59話 松浦悠士『しっぱいしちゃった?オールスター!』

せんげつのオールスター、ユージ選手ほんとにカッコよかったな~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
あの強さ!
あたしはも~コ~フンしまくりでした…

松浦悠士 松浦悠士

オールスターは松浦が凄まじい力を発揮して優勝したな。

さすがの一言!

ああいう競走見せられると今更だけど競輪は大きく変化したって感じるよな。
松浦の場合、純粋なマーク選手ってわけではないんだけど、今の時代はマークの選手も、もはやマークだけでどうにかなるってもんでもなさそうだろ。

もちろん昔も、トップクラスのマーク選手は先行力も高いレベルで持っている人がそれなりにいたけど、今の競走とは形態もギアも違うからやっぱり別もんだよな。

さて、今回は決勝戦の感想を同業者の視点で読者にコメントしてみてくれや。
ここが凄かったとか、ここが勝負を決めたポイントだとか、この時の選手の心理はこういったものだったんじゃないか…みたいな感じのさ。

それにしても、今ふと思ったんだけど、白岩も新井も本当に凄まじい時代に選手をやっているよな。
オレたちの時代と違って本当に自己責任(自身の脚力)の度合いが高くなっちまってるし。

こういう厳しい時代に支部の仕事をしながら戦ってんだから大したもんだよ。
これからも、ぜひ頑張ってくれ!

白岩大助

オールスターの決勝戦は、まさに「競輪」VS「ケイリン」の戦いでした。

東京オリンピックに向けて世界的で通用するレーサーに進化した脇本雄太選手、そして令和の時代の競輪において今、最も実力と勢いのある松浦悠士選手。

連日、パワーとスピードで他の選手を圧倒する走りの脇本選手に対して、松浦選手を擁する中四国ライン、そして同期ラインを組む山田英明選手がどのように作戦を組むのかが焦点でした。

結果としては中四国ラインの先頭を走る原田研太郎選手の熱い走りに応えた松浦選手の優勝。

私個人的にはやはり3コーナーで松浦選手の前輪が脇本選手の後輪にギリギリ掛かる状態から重い内側を松浦選手が踏み込んで前に出て、さらに頭を出して脇本選手のスピードを止めた松浦選手の粘りと技術。あれだけ長い距離を踏んでさらに頭でブロック出来るだけの余裕があったところに驚きました。

「ケイリン」であれば頭を出して妨害したら確実に降格となりますが、ここは「競輪」の土俵。スピードとパワーだけではない、総合格闘技のようなものです。

強い者が勝つのでは無く、勝った者が強い。
これだから「競輪」は面白いんですよね。

しかしこれからの「競輪」は技術はもちろんの事、それ以上にスピードとパワーは必須となります。

私も副支部長も進化していけるように頑張ります!

新井剛央

関さん、激励ありがとうございます。
支部の仕事は言い訳には出来ないですからね。 両立出来るよう精進して頑張りたいと思います。

オールスター競輪の決勝ですが、すごく見応えのあるレースでしたね。
準決勝を10.4のバンクタイ記録で捲った脇本君を別線がどのような作戦で挑むのか楽しみなレースでした。

レースの方は、打鐘前に徳島の原田君が車間を切ってカマシ先行体制に入り、スピードが上がっているところを後方から脇本君が、さらに外を踏み上げて、最終バックでは半車身ほどのリードがありましたが、合わせて出た松浦君が内から盛り返したところは、とてつもなかったですね。

レースを見ていて、脇本君もしくは番手の古性君の優勝かなと思ったのですが、内から盛り返して直線部分では脇本君おろか、古性君も全く寄せつけない圧倒的なレースでしたね。

脇本君を振り切った松浦君も凄かったですが、ラインから優勝者を出すレースをした原田君も凄かったですね。彼の気持ちが全て伝わって松浦君の優勝につながったのだと思います。

いまの中四国の勢いならば、原田君にもこの先チャンスが回ってくると思います、、、が、関東も素晴らしい自力選手はいっぱいいます。
是非とも平原君の前で(ここからは個人的な意見ですが)頑張ってもらって、いまの中四国の勢いを関東にももってきていただければと思います。

