61話 郡司浩平『救世主、郡司!』

神奈川の郡司浩平選手(99期)がゆ~しょ~しちゃった先月のけ~りん祭。
あたしたち埼玉地区の事務所では、ホントにも~タイヘンだったんですから

郡司 浩平 郡司 浩平

平原(康多/87期•埼玉)選手をお~えんしたい気持ちはヤマヤマだったんですが、紹介マンガに同じ方ばかりの登場というのもちょっとアレでしょ…
つらいとこなんですよねえ~…(^_^;)

なので今後は、企画変更。
初登場となる方のみを対象にさせていただこうと思いますのでよろしくおねがいいたしますね(*^_^*)

お~、その方がいい!
そもそもタイトルを複数取るだなんて図々しいにもほどがあるんだ!
そういったものは一人一つで十分!

ヘヘン、本当のところタイトルいくつも取りたくて取りたくて仕方のなかったオトッツアンがよく言うぜ…

…と言いつつ、やっぱタイトルってもんはオレも欲しくて欲しくて仕方のねえもんだったんだけどさ。

郡司のヤロ~もついに悲願のG1初制覇。
そりゃも~嬉しかったろうな。

タイトルには縁のなかったこのオレも、それでも記念をそれなりにいただけたのはやっぱ幸せだったよ。
特に初めて取った時なんて何物にも変えられないくらいの興奮と感動があったもん…

さてと、そんなわけだから今回お前らにはまず郡司へのエールでも語ってもらうとするか。

と言っても所詮は他支部の選手、形だけ、心なんて全くこもってなくて十分だからよ。
そうそう、あとは自身の最も嬉しかった優勝、記憶に残る勝利とかの話でも聞かせてもらおうか。

白岩大助

●おめでとう郡司くん!

タイトルに近いと言われてから中々獲る事が出来なかった郡司選手ですが、競輪祭でようやく悲願のタイトルホルダーとなりました。

本人はもちろん、お父さんの盛夫さん(50期•OB)もさぞかし喜んでいる事と思います。

競輪選手として超一流の彼ではありますが、普段の競輪場での生活でも気持ちの良い挨拶、とても爽やかな好青年というイメージです。

地区は別ではありますが、そのような人柄からも彼の優勝を素直に祝福してくれる人が多いと思います。

改めまして郡司浩平選手、競輪祭優勝おめでとうございます!

●自分の優勝以上に嬉しい、仲間の優勝

ところで私自身の最も嬉しかった優勝というと、それはやはりデビュー戦での大宮競輪場での優勝です。
地元戦ですし、かなり緊張したのですが、1②❶。
競走を終えた後はなんとも言えない気分でした。

ちなみに、当時は今でいうチャレンジのような一番下のグレードでB級からのデビュー。
今のチャレンジより正直とてもレベルが低かったように思いますので今の新人選手は本当に大変だとも思います。

そういった点では、レースの組み立てについても、力をつける抑え先行から覚える事が出来るなど良い時代にデビュー出来たと思います。

さて、本題からはちょっと逸れてしまいますが、デビュー戦の自身の優勝よりも印象に残った優勝が二つあります。

一つは初めてA級に上がって小沼良選手(68期•埼玉)の前で先行して強力な別戦を相手に小沼さんが優勝した時のレースです。
私は大差の9着となりましたが、とても嬉しかったです。

二つ目は2019年の11月の福井競輪のS級決勝戦。

地元の大本命、野原雅也選手(103期•福井)や実力者の佐藤友和選手(88期•岩手)に対して埼玉ラインで植原琢也選手(113期•埼玉)、金子哲大選手(95期•埼玉)、白岩、に茨城の杉本正隆選手(96期)の4車で臨んだ戦い。

