64話 武藤篤弘『西武園みててよね!』

は~い、みなさまコンニチハ~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
いよいよ五日後(4月15日)にせまった全世界的、きゅ~きょくのビッグイベント『せ~ぶえん開設71しゅ~ねん記念』!!!!
地もとのこんなおニイさまも、参加よて~なの~(ω╹๑ )
キャ~~~♡♥♡♥

武藤篤弘 武藤篤弘

選手にとって地元記念を走れるってのは、喜びとともに名誉でもあるよな。

と言いつつ、自分が1班走ってる頃ってのは、まだそれほどありがたみを感じてなかったんだけどさ。
いかに稼ぎを増やすかってくらいの場にしか考えてなかったかもしれん。

歳とって場が遠のくようになって初めて

「あ~、オレもこんな現場で走れてたんだな…」

って思うようになってきてさ…

とにかくS級の身分になって記念を走れるようになった連中には一戦一戦大事に戦ってくれって言いたいね。
特に地元記念ってのは、ひょっとしたら特別競輪より重い場のようにも今は思えるんだ。

武藤、がんばれよ!

白岩大助

武藤篤弘選手は長年、巧みな技術でマーク選手として活躍されてきたお兄さんの嘉伸選手(59期・埼玉)、そして今や埼玉を代表する追い込み選手として成長してきた甥の龍生選手(98期・埼玉)と日々トレーニングに励んでいます。

篤弘選手は高校生の時にインターハイ優勝などの輝かしい実績の持ち主でポテンシャルはとても高い物があります。

今やS級にしっかり定着して来ましたが、ここまで来るには彼の実力を思うと、とても時間が掛かった印象があります。

性格的にとても優しいタイプなので、そういう面が影響していたのだろうと個人的には思いますが、50代を超え尚マーク選手として厳しい走りを貫く兄、そしてグレードレースでも勝負出来る選手に成長した甥に感化されたのか、本人もとても成長しました。

この先、さらにステップアップして龍生選手と共にグレードレースでの活躍を期待してます。

その時には一緒にラインを組める日が来ます。
そして嘉伸選手もそれを心待ちにしていると思います。

新井剛央

インターハイの優勝実績もある篤弘くん。

彼がS級に定着するのに時間はかかったと思いますが、巧みな技術を持つ嘉伸さん、G1の常連となってきた龍生くんと一緒に切磋琢磨して、埼玉を代表する選手になってほしいと思います。

西武園記念は、平原康多を始め、埼玉113期三銃士(森田優弥、黒沢征治、植原琢也)も参加予定となっておりますので、チャンスを活かして、上でどんどんと活躍してもらいたいです。

「三銃士」
ハッハッハッ
なかなか面白えフレーズだな。
でもよ、ど~せなら「銃」より「砲」がよくねえか?
「大砲三門!」

なるほど、そうですね。
でも植原は、見た目のイメージはやっぱ「銃」っぽいかな…

みなさま~♡♥♡♥
ここで、ちょっとお知らせで~す(╹◡╹)♡

ただ今、大宮・西武園競輪サイトの「西武園記念特設ページ」に[「ギャンブルレーサ.com」出張版マンガ]がアップされてま~す!!!!

こちらのほ~も、ぜひぜひお立ち寄りくださいね~
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あっ、そ~そー!
記念初日の12R特選きょ~そ~は『ギャンブルレーサー 関優勝牌』!
関センセェの冠レースがおこなわれます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

ことしはプレゼント企画等を実施できませんでしたが、選手のみなさまがあついレースをお見せしてくださると思います♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ど~ぞ、おたのしみに~♡♥♡♥

裏話はこちら

63話 岩田幸久『いっぱい欲しいな!』

みなさま~、待ちに待った春でございますわね~~~♡♥♡♥
ステキなことがいっぱいいっぱい起こるとい~な~(*≧∀≦*)
ですよね、岩田さん?

岩田幸久 岩田幸久

よっ、岩田!
もうすぐ50かあ…
オレの頭の中じゃ、なんかまだ60期代の若い衆ってイメージが残っててよ。
オレもまだ現役でバリバリやってた頃の後輩だからな…

今の時代、選手は50過ぎると一戦一戦走ること自体がもう勲章みてえなもんだから、まっ、しぶとくがんばってくれや。
普段の競走ぶりを見てるとジイさんっぽさはまだそれほど感じさせないし、やる事もやれてるもんな。

いいとこ回れるようオレからも祈っとくよ。
じゃな!