裏話はこちら

58話 武藤龍生『真に受けちゃダメよ♡♥♡』

みなさまコンニチハ~~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
♪~ちゃんと【Go To ステイホームういずコロナ】してますか~?
あたしは、お仕事の日以外はおうちにこもってオンラインでいろんなとこへの旅行と買いものしてます(><)
おりこうさんでしょ(╹◡╹)♡
今回ご登場の武藤龍生せんしゅも、とってもおりこうさんなんですよ~~♡♥♡♥

武藤龍生 武藤龍生

親父は現役、息子はS1。
脳みその成分まではわからんが、顔はほとんど一緒の武藤親子。
本当に幸せだよな。

さて、オレにとってのこの親子、親父は若い頃、オレにちっとも貢献しなかったけど、息子の方はそこそこ貢献してくれてるかな。
親父はオレの足場として、せがれは車券の方でって意味だけどさヘッヘッヘッ…

あっ、と言っても別に息子絡みの車券で度々儲けさせてもらってるって訳じゃねえんだ。

息子のレース、目標がしっかりしている時はもちろん買うよ。
でも、オレの中では、別線狙いの時でも押さえに必ず絡めとくって存在までにはまだなってねえからさ。
余所から買ってる時に、余計なとこから突っ込んで来て邪魔されるってイメージもまだ少ねえし…
だから、外して買っても安心。
買う点数も減らせるだろ。
ゆえに貢献してもらってるってことハッハッハッ!

息子への期待

ところでさ、これは本人もよくわかってると思うけど、マーク屋ってのは本当に地味な商売だからな。
どっからでも来ちゃうってイメージ持たれるくらいにならねえと、勝った時は常に前のおかげ。
どんなメンバー、どんな展開でもゴールん時は頻繁に絡んでくるって存在になってようやく一流って認めてもらえるんだ…

つまり、別線から買ってる時のオレの車券をちょいちょい邪魔してくるようになったら息子も真の大選手って訳だ。

さあ、親子でオレにとって迷惑な存在になるかどうか?

息子の今後の頑張りしだいだなフッヘッヘッ…

あっ、でもよ、もしそういう存在になった場合、今度は逆にどんなメンバーの時でも武藤を絡ませて買わにゃならんようになるな…

おい、息子!
頼むから「買うと来ない」って選手にだけはなってくれるなよ!

ちなみに親父は、オレが目標にすると「来ない」じゃなく、「行けなかった」…でもなく、「行かなかった」っつう最悪の人間だったからさグッハッハッ!

白岩大助

皆様ご存知の通りお父さんは武藤嘉伸選手(59)、叔父にあたるのが武藤篤弘選手(95)、そして今回の主役である武藤龍生選手(98)3人が武藤グループです。

お父さんの嘉伸選手には私はデビューした頃から大変可愛がってもらっていて、家族愛がとても強い武藤家の写真を龍生が小学生くらいの頃から見せてもらってました。

Tシャツやクオカードセットを贈らせてもらって幼ながらに喜んでいる龍生の写真を見せてもらって可愛らしい子だった印象があります。

マーク屋への覚悟

選手になってから落車や失格などでS級に上がるまで本人が思っていたよりも少し時間が掛かったと思いますが、今ではすっかりS級に定着して1班になりグレードレースにも常連になるようになってきました。

ここ2年くらいの彼の飛躍には目を見張るものがあります。
私が個人的にターニングポイントになったと思った開催がありました。

それは彼が初めて他のラインに「ジカ競り」を挑んだ伊東温泉競輪。

番組を見て相談された事を覚えています。私自身「ジカ競り」に行くタイプではないのですが、彼のお父さんは番手選手としてS級で活躍し今尚、目標がいない時には「ジカ競り」をする古き良き「番手選手」です。