植原選手の気持ちのこもった走りに金子選手が応えて、一度は野原選手に捲られはしたもののゴール前に差し替えしての優勝。

私もラインとして少しアシストする走りが出来て3着。

自身の優勝ではありませんでしたが、ラインとしてそれぞれがやるべき事をやった中で埼玉ラインから優勝者が出た事がとても「競輪」を走っているという実感に満たされた思いがありました。

●人と人との絆で闘うのが競輪

私たちが走っているのは「ケイリン」ではなく「競輪」、他の公営競技との一番の違いである「競輪」の魅力。

それは人が人を想い合いながら戦うこと。

21年の現役生活の中でふと思い浮かぶのはそんなレースです。
今は7車立てのレースがメインとなりラインとしての戦い方の魅力は見えづらくなっているので、昔からの「競輪」を愛するお客様や選手にとっては複雑な想いをしているかも知れません。

目まぐるしく変化し続ける令和の時代、「競輪」が生き残るためには時代と共に変化しなければならないとも思います。

ただ現役選手の立場としては、売上だけを追い求めるのではなく他の公営競技にはない「競輪」が秘めている魅力という物は、出来るだけこれからの時代にも残してもらいたいものです。

新井剛央

郡司選手、競輪祭優勝おめでとうございます!

白熱するレースでしたね。
テレビで観戦していたのですが、我が家は大盛り上がりしていました笑
平原が優勝してくれればなおさらよかったんですけどね(笑笑)

●あの郡司くんが

それはさておき、、、。
郡司くんとは何年も前になりますが、レースで連携したことがあります。
そういう繋がりもあったりで話をすることもあるのですが、彼がまだS級上がりたての頃、話の中で「なかなか勝てませんよ~」なんてことを言っていたのをよく覚えています。

上がりたての頃は成績もそこまでまとまっていなくて準決勝で敗退なんてこともあったのですが、あっという間にというかそれからは、、、彼の努力が全てでしょうけど、メキメキと力をつけてあっという間に雲の上の存在になっていました。

こんなに強くなるんだなぁって感心したくらいです(汗)
全く知らない人ではなかったので個人的には嬉しく思っています。

●死ぬわけじゃないから楽しんでこい!

さて、今回のお題の記憶に残る勝利の話ですが、細かいところは無我夢中で覚えてないんですけも、やっぱりデビュー戦の初日ですね。
いまでもレース前は緊張するのですが、やはりデビュー戦(伊東温泉競輪場)は違いました。
東京の先輩に番手についていただいたんですが作戦は特になく「普通にかければ大丈夫だよ」くらいでした。
選手紹介呼び出し時には、余程緊張が見えていたのか、同県の先輩に「別に死ぬ訳じゃないから、楽しんでこい」って言われたのを覚えています。

レースの方は、赤板で出てそのまま逃げて無事に1着通過だったんですけど、2周逃げたってくらいしか覚えてないんですよね、、、。

いま振り返ればそんな時もあったなぁなんて思います。

余談ですが、決勝は同期の海老根(恵太/86期•千葉)さんに番手にはまれられ2着で、その2場所後の花月園競輪場での決勝でも海老根さんにバンクレコードタイで捲られて目の前でA級に特進されています、、、。
同期なんで何よりも悔しかったですね。

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

60話 脇本雄太『何かが足らない?脇本』

なんかきゅ~にさむくなってきましたね^ – ^
気がついたら、もう11月。
今月は競輪祭、来月はもうGP…
今年はコロナの大騒動でふりまわされっぱなしだったせいか例年以上に一年がはやくかんじられます。
この騒動、来年はおちついてくれるといいですね。
さてさて、はやさといえば先月、寬仁牌優勝の脇本選手のスピードもケタちがい。
オリンピックで走る姿をほんとうにみてみたいですね(╹◡╹)♡

脇本雄太 脇本雄太

いや~今の脇本は本当に強えわな。

寬仁牌も二日目を除けば、もう何も言うことなし。
アレじゃもうどうにもなんねえよ。

二人には決勝レース内容の解説でも頼もうかと思ったんだけど、それすら必要なさそうな圧勝劇。
脇本に関しては「オメデト~!」の一言だけで十分だべ。

記憶に残るすごい選手は?