新井剛央

今回は岩田さんですかぁ…!
なかなか難しいお題ですね(汗)
面白いネタがあったとしても先輩なんで、、、書くわけいかないし、、、。

岩田さんとは、普段練習場所も違いますし、競走でしかほとんど接点はありませんが、夕方頃に道場に行くとみかけることがあります。
室内トレーニングをやっているんですが、時間遅くてもしっかりと1人で追い込んでるのをよく拝見します。
やるときはやるって感じですね。

1人でやるのって妥協したりしてしまって難しいと思うんですけど、それを続けられるっていう精神力は競輪選手にはとても重要なことだと思います。

他の先輩から聞いた話の中に高校時代は、カリスマ的な存在だったそうです。
競輪学校時代は練習が合わなくて在校成績は下位の方だったらしいのですが、先行回数や自主トレーニングの回数は在校1番くらいだったそうです。
その努力の甲斐あってデビューしてから早い段階でS級に昇格したそうです。

「継続は力なり」

自分が好きな言葉ですが、自分が出来ることをしっかりと継続して力を発揮できるようにこれからも精進していきたいと思います。

白岩大助

岩田幸久選手は出身が同じ埼玉県の川口市の先輩です。今はありませんが僕がデビューした当時は同地区の毎年忘年会があり、新人選手は潰れるまでお酒を飲まされていました(笑)

厳しい諸先輩方が多い中で決して無理強いせず、優しく見守ってくれていた印象があります(笑)

同じ開催も少ないのでレースなどのエピソードはあまりないのですが、私の自宅から私の娘の幼稚園に向かうまでの道のりに岩田さんの練習コースがあります。

よく妻が幼稚園に用事がある時に毎回、岩田さんが1人で黙々とトレーニングされている姿を見て「今日も岩田さんいたよ!」と伝えてくれます。

私は今は1人でやる事も多いですが基本的に仲間達と一緒にトレーニングを行う事でモチベーションを上げるタイプなので、いつも1人でやるのは甘えが出てしまいダメなんです。

その為、自分をしっかり律して日々鍛錬出来るところをとても尊敬しています。

裏話はこちら

62話 和田健太郎『ケンタロ~新境地を開く!』

みなさま、たいへんながらくお待たせいたしました!
GPハシャ、和田健太郎せんしゅ(87期•千葉)のごと~じょ~です!
では、ど~ぞ~
パチパチパチ~~♫♪♫

和田健太郎 和田健太郎

ハッキリ言ってひと月以上前のGPのことなんて思い出したくもねえし語りたくもねえ!
ところで優勝したのって、どこのどいつだったんだ?

センセェ…
いくらやられちゃったからって、そ~ゆ~コメントはないんじゃないの…

うるせえブス!
とりあえず300円でいいから、オレに金貸せ…

新井剛央

う~ん…
大先輩のコメントとはいえ、たしかにちょっとひどいな…
こりゃボクと支部長で、ちゃんとしたコメント出さなきゃ…

●おめでとう和田君!

2020年競輪グランプリを制したのは、千葉の和田健太郎選手でした。
おめでとうございます!

千葉勢としては、2009年に海老根(恵太•86期)選手以来のグランプリ覇者となりました。

レースの方は、平原選手が脇本選手の後ろを回るということでだいぶ盛り上がったと思います。
また、競輪祭にてG1初優勝を飾った地元神奈川の郡司選手、清水選手松浦選手の中国ライン、ナショナルチームの新田選手率いる北日本ライン、どのラインからも優勝の可能性がある見応えあるレースでした。

●寝ても覚めても自転車

グランプリを初出場で優勝した和田選手ですが、競走参加中は常に自転車に乗っている印象があります。
後半のレースの時でも朝の指定練習から長い間ローラーに乗っている、そんな印象です。

聞いた話では、休みはほぼなく、常に自転車に乗っているという話も聞いたことがあります。
それだけ自転車と向き合っているんでしょう。
その努力が今回のような優勝に繋がったのだと思います。

2021年は、グランプリ覇者として、1年間、1番車を着てレースに挑む訳ですが、相当なプレッシャーがあると思います。
そんな中でもさすがグランプリ覇者と言われる用なレースを期待しています。

がんばれ、和田君!

