思います。

我々(支部長、副支部長)も年齢を言い訳にせず進化して行けるように頑張ります!

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/