そこで二人には、自身の記憶、印象に残るすごい競走、凄い選手の話でも聞かせてもらうことにしたよ。
自分で走ってたレースの中の話でも、観戦者の立場ででもどちらでもいいぜ。

あるいは子どもの頃にこのレース、選手を見て度肝抜かれたみてえな思い出話でもいいかな。

ただし「寬仁の脇本は凄かった」なんてギャグかますのはなしだからな。

新井剛央

まずは宮杯に続き本年2回目のG1制覇となった脇本選手おめでとうございます。
とにかく強いの一言でしたね。
実況の平山さんも「強いっ」って出ちゃってましたもんね。
同じナショナルチームの新田選手や松浦選手もいたのでどのような決勝になるのかという感じでしたが、力で決まったような印象を受けました。
実況の平山さんと同じで強い以外に書くことがない感じです(汗)

目標は父

今回のお題の自身の記憶、印象に残るすごい競走ですが、一番記憶に残っているのはやはり、自分の父である新井正昭(31期•OB)が日本選手権をとったときのレースです。

何回も見た(見せられた?笑)レースですが、最終バックストレッチから捲って4コーナーを回ったところでまたスタンディング(けつをあげる)しているのがとても印象に残っています。
しかもスピードが上がっている感じなんですよね。

選手になって余計に思うのですが、先行してゴール前でけつをあげると自分の場合は逆に失速してしまうイメージがあるし、実際あげようにも中々足がいっぱいで上がるまでいかないんですよ。

こんな話を前に父親にしたらまだまだ練習が足りないと一喝されましたけどね…

いま現状では父親の位置まで行くのは相当厳しいですが、これからも努力精進してしがみついて行きたいと思います。

白岩大助

脇本雄太選手の強さには驚かされますが、来年の東京オリンピックで金メダルを獲ってもらうためには更なる進化を願ってます(笑)

自分が現役で走らせてもらっている中で強いと感じる選手はたくさんいますが、今まで観てきた中で凄い選手を1人挙げさせてもらうのならば、僕は吉岡稔真さん(65期•OB)になります。

●信じられない強さ

全盛期の吉岡選手は僕がデビューする前なので映像を観ての判断となりますが、3.57という今ではとても軽いギア比であったにも関わらず先行しても捲っても凄く強い。

とにかく勝った時のインパクトが凄い!
後方に置かれて、ここからどうやって勝てるのか?ってドキドキしながら観てても最後は凄いスピードで先頭でゴールを駆け抜ける。

軽いギアで出したバンクレコードは20年以上経っても更新されていない競輪場があります。(43期OBの滝澤正光さん、61期•栃木、神山雄一郎選手も未だレコードホルダーです。)

そしてあのスピードと、あの流線型のキレイなフォームに憧れている選手はたくさんいます。

お客さんの中でも未だにファンが多いと思います。競輪界の歴史に輝くスーパースターですね。

●みんな頑張れ!

スーパースターがスポーツ界を引っ張っていきます。現競輪界のスターである脇本雄太選手に続くスターの出現を期待してます。

それが関東、そして埼玉から現れてくれると大宮、西武園も盛り上がりますし、競輪界のスター選手の一人である平原康多選手(87期•埼玉)もまだまだ輝いてくれると思います!

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

59話 松浦悠士『しっぱいしちゃった?オールスター!』

せんげつのオールスター、ユージ選手ほんとにカッコよかったな~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
あの強さ!
あたしはも~コ~フンしまくりでした…

松浦悠士 松浦悠士

オールスターは松浦が凄まじい力を発揮して優勝したな。

さすがの一言!