白岩大助

まずは和田選手「KEIRIN GP2020」優勝おめでとうございます!

一昨年のGPを優勝した佐藤慎太郎選手に続きベテランと呼ばれる選手の優勝となりました。

●縦脚を進化させ続ける追い込み屋

和田選手は長くS級に在籍している選手ですが、年々歳を重ねる事に強くなっているイメージがあります。

特に凄いと思うのが追い込みになってから縦脚を磨き、目標が不発だったり不在の時に繰り出す捲り。

普通は歳と共にスピードやパワーは衰えていくため、自然と追走技術や戦術的な物でそれを補っていくようになっていくのですが和田選手は違います。

自力選手は普段のトレーニングはもちろんですがレースの中でも脚が付いていきます。
しかし追い込み選手はレースで風を切る事は少ないので脚はなかなか付きません。

その中で30代半ばを過ぎてからスピードを磨いて来た和田選手、普段どれだけのトレーニングをしているのか?
本当に凄い事だと思います。

●共にがんばろう!

私は和田選手との接点はあまりありませんが、副支部長の言うように自転車と向き合う時間が多く、日々の努力の賜物だと思います。

2021年は競輪界の顔として大きなプレッシャーの中での戦いとなりますが、きっと結果を出してくれると思います。

我々(支部長、副支部長)も年齢を言い訳にせず進化して行けるように頑張ります!

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

61話 郡司浩平『救世主、郡司!』

神奈川の郡司浩平選手(99期)がゆ~しょ~しちゃった先月のけ~りん祭。
あたしたち埼玉地区の事務所では、ホントにも~タイヘンだったんですから

郡司 浩平 郡司 浩平

平原(康多/87期•埼玉)選手をお~えんしたい気持ちはヤマヤマだったんですが、紹介マンガに同じ方ばかりの登場というのもちょっとアレでしょ…
つらいとこなんですよねえ~…(^_^;)

なので今後は、企画変更。
初登場となる方のみを対象にさせていただこうと思いますのでよろしくおねがいいたしますね(*^_^*)

お~、その方がいい!
そもそもタイトルを複数取るだなんて図々しいにもほどがあるんだ!
そういったものは一人一つで十分!

ヘヘン、本当のところタイトルいくつも取りたくて取りたくて仕方のなかったオトッツアンがよく言うぜ…

…と言いつつ、やっぱタイトルってもんはオレも欲しくて欲しくて仕方のねえもんだったんだけどさ。

郡司のヤロ~もついに悲願のG1初制覇。
そりゃも~嬉しかったろうな。

タイトルには縁のなかったこのオレも、それでも記念をそれなりにいただけたのはやっぱ幸せだったよ。
特に初めて取った時なんて何物にも変えられないくらいの興奮と感動があったもん…

さてと、そんなわけだから今回お前らにはまず郡司へのエールでも語ってもらうとするか。

と言っても所詮は他支部の選手、形だけ、心なんて全くこもってなくて十分だからよ。
そうそう、あとは自身の最も嬉しかった優勝、記憶に残る勝利とかの話でも聞かせてもらおうか。

白岩大助

●おめでとう郡司くん!

タイトルに近いと言われてから中々獲る事が出来なかった郡司選手ですが、競輪祭でようやく悲願のタイトルホルダーとなりました。

本人はもちろん、お父さんの盛夫さん(50期•OB)もさぞかし喜んでいる事と思います。

競輪選手として超一流の彼ではありますが、普段の競輪場での生活でも気持ちの良い挨拶、とても爽やかな好青年というイメージです。

地区は別ではありますが、そのような人柄からも彼の優勝を素直に祝福してくれる人が多いと思います。

改めまして郡司浩平選手、競輪祭優勝おめでとうございます!