それを踏まえ、その時「今後、追い込みとしてやっていくなら勉強してくれば?」と一言言いました。

彼は記憶にないかも知れませんが、それからの彼の飛躍において、ある種の覚悟を決めた日のような気がしました。

そして、もう一つ強く残る彼のエピソードがあります。

父への想い

武藤グループは埼玉県の中でも群馬県に近い地域にあり、他の競輪選手があまりいません。練習は基本的に3人でやっています。

しかし彼が結婚して、しばらくして家を建てる話をしていた時に、競輪場の近くや他の練習グループの多い地域に引っ越して来ないのか聞いたことがありました。

その時に「自分は父のやり方でここまで来たので、このやり方で強くなって父の練習を証明したいんです。」と気持ちを語ってくれました。

こんな事聞いたら、きっとお父さん泣いちゃいますよ。僕泣きそうでしたもん

そして父が成し遂げていないS級優勝をし、これからはさらに上のステージできっと活躍してくれると思います。

本人の気持ちと父の想いを背負って。

面白いエピソードもありますが、武藤龍生といえばこのエピソードをどうしても皆さんに伝えたかったので長くなってしまいました。

その他のエピソードについては副支部長お願いしま~す

新井剛央

龍生くんとは住んでる場所も違うので競走以外での接点はほとんどないのですが、支部長も言っている通りいまの位置にいくまでに少し時間はかかったと思いますが、いまや特別競輪の常連になってきていると思います。

そこにはとてつもない努力があったと思います。

自分の中ではそこまでガツガツした印象はないのですが、レースを見ていると一瞬の判断やスピードは目を見張るものがありますので、やはり特別競輪に出る選手だなぁと思っています。

選手として家族として

少し前にお父さんの嘉伸さん競走が一緒で龍生のレースを部屋でみている時にレース自体は無事に終わったのですが、嘉伸さんが「はぁ~、疲れた」と言っていました。

自分も父親と弟が選手なので、嘉伸さんにその気持ちすごくわかりますって話をしたのを覚えています。
自分が走る時より変な緊張するし、ハラハラしちゃうんですよね(^^;)

これも少し前ですが、嘉伸さんと龍生の親子参加で龍生が優勝を果たしたときは羨ましくもあり感動しました。

見習って自分も頑張らないとですね(_;)

今回、ダーリン♡♥から届いたメッセージに、こんな一言がつけくわえられてました( ・∇・)

「支部長からおもしろエピソードと頼まれてましたが、ここに書けるネタがなかった(笑)のでこんな文章になりました。
どうぞよろしくお願いいたします…」

『ここに書けるネタがなかった(笑)』って部分が、みょ~にひっかかるんですよね( ̄^ ̄)ゞ
ロックちゃんも、『面白いエピソードもありますが…』って意味深なこと書いてるし…

ひょっとしてぜったい公にできないヤバいエピソードがあるってこと⁉︎

あ~知りたいなあ~(*≧∀≦*)

言える範囲でいいから、こんどツイッターで発表して!

ハッハッハッ
深読みしすぎ。
龍生くんは今、さらなる上を目指して競輪一直線。
ハメはずしてる暇なんてないからさ…

フッフッフッ
龍生、今頃きっと冷や汗かいてるな。

ねえねえロックちゃん。
あたしにだけでも、こんどナイショで教えてね(^_-)-☆

裏話はこちら

57話 脇本雄太『いや~強かった!』

先月の宮杯、無観客とはいえ久しぶりのビックレースで結構もりあがったよな。
で、親愛なる皆さんの方だけどさ、いくらくらい失った?
「金!」
突然だけど、こういう言い草ぶちまける奴ってよくいるじゃん。
「命より大切な金どうしてくれる!」
仮に一万負けたとして、命より大切ってことは命の方は一万以下の値打ちしかねえってことだよな。
負けたのが百円なら百円以下の値打ちの人間。
だったらさ、人間としての値打ちを高めるためにも皆さんどんどんぶち込むっきゃないでしょ!
今月からは、観客の入場再開する現場も多いって話だしさ!
って事で、まずは競輪業界の宣伝なグヘヘへへ~…!

脇本雄太 脇本雄太

宮杯は脇本の完全V

いや~やっぱり強かった!