ああいう競走見せられると今更だけど競輪は大きく変化したって感じるよな。
松浦の場合、純粋なマーク選手ってわけではないんだけど、今の時代はマークの選手も、もはやマークだけでどうにかなるってもんでもなさそうだろ。

もちろん昔も、トップクラスのマーク選手は先行力も高いレベルで持っている人がそれなりにいたけど、今の競走とは形態もギアも違うからやっぱり別もんだよな。

さて、今回は決勝戦の感想を同業者の視点で読者にコメントしてみてくれや。
ここが凄かったとか、ここが勝負を決めたポイントだとか、この時の選手の心理はこういったものだったんじゃないか…みたいな感じのさ。

それにしても、今ふと思ったんだけど、白岩も新井も本当に凄まじい時代に選手をやっているよな。
オレたちの時代と違って本当に自己責任(自身の脚力)の度合いが高くなっちまってるし。

こういう厳しい時代に支部の仕事をしながら戦ってんだから大したもんだよ。
これからも、ぜひ頑張ってくれ!

白岩大助

オールスターの決勝戦は、まさに「競輪」VS「ケイリン」の戦いでした。

東京オリンピックに向けて世界的で通用するレーサーに進化した脇本雄太選手、そして令和の時代の競輪において今、最も実力と勢いのある松浦悠士選手。

連日、パワーとスピードで他の選手を圧倒する走りの脇本選手に対して、松浦選手を擁する中四国ライン、そして同期ラインを組む山田英明選手がどのように作戦を組むのかが焦点でした。

結果としては中四国ラインの先頭を走る原田研太郎選手の熱い走りに応えた松浦選手の優勝。

私個人的にはやはり3コーナーで松浦選手の前輪が脇本選手の後輪にギリギリ掛かる状態から重い内側を松浦選手が踏み込んで前に出て、さらに頭を出して脇本選手のスピードを止めた松浦選手の粘りと技術。あれだけ長い距離を踏んでさらに頭でブロック出来るだけの余裕があったところに驚きました。

「ケイリン」であれば頭を出して妨害したら確実に降格となりますが、ここは「競輪」の土俵。スピードとパワーだけではない、総合格闘技のようなものです。

強い者が勝つのでは無く、勝った者が強い。
これだから「競輪」は面白いんですよね。

しかしこれからの「競輪」は技術はもちろんの事、それ以上にスピードとパワーは必須となります。

私も副支部長も進化していけるように頑張ります!

新井剛央

関さん、激励ありがとうございます。
支部の仕事は言い訳には出来ないですからね。 両立出来るよう精進して頑張りたいと思います。

オールスター競輪の決勝ですが、すごく見応えのあるレースでしたね。
準決勝を10.4のバンクタイ記録で捲った脇本君を別線がどのような作戦で挑むのか楽しみなレースでした。

レースの方は、打鐘前に徳島の原田君が車間を切ってカマシ先行体制に入り、スピードが上がっているところを後方から脇本君が、さらに外を踏み上げて、最終バックでは半車身ほどのリードがありましたが、合わせて出た松浦君が内から盛り返したところは、とてつもなかったですね。

レースを見ていて、脇本君もしくは番手の古性君の優勝かなと思ったのですが、内から盛り返して直線部分では脇本君おろか、古性君も全く寄せつけない圧倒的なレースでしたね。

脇本君を振り切った松浦君も凄かったですが、ラインから優勝者を出すレースをした原田君も凄かったですね。彼の気持ちが全て伝わって松浦君の優勝につながったのだと思います。

いまの中四国の勢いならば、原田君にもこの先チャンスが回ってくると思います、、、が、関東も素晴らしい自力選手はいっぱいいます。
是非とも平原君の前で(ここからは個人的な意見ですが)頑張ってもらって、いまの中四国の勢いを関東にももってきていただければと思います。