●自分の優勝以上に嬉しい、仲間の優勝

ところで私自身の最も嬉しかった優勝というと、それはやはりデビュー戦での大宮競輪場での優勝です。
地元戦ですし、かなり緊張したのですが、1②❶。
競走を終えた後はなんとも言えない気分でした。

ちなみに、当時は今でいうチャレンジのような一番下のグレードでB級からのデビュー。
今のチャレンジより正直とてもレベルが低かったように思いますので今の新人選手は本当に大変だとも思います。

そういった点では、レースの組み立てについても、力をつける抑え先行から覚える事が出来るなど良い時代にデビュー出来たと思います。

さて、本題からはちょっと逸れてしまいますが、デビュー戦の自身の優勝よりも印象に残った優勝が二つあります。

一つは初めてA級に上がって小沼良選手(68期•埼玉)の前で先行して強力な別戦を相手に小沼さんが優勝した時のレースです。
私は大差の9着となりましたが、とても嬉しかったです。

二つ目は2019年の11月の福井競輪のS級決勝戦。

地元の大本命、野原雅也選手(103期•福井)や実力者の佐藤友和選手(88期•岩手)に対して埼玉ラインで植原琢也選手(113期•埼玉)、金子哲大選手(95期•埼玉)、白岩、に茨城の杉本正隆選手(96期)の4車で臨んだ戦い。

植原選手の気持ちのこもった走りに金子選手が応えて、一度は野原選手に捲られはしたもののゴール前に差し替えしての優勝。

私もラインとして少しアシストする走りが出来て3着。

自身の優勝ではありませんでしたが、ラインとしてそれぞれがやるべき事をやった中で埼玉ラインから優勝者が出た事がとても「競輪」を走っているという実感に満たされた思いがありました。

●人と人との絆で闘うのが競輪

私たちが走っているのは「ケイリン」ではなく「競輪」、他の公営競技との一番の違いである「競輪」の魅力。

それは人が人を想い合いながら戦うこと。

21年の現役生活の中でふと思い浮かぶのはそんなレースです。
今は7車立てのレースがメインとなりラインとしての戦い方の魅力は見えづらくなっているので、昔からの「競輪」を愛するお客様や選手にとっては複雑な想いをしているかも知れません。

目まぐるしく変化し続ける令和の時代、「競輪」が生き残るためには時代と共に変化しなければならないとも思います。

ただ現役選手の立場としては、売上だけを追い求めるのではなく他の公営競技にはない「競輪」が秘めている魅力という物は、出来るだけこれからの時代にも残してもらいたいものです。

新井剛央

郡司選手、競輪祭優勝おめでとうございます!

白熱するレースでしたね。
テレビで観戦していたのですが、我が家は大盛り上がりしていました笑
平原が優勝してくれればなおさらよかったんですけどね(笑笑)

●あの郡司くんが

それはさておき、、、。
郡司くんとは何年も前になりますが、レースで連携したことがあります。
そういう繋がりもあったりで話をすることもあるのですが、彼がまだS級上がりたての頃、話の中で「なかなか勝てませんよ~」なんてことを言っていたのをよく覚えています。

上がりたての頃は成績もそこまでまとまっていなくて準決勝で敗退なんてこともあったのですが、あっという間にというかそれからは、、、彼の努力が全てでしょうけど、メキメキと力をつけてあっという間に雲の上の存在になっていました。

こんなに強くなるんだなぁって感心したくらいです(汗)
全く知らない人ではなかったので個人的には嬉しく思っています。

●死ぬわけじゃないから楽しんでこい!

さて、今回のお題の記憶に残る勝利の話ですが、細かいところは無我夢中で覚えてないんですけも、やっぱりデビュー戦の初日ですね。
いまでもレース前は緊張するのですが、やはりデビュー戦(伊東温泉競輪場)は違いました。
東京の先輩に番手についていただいたんですが作戦は特になく「普通にかければ大丈夫だよ」くらいでした。
選手紹介呼び出し時には、余程緊張が見えていたのか、同県の先輩に「別に死ぬ訳じゃないから、楽しんでこい」って言われたのを覚えています。

レースの方は、赤板で出てそのまま逃げて無事に1着通過だったんですけど、2周逃げたってくらいしか覚えてないんですよね、、、。

いま振り返ればそんな時もあったなぁなんて思います。

余談ですが、決勝は同期の海老根(恵太/86期•千葉)さんに番手にはまれられ2着で、その2場所後の花月園競輪場での決勝でも海老根さんにバンクレコードタイで捲られて目の前でA級に特進されています、、、。
同期なんで何よりも悔しかったですね。