実戦がほとんどない中で、あれだけの強さを見せつけられるんだから大したもんだよ。

オリンピックが延期になっちまって本当に残念だったよな。

というわけで今回は、競輪をほとんど知らない一般の人に向けてオリンピック競技のケイリンと公営競技の競輪の違いでも簡単に語ってもらおうか。

オリンピックを目指している選手達と、本業一本でやっている選手達のトレーニング、日常の違いみてえなことでもいいぜ。

いずれにしてもケイリンに比べて競輪はこういうところが面白い…って風にまとめてくれな。

あくまでも競輪の宣伝が目的なんだからさハッハッハッ

新井剛央

高松宮杯競輪は、脇本雄太くんの完全優勝は圧倒的でしたね。まずはおめでとうございます。

何よりも驚いたのが、個人タイムでした。
準決勝の個人上がりが打鐘からホームストレッチで10.3、ホームストレッチからバックストレッチで10.6、バックストレッチからゴールで11.2だったそうです。
決勝も同じような感じでかけていたそうですよ。

宮杯後に平原(康多/87期•埼玉)くんのところで練習したので本人に聞いたのですが、グランプリのときからフレームなども変わっていて常に進化しているからすごいですよって話をしていました。
いまの強さのままオリンピックで世界とどれくらい戦えるのかほんとに楽しみだったのですが、延期になりとても残念に思っています。
ですが一年後、さらに進化をして表彰台の1番高いところに登ってもらうのを期待しています。

●競輪とケイリン

オリンピック競技の『ケイリン』ですが、日本の競輪と圧倒的に違うのは『ライン』がないことですね。それと横の動きで相手の選手を妨害する行為も禁止されているためによりスピードが重視される競技です。
日本の競輪も選手の力のレベルアップやルール改正でどんどんスピード競輪になってきていますが、公営競技で唯一、人力で走り、人と人とがラインとして協力し合い、時には人と人とがぶつかり合うなど、そんな展開を予想するのが『競輪』の面白いところではないでしょうか?

7月から9月にかけてSA級ともに7車の競輪となりますが、競輪界の新たな試みとしてお客様には楽しんでいただきたいですね。

白岩大助

副支部長が素晴らしい説明をしてくれたので、僕の方からは少しばかり補足させてもらいます。

オリンピックを目指している選手と競輪一本でやってる選手のトレーニングや日常についてです。

オリンピックを目指している選手達は伊豆にある国際基準の自転車競技場「伊豆ベロドローム」の周辺に住んでいてナショナルチームのコーチが作るトレーニング計画によって毎日のトレーニングから食事も含め徹底的に管理された環境下で生活しています。

一方、僕たち競輪一本でやってる選手達は個人的にトレーナーを付けてトレーニングしている選手もいますが、ほとんどが個々がそれぞれトレーニング方法を考え自己管理の中で生活しています。

そして「ケイリン」と比較した「競輪」の魅力というのはなんと言っても、やっぱり「ラインという形の中で人と人とがお互いを想いながら自分の役割を果たして勝ちを目指す。」という部分だと思います。

脇本選手さすがでした。

オリンピックの延期がホントにくやしいです。

わたしは競輪選手がオリンピックで活躍して、一般の多くのみなさまからも☆ちゅーもく★される存在になってくれるのが夢なのです。

~ゆ~ふ~になるとですね~、メジャーなジャンルの職業についてる♫はなやかな♪じょせ~っつう~~身分になれちゃうわけですよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
あたしも!!!

いまはまだ、じょせ~がケ~リンかんけ~の仕事についていても、

「ふ〜ん………ʕ••ʔ」

ってくらいで、あんまり反応はない気がするの…

「え~~~!すご~~い!うらやまし~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

ってゆわれるよ~な日が一日も早くくることをねがってやみませんハイ*\(^o^)/*

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

56話 新井剛央『ダ~リン♡♥♡♥大好き』

ウエ~ン(≧∇≦)
ついに!ついに!ついに!
ついに~~~!!!
この日、この時、この瞬間がやってまいりました~~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
きんきゅ~じたい宣言かいじょとど~じに、あたしはも~ソッコーでダ~リン♡♥に会ってきましたホヒホヒホヒ~…(˃̵ᴗ˂̵)

新井剛央 新井剛央

…………

な、なんなの、なんなの、このハゲの描いたマンガ~~~~…((((;゚Д゚)))))))

な、なんであたしがゴミにまみれてスッポンポンで、ダ~リン♡♥のフォトフレーム抱きしめてゴロゴロゴロリンしながら、聖子ちゃんの歌うたってなきゃなきゃなんないのさ\\\٩(`^´)۶////