裏話はこちら

58話 武藤龍生『真に受けちゃダメよ♡♥♡』

みなさまコンニチハ~~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
♪~ちゃんと【Go To ステイホームういずコロナ】してますか~?
あたしは、お仕事の日以外はおうちにこもってオンラインでいろんなとこへの旅行と買いものしてます(><)
おりこうさんでしょ(╹◡╹)♡
今回ご登場の武藤龍生せんしゅも、とってもおりこうさんなんですよ~~♡♥♡♥

武藤龍生 武藤龍生

親父は現役、息子はS1。
脳みその成分まではわからんが、顔はほとんど一緒の武藤親子。
本当に幸せだよな。

さて、オレにとってのこの親子、親父は若い頃、オレにちっとも貢献しなかったけど、息子の方はそこそこ貢献してくれてるかな。
親父はオレの足場として、せがれは車券の方でって意味だけどさヘッヘッヘッ…

あっ、と言っても別に息子絡みの車券で度々儲けさせてもらってるって訳じゃねえんだ。

息子のレース、目標がしっかりしている時はもちろん買うよ。
でも、オレの中では、別線狙いの時でも押さえに必ず絡めとくって存在までにはまだなってねえからさ。
余所から買ってる時に、余計なとこから突っ込んで来て邪魔されるってイメージもまだ少ねえし…
だから、外して買っても安心。
買う点数も減らせるだろ。
ゆえに貢献してもらってるってことハッハッハッ!

息子への期待

ところでさ、これは本人もよくわかってると思うけど、マーク屋ってのは本当に地味な商売だからな。
どっからでも来ちゃうってイメージ持たれるくらいにならねえと、勝った時は常に前のおかげ。
どんなメンバー、どんな展開でもゴールん時は頻繁に絡んでくるって存在になってようやく一流って認めてもらえるんだ…

つまり、別線から買ってる時のオレの車券をちょいちょい邪魔してくるようになったら息子も真の大選手って訳だ。

さあ、親子でオレにとって迷惑な存在になるかどうか?

息子の今後の頑張りしだいだなフッヘッヘッ…

あっ、でもよ、もしそういう存在になった場合、今度は逆にどんなメンバーの時でも武藤を絡ませて買わにゃならんようになるな…

おい、息子!
頼むから「買うと来ない」って選手にだけはなってくれるなよ!

ちなみに親父は、オレが目標にすると「来ない」じゃなく、「行けなかった」…でもなく、「行かなかった」っつう最悪の人間だったからさグッハッハッ!

白岩大助

皆様ご存知の通りお父さんは武藤嘉伸選手(59)、叔父にあたるのが武藤篤弘選手(95)、そして今回の主役である武藤龍生選手(98)3人が武藤グループです。

お父さんの嘉伸選手には私はデビューした頃から大変可愛がってもらっていて、家族愛がとても強い武藤家の写真を龍生が小学生くらいの頃から見せてもらってました。

Tシャツやクオカードセットを贈らせてもらって幼ながらに喜んでいる龍生の写真を見せてもらって可愛らしい子だった印象があります。

マーク屋への覚悟

選手になってから落車や失格などでS級に上がるまで本人が思っていたよりも少し時間が掛かったと思いますが、今ではすっかりS級に定着して1班になりグレードレースにも常連になるようになってきました。

ここ2年くらいの彼の飛躍には目を見張るものがあります。
私が個人的にターニングポイントになったと思った開催がありました。

それは彼が初めて他のラインに「ジカ競り」を挑んだ伊東温泉競輪。

番組を見て相談された事を覚えています。私自身「ジカ競り」に行くタイプではないのですが、彼のお父さんは番手選手としてS級で活躍し今尚、目標がいない時には「ジカ競り」をする古き良き「番手選手」です。