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/

60話 脇本雄太『何かが足らない?脇本』

なんかきゅ~にさむくなってきましたね^ – ^
気がついたら、もう11月。
今月は競輪祭、来月はもうGP…
今年はコロナの大騒動でふりまわされっぱなしだったせいか例年以上に一年がはやくかんじられます。
この騒動、来年はおちついてくれるといいですね。
さてさて、はやさといえば先月、寬仁牌優勝の脇本選手のスピードもケタちがい。
オリンピックで走る姿をほんとうにみてみたいですね(╹◡╹)♡

脇本雄太 脇本雄太

いや~今の脇本は本当に強えわな。

寬仁牌も二日目を除けば、もう何も言うことなし。
アレじゃもうどうにもなんねえよ。

二人には決勝レース内容の解説でも頼もうかと思ったんだけど、それすら必要なさそうな圧勝劇。
脇本に関しては「オメデト~!」の一言だけで十分だべ。

記憶に残るすごい選手は?

そこで二人には、自身の記憶、印象に残るすごい競走、凄い選手の話でも聞かせてもらうことにしたよ。
自分で走ってたレースの中の話でも、観戦者の立場ででもどちらでもいいぜ。

あるいは子どもの頃にこのレース、選手を見て度肝抜かれたみてえな思い出話でもいいかな。

ただし「寬仁の脇本は凄かった」なんてギャグかますのはなしだからな。

新井剛央

まずは宮杯に続き本年2回目のG1制覇となった脇本選手おめでとうございます。
とにかく強いの一言でしたね。
実況の平山さんも「強いっ」って出ちゃってましたもんね。
同じナショナルチームの新田選手や松浦選手もいたのでどのような決勝になるのかという感じでしたが、力で決まったような印象を受けました。
実況の平山さんと同じで強い以外に書くことがない感じです(汗)

目標は父

今回のお題の自身の記憶、印象に残るすごい競走ですが、一番記憶に残っているのはやはり、自分の父である新井正昭(31期•OB)が日本選手権をとったときのレースです。

何回も見た(見せられた?笑)レースですが、最終バックストレッチから捲って4コーナーを回ったところでまたスタンディング(けつをあげる)しているのがとても印象に残っています。
しかもスピードが上がっている感じなんですよね。

選手になって余計に思うのですが、先行してゴール前でけつをあげると自分の場合は逆に失速してしまうイメージがあるし、実際あげようにも中々足がいっぱいで上がるまでいかないんですよ。

こんな話を前に父親にしたらまだまだ練習が足りないと一喝されましたけどね…

いま現状では父親の位置まで行くのは相当厳しいですが、これからも努力精進してしがみついて行きたいと思います。

白岩大助

脇本雄太選手の強さには驚かされますが、来年の東京オリンピックで金メダルを獲ってもらうためには更なる進化を願ってます(笑)

自分が現役で走らせてもらっている中で強いと感じる選手はたくさんいますが、今まで観てきた中で凄い選手を1人挙げさせてもらうのならば、僕は吉岡稔真さん(65期•OB)になります。

●信じられない強さ

全盛期の吉岡選手は僕がデビューする前なので映像を観ての判断となりますが、3.57という今ではとても軽いギア比であったにも関わらず先行しても捲っても凄く強い。

とにかく勝った時のインパクトが凄い!
後方に置かれて、ここからどうやって勝てるのか?ってドキドキしながら観てても最後は凄いスピードで先頭でゴールを駆け抜ける。

軽いギアで出したバンクレコードは20年以上経っても更新されていない競輪場があります。(43期OBの滝澤正光さん、61期•栃木、神山雄一郎選手も未だレコードホルダーです。)

そしてあのスピードと、あの流線型のキレイなフォームに憧れている選手はたくさんいます。

お客さんの中でも未だにファンが多いと思います。競輪界の歴史に輝くスーパースターですね。

●みんな頑張れ!

スーパースターがスポーツ界を引っ張っていきます。現競輪界のスターである脇本雄太選手に続くスターの出現を期待してます。

それが関東、そして埼玉から現れてくれると大宮、西武園も盛り上がりますし、競輪界のスター選手の一人である平原康多選手(87期•埼玉)もまだまだ輝いてくれると思います!

http://www.gamble-racer.com/53h-shimizu/