な、なんで、おしりが赤いのよ(>人<;)

なんで、ハナ息が「ブヒ!ブヒ!ブヒ!」なのさ( *`ω´)

そ、そんでもってそんでもって、な、なんであたしが公園のベンチで新井せんしゅにあんなふ~にno~ko~せっしょく(>人<;)してるわけ?˚₊⁎ˍ̮ ⁎⁺˳

あ、あたしは、あくまでも新井せんしゅのいちファンとして、ほかの選手よりちょっとオ~エンしてるだけで………

いっとくけど、まだ手にさえふれたことないんだよ(● ˃̶͈̀˂̶͈́)⁾⁾

あ~~チクショ~くやし~!!!!!!!!!

でも、お部屋にダ~リン♡♥のフォトフレーム飾っているのはちょっぴりホントです(≧∇≦)

《さて、いよいよ今日は》

まっ、あたし個人のことはそれくらいにしておいて、さあ本日10日より待ちに待った大宮競輪の再開です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

♪やった〜〜〜〜♬

みなさま、おもいっきり楽しんでくださいませね〜〜〜♡♥♡♥

け〜りんのしゅ〜えき金は、あたしのボーナスにもふかくえ〜きょ〜してるんですからね〜(≧∇≦)

あたしも、がんばりま〜〜す\\\\٩( ‘ω’ )و ////

しかし、あいかわらずバカな女だよな…。

あの団体も、よくまあこんな女を雇ってるよ…
バカ自らほざいてるように、元々は客の懐にあった金でさ…

それにしても猿同様、あそこまでよく尻真っ赤にして発情できるもんだぜ…
たぶん、来年は野生の王国あたりにでも異動だろ、ウン。

まっ、バカのことはほっとくとして早速今回のコメントコーナーといくか!

《今回は特別に》

以前、支部長には登場してもらってたけど、新井はまだだったんだな。
すっかり忘れちまってたよ。
悪かったな、ヘッヘッヘッ

さて、ウイルスの方はひとまず収束傾向にあるとはいえ、まだまだ競輪界が厳しい状況にあることは間違いねえ。

競輪選手たちも、開催中止が続き、練習にも支障が生じ、遠征出るのも危険と背中合わせという本当に大変な思いをさせられているよな。

それでも今は少しづつ開催が再開される流れになってきてるだろ。

そこでお前ら二人には、お客に向けてのコメントを頼もうかと思うんだ。
新井の紹介なんぞしたって、こういう時は屁の役にも立たんだろうしさフヘヘ…

お客にとってもこういう事態は初めてなだけに、いざ車券を買おうって時に色々悩んじまう部分があると思うんだ。

もし、練習が満足にできてねえとしたら競走ぶりに影響が出るんじゃねえのかとか、調子の見極め方とか。
近隣あっせんの対戦だと選手たちの戦い方は変わるのか?
病院の問題があるのなら、走り方もおとなしくなっちまうのか…

など、色々さ…

お前ら選手たちだって初めての事態だから答えるのも難しいとは思うんだけど、ここはひとつ、こういう状況下になっても車券を買ってくれるお目出たいお客のために、現在の選手たちの身体状況とか、練習状況…
当然、通常とは違う参加中の宿舎の様子…
競走に臨む選手たちのメンタル部分…
競走に変化はあるか、ないか…

なんでもいいから予想の時に「こういうとこも一つ頭に入れておいてくといいですよ」みたいなことを上げてみてくれねえか。

こんな事でも、今はいいサービスになるかもしれねえしさ。

白岩大助

わかりました。
それではお客様へコメントさせていただきます。

《お客様へのメッセージ》

新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客レースが始まり、そして緊急事態宣言により全国的に競輪の中止が相次ぎました。