それを踏まえ、その時「今後、追い込みとしてやっていくなら勉強してくれば?」と一言言いました。

彼は記憶にないかも知れませんが、それからの彼の飛躍において、ある種の覚悟を決めた日のような気がしました。

そして、もう一つ強く残る彼のエピソードがあります。

父への想い

武藤グループは埼玉県の中でも群馬県に近い地域にあり、他の競輪選手があまりいません。練習は基本的に3人でやっています。

しかし彼が結婚して、しばらくして家を建てる話をしていた時に、競輪場の近くや他の練習グループの多い地域に引っ越して来ないのか聞いたことがありました。

その時に「自分は父のやり方でここまで来たので、このやり方で強くなって父の練習を証明したいんです。」と気持ちを語ってくれました。

こんな事聞いたら、きっとお父さん泣いちゃいますよ。僕泣きそうでしたもん

そして父が成し遂げていないS級優勝をし、これからはさらに上のステージできっと活躍してくれると思います。

本人の気持ちと父の想いを背負って。

面白いエピソードもありますが、武藤龍生といえばこのエピソードをどうしても皆さんに伝えたかったので長くなってしまいました。

その他のエピソードについては副支部長お願いしま~す

新井剛央

龍生くんとは住んでる場所も違うので競走以外での接点はほとんどないのですが、支部長も言っている通りいまの位置にいくまでに少し時間はかかったと思いますが、いまや特別競輪の常連になってきていると思います。

そこにはとてつもない努力があったと思います。

自分の中ではそこまでガツガツした印象はないのですが、レースを見ていると一瞬の判断やスピードは目を見張るものがありますので、やはり特別競輪に出る選手だなぁと思っています。

選手として家族として

少し前にお父さんの嘉伸さん競走が一緒で龍生のレースを部屋でみている時にレース自体は無事に終わったのですが、嘉伸さんが「はぁ~、疲れた」と言っていました。

自分も父親と弟が選手なので、嘉伸さんにその気持ちすごくわかりますって話をしたのを覚えています。
自分が走る時より変な緊張するし、ハラハラしちゃうんですよね(^^;)

これも少し前ですが、嘉伸さんと龍生の親子参加で龍生が優勝を果たしたときは羨ましくもあり感動しました。

見習って自分も頑張らないとですね(_;)

今回、ダーリン♡♥から届いたメッセージに、こんな一言がつけくわえられてました( ・∇・)

「支部長からおもしろエピソードと頼まれてましたが、ここに書けるネタがなかった(笑)のでこんな文章になりました。
どうぞよろしくお願いいたします…」

『ここに書けるネタがなかった(笑)』って部分が、みょ~にひっかかるんですよね( ̄^ ̄)ゞ
ロックちゃんも、『面白いエピソードもありますが…』って意味深なこと書いてるし…

ひょっとしてぜったい公にできないヤバいエピソードがあるってこと⁉︎

あ~知りたいなあ~(*≧∀≦*)

言える範囲でいいから、こんどツイッターで発表して!

ハッハッハッ
深読みしすぎ。
龍生くんは今、さらなる上を目指して競輪一直線。
ハメはずしてる暇なんてないからさ…

フッフッフッ
龍生、今頃きっと冷や汗かいてるな。

ねえねえロックちゃん。
あたしにだけでも、こんどナイショで教えてね(^_-)-☆

裏話はこちら

57話 脇本雄太『いや~強かった!』

先月の宮杯、無観客とはいえ久しぶりのビックレースで結構もりあがったよな。
で、親愛なる皆さんの方だけどさ、いくらくらい失った?
「金!」
突然だけど、こういう言い草ぶちまける奴ってよくいるじゃん。
「命より大切な金どうしてくれる!」
仮に一万負けたとして、命より大切ってことは命の方は一万以下の値打ちしかねえってことだよな。
負けたのが百円なら百円以下の値打ちの人間。
だったらさ、人間としての値打ちを高めるためにも皆さんどんどんぶち込むっきゃないでしょ!
今月からは、観客の入場再開する現場も多いって話だしさ!
って事で、まずは競輪業界の宣伝なグヘヘへへ~…!