緊急事態宣言も解除され、ようやく競輪界全体としての再開に向けて、様々な対策をしながら準備が行われています。

6月からは近隣地区の斡旋、それに加え7~9月にはS級も含めた7車立てのレースが行われます。

さらに宿舎でも以前とは違う生活を強いられる部分がありそうです。

感染予防の為ではありますがどちらも新しい試みとなります。

お客様も車券推理をするのが難しいところがあるかも知れませんが、選手側はすぐに対応しますし、しないと生き残れないのでそこは大きな問題にはならないと思います。

イエローライン、ギア規制、フレームの角度規制、早期追い抜きなど、たくさんのルール変更にも適応して来たように

正直、僕も含め選手側も初めはどのようなレースになるのか?わかりません。

ただ一つ間違い無く言えるのは、ずっと中止が続き選手達は走りたいのに走れない状況が続いていたので、再開して競輪を走れる喜びが溢れていると思います。

そしてこの期間、大宮競輪場、西武園競輪場が新型コロナの影響で使用出来ない状況でしたが、それぞれが工夫しながら再開の日を目指して一生懸命トレーニングに励んで来ました。

オフシーズンの無い競輪なので、この2ヶ月近いトレーニングの日々によって選手のレベルが上がり、きっと中止前より迫力のあるレースをお見せ出来ると思います!

『ピンチはチャンス』

今回の新型コロナの影響では他の公営競技と比べ遅れを取っている部分がありますが、これからの競輪ファンの皆さまの為、そして競輪界の未来の為に多くの問題点を見つめ直すキッカケになったと思います。

競輪の再開を待ちわびたファンの皆さま、お待たせしました!

皆さまの目の前で走るまでにはもう少し時間が掛かりそうですが、僕たち選手は良い走りをお見せ出来るようベストを尽くして頑張ります!

これからも競輪をそして埼玉支部を宜しくお願い致します!

 

あっ、そうそう、最後にもう一つだけコメントいいですか?
今回は、新井さん紹介の回という事ですから、やはり何も無しというのは…

ですから、ぜひ僕から新井さんへのメッセージを付け加えさせてください!

《新井剛央さんへのメッセージ》

新井さんと共に支部の運営を任せてもらって早くも任期となる2年が過ぎようとしています。

僕としては支部長という大役を務めさせて頂くにあたり大きな不安もありましたが幹事達はもちろん、特に新井さんというデビュー前からお世話になっている先輩の存在がとても心強く、頼らせてもらってます。

実は影の支部長は新井剛央なんですよ()

それくらい信頼してこの2年間、二人三脚で取り組んで来ました。

そして支部の会員達に協力してもらいながら色々行動を起こしてきたつもりです。

次期も新井さんと共に支部長、副支部長として携わらせて頂くことになりましたので、引き続き埼玉支部を宜しくお願い致します。

そして一選手としてもまだまだ上を目指して頑張りますので、選手としての新井剛央、白岩大助の応援も宜しくお願いします!

「新井先輩の存在がとても心強い!」
「影の支部長は新井剛央なんですよ…」
えらい!!!
よくぞ言ってくれました、ホワイトロック白岩♪───O(≧∇≦)O────♪
ウイルスが完全にしゅ~そくしたらごほ~びに、あたしお手せ~のおにぎりもってってあげるね♡♥♡♥

し、新井さんにあげてよ(汗汗汗)
オ、オレはも~気持ちだけで…ハハハ

新井剛央

支部長に、そんなふうに言ってもらえるとなんか照れ臭いな。

どうもありがとう!

それでは私からもお客様へ

《お客様へのメッセージ》

6月から近隣地区斡旋、7月から期間限定ではありますが、7車立て競輪がS級でも行われます。

選手は、白岩支部長の言うようにいろいろなルール変更などにも適応してきたと思います。

近隣地区斡旋では、同県の選手との連携がいままで以上に増えると思います。

同県の選手との連携が増えるということは、同門や師弟関係のラインも増えるレースが多々あると思います。

そういったところは、推理の一つになるかもしれませんね。

選手は与えられたレースで自分の出来ることを発揮出来るように日々精進しています。

コロナウイルスにより開催が中止になり走れなかったこの期間、プラスに捉えていろいろなことにチャレンジしてる人が大半だと思います。

ですから、いままで以上に迫力あるレースをきっとお見せ出来ると思いますよ。

競輪はもちろん支部の方も、支部長はじめ埼玉支部全体で協力し合ってどんどんと盛り上げていきたいと思います。

そして、自分もおいていかれないようにしっかりとしがみついて頑張っていきたいと思います。

永遠の32歳!(笑)

ガンガンやります!