脇本雄太 脇本雄太

宮杯は脇本の完全V

いや~やっぱり強かった!

実戦がほとんどない中で、あれだけの強さを見せつけられるんだから大したもんだよ。

オリンピックが延期になっちまって本当に残念だったよな。

というわけで今回は、競輪をほとんど知らない一般の人に向けてオリンピック競技のケイリンと公営競技の競輪の違いでも簡単に語ってもらおうか。

オリンピックを目指している選手達と、本業一本でやっている選手達のトレーニング、日常の違いみてえなことでもいいぜ。

いずれにしてもケイリンに比べて競輪はこういうところが面白い…って風にまとめてくれな。

あくまでも競輪の宣伝が目的なんだからさハッハッハッ

新井剛央

高松宮杯競輪は、脇本雄太くんの完全優勝は圧倒的でしたね。まずはおめでとうございます。

何よりも驚いたのが、個人タイムでした。
準決勝の個人上がりが打鐘からホームストレッチで10.3、ホームストレッチからバックストレッチで10.6、バックストレッチからゴールで11.2だったそうです。
決勝も同じような感じでかけていたそうですよ。

宮杯後に平原(康多/87期•埼玉)くんのところで練習したので本人に聞いたのですが、グランプリのときからフレームなども変わっていて常に進化しているからすごいですよって話をしていました。
いまの強さのままオリンピックで世界とどれくらい戦えるのかほんとに楽しみだったのですが、延期になりとても残念に思っています。
ですが一年後、さらに進化をして表彰台の1番高いところに登ってもらうのを期待しています。

●競輪とケイリン

オリンピック競技の『ケイリン』ですが、日本の競輪と圧倒的に違うのは『ライン』がないことですね。それと横の動きで相手の選手を妨害する行為も禁止されているためによりスピードが重視される競技です。
日本の競輪も選手の力のレベルアップやルール改正でどんどんスピード競輪になってきていますが、公営競技で唯一、人力で走り、人と人とがラインとして協力し合い、時には人と人とがぶつかり合うなど、そんな展開を予想するのが『競輪』の面白いところではないでしょうか?

7月から9月にかけてSA級ともに7車の競輪となりますが、競輪界の新たな試みとしてお客様には楽しんでいただきたいですね。

白岩大助

副支部長が素晴らしい説明をしてくれたので、僕の方からは少しばかり補足させてもらいます。

オリンピックを目指している選手と競輪一本でやってる選手のトレーニングや日常についてです。

オリンピックを目指している選手達は伊豆にある国際基準の自転車競技場「伊豆ベロドローム」の周辺に住んでいてナショナルチームのコーチが作るトレーニング計画によって毎日のトレーニングから食事も含め徹底的に管理された環境下で生活しています。

一方、僕たち競輪一本でやってる選手達は個人的にトレーナーを付けてトレーニングしている選手もいますが、ほとんどが個々がそれぞれトレーニング方法を考え自己管理の中で生活しています。

そして「ケイリン」と比較した「競輪」の魅力というのはなんと言っても、やっぱり「ラインという形の中で人と人とがお互いを想いながら自分の役割を果たして勝ちを目指す。」という部分だと思います。

脇本選手さすがでした。

オリンピックの延期がホントにくやしいです。

わたしは競輪選手がオリンピックで活躍して、一般の多くのみなさまからも☆ちゅーもく★される存在になってくれるのが夢なのです。

~ゆ~ふ~になるとですね~、メジャーなジャンルの職業についてる♫はなやかな♪じょせ~っつう~~身分になれちゃうわけですよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
あたしも!!!

いまはまだ、じょせ~がケ~リンかんけ~の仕事についていても、

「ふ〜ん………ʕ••ʔ」

ってくらいで、あんまり反応はない気がするの…

「え~~~!すご~~い!うらやまし~*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

ってゆわれるよ~な日が一日も早くくることをねがってやみませんハイ*\(^o^)/*

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/