あ~ん、なんてステキなメッセージなの☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
さすが♡さすが♥さすが♡
あたしもいっしょうけんめいダ~リン♡♥にしがみついていきますo(`ω´ )o
え~えんに独身って設定のほうはとり消して、いつか、このマンガの中で結婚してね♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
ダ~リン♡♥は永遠に32歳、あたしは24歳のままで╰(*´︶`*)╯♡
ブヒ!ブヒ!ブヒヒン(**)

おい新井!
害獣駆除の業者でも探しといたほうがいいぞ。グッヘッヘッ

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

55話 岡光良『不思議の国のミッちゃん?』

ジャジャジャジャーン!!!
は~い、不思議の国のあたりで~す~~~♪
というわけで今回は、今も不思議の国に住んでいる岡光良選手のご登場です!
はい、拍手~
パチパチパチ~♬☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
えっ、なんで不思議の国かって?*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
だってさ~…

岡光良 岡光良

不思議の国の岡…!

いや、岡ってのは本当に不思議な選手だよな。
脚はあるし、競走も上手いし…
欠点を挙げるとしたら1着を取るのが嫌いってとこか?

その欠点があるから地味な存在になっちゃってっけど、それがなけりゃかなりの選手だよな。
名前も、もっと大きなものになってるだろうし。

昔なら、マーク屋は2着で勝ちって言い方される事もあったけど、今はもう、そういう時代じゃねえ。
ある意味、マーク屋なんて死語。

先行屋も追込み屋も、1着とってナンボが今の競輪。
ゆえに、岡にはぜひとも1着を増やしてもらいてえな。

そもそも力があるんだからさ。

現役時代、もうあと一歩のところでいつも大漁取り逃がしていたオレにとって、岡ってのは他人と思えねえんだ。
だから本当にこういう選手は応援してえし、がんばって欲しいんだ。

という訳で、お前らには後輩の岡の紹介とともに、今さらだけど、うんとハッパをかけてやってもらおうかな。

新井剛央

岡は、自分と同門なのでアマチュアの時から今でも一緒に練習をしています。
関さん言う通り確かに1着少ないですよね…(笑) 

ただ、レースセンスは抜群で彼のレースを見ていると自分には出来ないことだらけなのでいつも感心してしまいます。
練習をみているとうちのグループの子がみんな強いってのもありますが(自分は除いて…泣)脚力でいうと目立つ強さはそこまで感じません。
ただレースになると100%以上の力を発揮してるように感じます。

岡といえば数年前に頸椎骨折という大怪我をしました。
一年近くレースも休んでいまはその大怪我を感じさせないくらいで特別競輪にも出場するようになりましたし、記念でも決勝にのったりしています。
2008年の当時A級での大宮競輪以来優勝はありませんが、近いうちに大きい舞台で優勝してくれるのを楽しみにしています。

あたしは、ダーリン♥♡♥がいちばん強いってしんじています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

白岩大助

岡選手はA級時代に1度優勝しただけでS1まで登り詰めた選手です。

1着も少なく地味なイメージを持たれやすいですが、とにかく追い込みセンスが素晴らしいですね。

今までにも何度か岡選手の後ろを回らせてもらった事がありますが、とにかくスピードを上げてもらったらバックは踏まない!
勝負所ではアクセル全開で突っ込んで行きます!

弥彦のS級決勝戦で彼の後ろだった時に「えっ!ここ突っ込んじゃうの?」と思うようなコース取りにビックリした事がありました。

S1の追い込み屋の走りを肌で感じ、とても勉強になった思い出です。

優勝とか1着が少なくてもS1に到達して、それを守りつづけてるって、あたしはすごいことだと思います♪()♪
まず大敗しないってことでしょうし、わるい展開のときでも上手にコースをつけているってことなのかしら…
もちろん追い込む脚も強力ってことよねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こういうタイプって、ひとついい方向にまわりだすとどんどん結果もついてきちゃうような気もするんです。
あいだはちょっと開いちゃってるけど、今度優勝したらそのあとは次々!
みたいな…

今は不思議の国のミッちゃんだけど、早くピンゾロのミッちゃんに大変身してくれることを期待してます(● ˃̶͈̀˂̶͈́)⁾⁾

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/